FC2ブログ

史上最大の『メガ景気』やってくる日本の将来を楽観視すべき五つの理由 著者 武者領司

史上最大の『メガ景気』やってくる日本の将来を楽観視すべき五つの理由
著者 武者領司



新たな知識を求めてこのと出逢う。
お金は上流から下流に流れていくもの。
でも現在の日本は下流から上流へ流れている。
つまり、企業内部留保である。
これが投資に回らなければならない。
しかし、投資に回らない現実である。
個人的には、内部留保や、預貯金に税金をかけらと一気に動き出すと思うが。
内部留保税や、預貯金税など。
これから、社会のあり方は変わってくると思われます。
働く時代から、遊ぶ時代へ変わります。
それでは誰が働き、誰がお金を稼ぐのかとなりますとAIの時代です。
だからこそ、いかに体を使わずにお金を稼いで、いかに遊んでお金を使って日本の経済に貢献していくのかを問われる時代となります。
まずは、お金を稼ぐ事、体を使わずにお金を稼ぐことに頭を使わなければなりません。
そうすることにより、お金を使う暇ができてきます。
そして日本経済の発展、社会の発展に貢献しなければなりません。
結局経済の発展と言うのは、お金を使うことでしか発展しないのです。
だからこそ日本国民が、どういう分野に、どういう企業に、お金を使って発展を望むのかを考えなければならない時代に突入してきています。
それはそれで面白い時代ではないでしょうか?
ただ安いだけと言うことでお金を使うのではなく、この企業日本の役に立つ、将来自分の役に立つということを考えながらお金を使ってことになるでしょう。
安いものにお金を使えば使うほど、中国や海外からの輸入物に頼ってしまい、日本企業の弱体化につながっていきます。
日本企業の弱体化につながっていけば、将来的に良い商品は生まれないでし、ただ安いだけの商品の争いになっていきます。
そこに私たち日本人が欲しいもの、要求するものが生まれてくるのでしょうか?
だからこそ発展してほしいところ、発展してほしいものにお金を投資して、企業の発展を促す必要があるのです。
自分にとって好きなもの、自分にとってもっと便利になって欲しいものなどに投資することがまずは第一歩になるとは思います。
それだけの信念を持ち、それだけのこだわりを持つことが新しい社会づくりの第一歩なのかもしれません。
お金の使い方が今後は問われてきます。
お金の使い方にモラルが問われてくるのかもしれません。
面白い時代に突入してきたと考えて、明日を迎えましょう。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

失われた20年を経てついに日本企業大躍進のときがきた!

かつての日本企業は「ナンバーワン」を目指すビジネスモデルに則った戦略をとっていたが、「失われた20年」を経てすでにこの戦略が破綻したのは明らか。
得意としていたデジタル分野でも中韓企業に大きく水をあけられ、多くの日本人が自信を失った。

しかしこの20年の間、日本企業はただくすぶっていただけではなく、ナンバーワンからオンリーワンへの戦略転換に成功していたのだ!そして2030年代には日経平均10万円時代を迎える……

平成後の新時代に再び飛躍する準備が整った日本経済。その現状と将来の展望をつぶさに解説する一冊

史上最大の「メガ景気」がやってくる 日本の将来を楽観視すべき五つの理由

新品価格
¥1,620から
(2018/8/20 16:03時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本