FC2ブログ

ビブリア古書堂の事件手帖6 

ビブリア古書堂の事件手帖6 

著者 三上延 

読書2


空前の大ヒット、驚異のミリオンセラー! 待望の最新刊!!

太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今度は依頼者として。
違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。
本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。それには二人の祖父母が関わっていたのだ。
過去と現在、まるで再現されるかのような奇妙な巡り合わせに、薄気味悪さを感じる二人。それは偶然か必然か? 深い謎の先にある真実とは?

この小説であかされる謎をあなたはどう受け止めますか?

太宰治の「晩年」を奪うために事件を起こした田中敏雄が出所する。

これによりまた新たな謎解きが始まる。

これは田中俊夫の祖父篠川栞子祖父、五浦大輔の祖母から続いている謎解きである。

過去に何があったのか?

昔なつかし神秘

篠川栞子祖父の謎があかされる。

そして 栞子とむすばれた大輔は、どのような恋に発展していくのかが非常にスリリングである。

応援してやりたくなるような主人公である栞子は本が好きな人間のアイドルである。

このような娘、このような孫、このような姉、このような妹であればよいと思わせる設定である。

だんだんとあかされる真実。

過去歴史

親族!

次回が気になる作品である。


ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)

新品価格
¥616から
(2015/10/3 14:10時点)




ビブリア古書堂の事件手帖6 栞子さんと巡るさだめ [ 三上延 ]

価格:615円
(2015/10/3 14:11時点)
感想(26件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ビブリア古書堂の事件手帖⑤ 三上延 読書感想

ビブリア古書堂の事件手帖⑤

著者 三上延

読書2


静かにあたためてきた想い。無骨な青年店員の告白は美しき女店主との関係に波紋を投じる。彼女の答えは―今はただ待ってほしい、だった。ぎこちない二人を結びつけたのは、またしても古書だった。謎めいたいわくに秘められていたのは、過去と今、人と人、思わぬ繋がり。脆いようで強固な人の想いに触れ、何かが変わる気がした。だが、それを試すかのように、彼女の母が現れる。邂逅は必然―彼女は母を待っていたのか?すべての答えの出る時が迫っていた。

本の話だとシャキシャキ話す。

一風変わった性格の持ち主。

本読みには、楽しさとやすらぎを与える小説である。

告白の行方は?

気になる展開である。

そして、ベールに包まれた母親。

母親との関係。

これは、現代の親子関係である。

読み出したら止まらない話である。

受けとめかたは人それぞれだが。

本読みにとって、本を読むことを後押ししてくれる小説ではないか?

本を読むという事

本を楽しむという事!!

本と本屋の大切さを教えてくれる。

せかちない世の中で、本という繋がりを大切に生きていきたい。

本好きととともに。



ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)

新品価格
¥616から
(2015/6/6 10:07時点)




ビブリア古書堂の事件手帖5 [ 三上延 ]

価格:615円
(2015/6/6 10:08時点)
感想(62件)








忍者AdMax

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本