FC2ブログ

人生も仕事も変わる!最高の遊び方 著者 成毛眞

人生も仕事も変わる!最高の遊び方
著者 成毛眞


新たな知識を求めてこの本と出逢う
遊びとは、クリエイティブな暇つぶしである。
こんな考え方はなかなか難しい。
こんな考え方に出逢えたのも、やはり本を読んだからである。
だからこそ、本を読む事は大切である。
人間には、3つの資本がある。
『金融資本』『人的資本』『社会資本』であります。
この3つが揃っていれば、遊びに困る事はないでしょう。
しかし、なかなか揃っている人は少ない。
だからこそ、遊びは貴重である。
だからこそ、遊びにこだわりは必要である。
ビジネスにおいてとにかく大切な事は時間を使うことである。
一般的に3000時間を超えたら一人前と言われている。
しかし遊びはそういうわけではない。
遊びは大体1000時間だけで良いと言われている。
よって長続きするものを探さなければならないし、長続きするものを選ばなければならない。
そうすることによってまた違う価値観を持つことができ、違う趣味を持つことができる。
趣味と言うものは、遊びと言うものは結局はやってみないとわからないものである。
ではどんな遊びがあるのか、例えばである食べかけの食品サンプルを作る。
古雑誌を使ったコラージュを作るのも1つの遊びである。
使い物にならない家具を作るのも1つの遊びである。
簡単楽器を試して必ず1曲弾けるようにするのも1つの遊びである。
俳句よりも川柳を作るのも1つの遊びである。
日本百名山を麓から眺めるのも1つの遊びである。
観光地の名前を使った飲食店を制覇するのも1つの遊びである。
レゴで絵を書くのも1つの遊びである。
コマ撮りレシピ動画を作るのも1つの遊びである。
環境を録音するのも1つの遊びである。
文豪の墓を本気で墓参りするのも1つの遊びである。
東京23区の最中屋の糖度を比べるのも1つの遊びである。
いきなり7大陸最高峰を登るのも1つの遊びである。
変な美術館、博物館巡りも1つの遊びである。
土曜日は子供を連れて学食巡りするのも1つの遊びである。
ベランダで作物を作るのも1つの遊びである。
普段使っている電化製品を持ってキャンプするのも1つの遊びである。
面白いケイタリングを呼んでパーティーをやることも1つの遊びである。
葉巻を熟成させることも1つの遊びである。
小道具、古民家の建具を集めも1つの遊びである。
遊びはいろいろ存在するものである。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

amazon世界最先端の戦略がわかる


人生は遊んだもん勝ち!? 「遊び」のエキスパート、
成毛眞(HONZ代表、元マイクロソフト社長)氏が贈る、人生の遊び方。
遊びの定義から作法まで、誰もやったことがないけど、もし、やってみたら
「あれ、本当にやったの? すごい!」と言われてしまう、
そんな「Aマイナー」な遊びを伝授します。
マイクロソフト社長時代、退任後のHONZ立ち上げ、そして現在まで。
仕事もしたが、そのぶん遊び倒した成毛氏の遊びエピソードも満載!

人生も仕事も変わる! 最高の遊び方

新品価格
¥1,200から
(2019/8/6 14:35時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



amazon世界最先端の戦略がわかる 著者 成毛眞

amazon世界最先端の戦略がわかる
著者 成毛眞

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
利益投資に回す、そして企業の拡大を図る。毎年数千億円も費やして、超大型の物流倉庫や小売店を次々と建設し続けている。
まさに企業の鑑ではなかろうか?
amazonが決して良いわけではない。
しかし、近年で一番成長している企業であることは間違い無い。
だからこそアマゾンを知ると言う事は、未来の計画を知ると言うことであると言われている。
アマゾンと似たような商売と言えば日本ではなくてになる。
しかし楽天とアマゾンでは全然違うと言うことを学ぶことができる。
楽天はあくまでも楽天市場と言う市場を出しているだけである。
そこで楽天は商売してるわけではない。
しかしアマゾンは自分でものを仕入れて自分で販売している。
だからこそ立ち上がりには時間がかかるかもしれないが、立ち上がってしまえばアマゾンが有利に商売を進めることができる。
そこで生まれたのがアマゾン価格である。
これからの時代アマゾンなくして生活できるのか不安になってくる。
いかにアマゾンと関わっていくのかが大切な時代となってきた。
しかし、気をつけなければならない事がある。
アマゾンプライムである。
Amazon Primeが将来値上げをする可能性がある。
なぜならアメリカでは値上げに値上げを繰り返して現在の価格にあるからである。
予定日本の将来、値上げする可能性があると言うことである。
アマゾンにはキャッシュがたくさんある。
そしてアマゾンと言う会社は設備投資を繰り返して大きくなった会社である。
設備投資の大切さをどの企業よりも知っているのがアマゾンでやる。
だからこさアマゾンは上り調子である。
これから先もアマゾンの勢いは止まらない、まずはアマゾンゴーである。
どんどんどんどんテクノロジーの進化に追従するのでアマゾンと言う企業である。
そしてこれからはアマゾンエコーが始まるのである。
「いつものビールが欲しい」と叫べばアマゾンからビールが届くのである。
アマゾンはどんどんどんどん進化していく。
その進化についていけるかどうかが時代の分かれ道になってきている。
テクノロジーの面でも、ファッション業界を根本から変える可能性があるのでアマゾンである。
ファストファッションのシェアもテクノロジーで根こそぎ奪う可能性がある。
これから先アマゾンで世界を制するかもしれない。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

●アマゾン1社さえ分かれば、最新のビジネス感覚が身につく●
アマゾンという企業を研究することは、これからの最新の経営学を学ぶことと同じです。
「ビジネスモデル」「キャッシュフロー」「AI技術」「会員サービス」など、ありとあらゆる革命がこの企業にはつまっています。
アマゾンは、あっという間にさまざまな業界に入り込み、それぞれの大企業を脅かす存在になりました。

いったい、それはどうしてなのか。アマゾンは何をしているのか。

この本では、「小売り」「資金」「クラウド」「会員サービス」「M&A」「物流」「テクノロジー」「組織」などの面から、元マイクロソフトの社長である成毛眞氏が徹底解説。
この1社さえ押さえておけば、世界で今何が起こっているのか、現代のビジネスマンや企業家が知っておくべき最新のビジネス感覚を身に着けることができます。
【本文より抜粋】

序章 アマゾンがなかったら生活できないかも

アマゾンが秘密主義なのはなぜなのか
アマゾンは、ローマ帝国

第1章 圧倒的な商品数と安い値段がどうして可能になるのか

「品揃えが大量で、安い」を実現する仕組みとは
あらゆる商品が扱える「マーケットプレイス」という仕組み
スタートアップを最初に取り込めると大きい
「低関与商品」市場はこれからますます広がる――アマゾンダッシュボタン


第2章 キャッシュがあるから失敗できる

驚異的なアマゾンのキャッシュフロー
赤字でも株価が下がらない仕組み
CCCがマイナスという魔法から資金が生まれる

第3章 アマゾンで一番利益をあげているAWS

アマゾンのほとんどの儲けをたたき出す、知られざる巨大ビジネス
AWSの営業利益が、別部門の資金になる
大きくなりすぎると成長率がとまる理由

第4章 アマゾンの「プライム会員」とは何なのか

年会費は安くして、後から上げる
サービス過多なのは、ライフスタイルに入り込みたいから

第5章 アマゾンから、効率のいいM&Aを知る

ホールフーズのM&Aで、実店舗への乗り出しが現実的に
M&Aのメリットをおさらいしよう

第6章 巨大な倉庫と配送力で物流を制す

海上輸送に乗り出し、輸出の中間業者を中抜き
ラストワンマイルを制するものは、物流も制する

第7章 プラットフォームの主になるには

業界で打って出るのはプラットフォーマーになることがなにより第一
スーパーの脅威にもなる「アマゾンフレッシュ」
「卸の中抜き」は安値を出す基本――出版業界

第8章 アマゾンを底ざさえするのがテクノロジー

アマゾンの真の凄さはテクノロジー

amazon 世界最先端の戦略がわかる

新品価格
¥1,836から
(2018/9/10 21:43時点)




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本