FC2ブログ

夜の桃

夜の桃

著者 石田衣良

読書2


これほどの快楽は、きっとどこか真っ暗な場所に通じている──。成功した仕事、洒落た生活、美しい妻と魅力的な人。全ては玩具にすぎなかった。安逸な日々を謳歌していた雅人が出会った少女のような女。いちずに自分を求めてくる彼女の、秘密の過去を知った時、雅人はすでに底知れぬに陥っていた。禁断の関係ゆえに深まる性を究極まで描き切った、瑞々しくも濃密な小説。

美しい妻がおり、妻とはラブラブであり、不満がないが、30代の女性と言う人がいる、成功者の男である。

そんな男のエロスをこの小説は追い求めてるのかもしれないと感じている。

著者の言葉であるが、『この世界はほとんどルーティンでできていて、それを退屈にするか、素晴らしい冒険にするかは、個人の力に任されている』という文章が出てくる。

まさにその通りだ。

この世の中、自分次第でどうなるかが決まる。

楽しい人生を送るのも、平凡な人生を送るのも自分次第である。

だから、人生は楽しい。

何をもって人生が楽しいというかは人それぞれだが。

だけど、人生はそんなに甘くない。

人間とは突然豹変するものである。

その豹変で人生が変わる人たちがたくさんいる。

しかし人生が不幸になるのはその人の人生の責任でもある。

女は表の顔とウラの顔を持つ。

豹変させないことが全て大切である。

そういう人生を歩んでるのかそして、そういった人生を歩んでもらってるのか考えていかなければならない、この小説を教えてくれている。

しかし最後に出会いがあるように、別れがあるから出会いがあるのである。

人は1人では生きていけない。

誰かと共に生きていく幸せを感じなければならない。

そしてどうしようもない位、見苦しいほどに自分を無様にするような相手と巡り会ったことがあるのか、巡り会った人たちは幸せかもしれないし、不幸かもしれない。

それは体験した人たちが形だけの言葉である。


夜の桃(新潮文庫)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

sex

sex

著者 石田衣良

読書2


好きな人とたくさん――。
夜の街灯の下で。図書館の片隅で。入院中の病室で。異国の地で。最後のデートで。まぶたの裏で、なにものかに祈りながら。性がゆたかに満ちるとき、生は燦然とかがやく。だからセックスは素晴らしい。頭と心と身体が感じる最高の到達点を瑞々しく描いた、すべての男女に贈る感動の12編。

●夜あるく
●文字に溺れて
●蝶をつまむ
●絹婚式
●クレオパトラ
●ソウルの夜
●白い夢
●落葉焚
●最後の滴
●二階の夜
●ダガーナイフ
●純花(すみか)

今回は勧められて読む事にしたこの本。

石田衣良氏と言えばIWGPのイメージ。

一世風靡した記憶。

さて、今回石田衣良氏がどのような物語を書くのか楽しみである。

これは短編集である。

色々な物語を集めて、世界にばらまいている。

非常に悩ましい、本。

エロス芸術の違いは?

境界線は?

そんな言葉が思い浮かぶ。

とらえる人によっては、文学にもなるし、とらえる人によっては、単なるエロス

どうとらえるかはその人次第。

人類が反映していくためには男と女は欠かせない。

今社会では不景気と低成長により保守化する人が増えてだんだん性から遠ざかり、草食系男子が増え未婚率が上昇し、経済的な事情で結ばれない2人が増えている。

これは貧しい国、日本に結びつく可能性が非常に高い。

少子化対策も踏まえて、もっと明るい社会を作って欲しいと思う。

そんな思いから作られた小説はこの小説である。

見方によれば単なるエロスかもしれないが、見方によれば社会に訴える小説ともなる。

どのように捉えるかはその人、しだいである。



sex (講談社文庫)

新品価格
¥596から
(2016/8/3 10:14時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

愛がいない部屋

愛がいない部屋

著者 石田衣良

読書2


石田衣良、会心の恋愛短編集
DV、セックスレス、出会い系サイト。大人の恋愛は光に満ちたものばかりではない。だけど、それでも人は誰かを好きになり、前を向いて歩いていく。高層マンションを舞台にした恋愛小説集。

人はなぜ人肌恋しくなるのであろうと思う時がある。

やはり1人では寂しい、でも2人でも寂しい時もある。

素敵な恋愛、素晴らしい恋愛、最高の恋愛は小説の中にあるのかもしれない。

これは誰かが言った言葉である。

フッとこうした言葉が頭に浮かでくることがある。

空を分ける、男性と女性がルームシェアをする話、ルームシェアの話に色恋はアリなのか?

そんな問いかけをしてくる物語である。

ルームシェアとは憧れるが、実際にやろうと思えば気が引く行動である。

そんな思いにさせられた、空を分ける。

男女の中に友達関係は成り立つのかどうか、これは人間の永遠のテーマかもしれない。

そんな思いにさせられた、魔法の教室。

いばらの城、私が母親に育てられた環境が私が選ぶ部屋に直結してくる。

こんな思想も中にはいるのである。

自分自身何を求められているのかがわからない、だからこそ自分自身で作り上げていく必要もある。

人間とは弱い生き物である。

だからこそ強く心を持って生きていくというのも1つの信念だと思う。

子供に人生の生き様お説教する父親、しかし父親自身が1番わかっているはずだ自分自身が社会にとってどれだけの存在か、どれだけ必要とされる人材なのかを。

そんな思いにさせられた、ホームシアター

落ち葉焚きは、恋の年齢を問う。

人間はいくつまで恋をするのであろうかと思うときがありますか?

そんな質問が来たらどう答える?

何とも答えようがない真実である。

60歳を超えたこいと言うのは本当に存在するのだろうか?

やはり恋を信じてる人は信じるだろう、恋というもの愛というの信じな人にとっては歳はいくつだろうが信じないだろう。

結局自分自身が心をするかどうかが大切である。

そんな恋についていろんな考え方がある。

体で結ばれることだけが恋であるのであろうか、心で結ばれる恋、心ごろで結ばれると言うのも2人の中にはあるかもしれない。

本のある部屋は考えさせられる。

ただ人はやはり人恋しい生き物である。

人肌寂しくなる時もあれば、悲しくなる時もある。

そんな思いにさせられた、夢のなかの男。

十七ヶ月は、子供を含めた夫婦愛を問う。

指の楽園は人との付き合い方を問いている。

人は最後の1戦を超えたら終わりである。

体と体の関係になったら終わりだ。

そこに甘えがあり、そこに特別な感情が生まれ、そこに堕落が始まる。

私たち人間は弱い生き物だと思う。

だからこそ超えて良いラインと越えてはいけないラインを守らなければならないと思う。

そこを守れるか守れない日が人間の強さではないか、そんな気がする。

最後は愛のいない部屋。

一言で言えばDVについている女性の話ではある。

世の中どうしてこのようにDVが多いのだろうか?

つくづく思う。

ここまでバッシングされてるのになぜ繰り返すのだろうか?

今の日本と言う国がストレスでできている国なのかもしれない。

ストレスと言うものの上に立つ人間の集まりなのかもしれない。

ストレスがないような国になってほしいと思うし、ストレスがないような国になったらどんなに素敵かなと思う。

私はそのような国日本はなってほしいと思う。

そのために相手のことを思いやる気持ち、相手の言葉を理解しようとする気持ち、相手のことを思う気持ちを持っていれば、相手を攻撃せずに済む。

そんな国になってほしい。

そん社会になってほしいという気持ちを込めて。



愛がいない部屋 (集英社文庫)

新品価格
¥464から
(2016/6/19 06:57時点)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

裏切りのホワイトカード池袋ウェストゲートパーク 著者 石田衣良

裏切りのホワイトカード池袋ウェストゲートパーク
著者 石田衣良

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
一世風靡をしている池袋ウェストゲートパーク、この物語もだいぶ歴史が積み重ねられてきた。
物語の始まりは、どうやら子供への虐待の話がメインとなるような感じではある。
今の世の中子供の虐待がなくならない、それはなぜだろうか?
おそらく経済的に厳しいからであろうと想定します。
経済的に余裕があれば子供虐待する事は無いと思われます。
しかし経済的に余裕のある家でもやはり子供の扱いには問題があるのかもしれません。
そこにはやっぱり精神的余裕があるのかどうかがポイントとなってくるのではないでしょうか?
そういった目線からでもこの小説を楽しむことができますが、何よりもやはり純粋に物語を楽しむと言うことが心のリフレッシュになるのではないでしょうか?
最近の世の中は精神的に追い詰められている世の中になっています。
だからこそいかにリフレッシュをしながら、いかにリセットしながら生きていくのかが大切かもしれません。
そういう意味では読書をすると言う事はとても大切なことだと思います。
現在の読書からいかに一線を置いて違う世界に入り込むとかできるのか、そしていかにその空想物語にのめり込むことができるのか、良い小説に巡り会えるのか楽しみであります。
池袋を中心としたこの物語は、池袋知らない人でも楽しむことができます。
そして池袋知ってる人はもっと楽しむことができるのかもしれません。
やはり東京と言う場所、そして池袋と言う場所においては魅力的な要素があるのかもしれません。
地方が悪いわけではありません、人が集まるところに魅力が集まるのは仕方が無いことだと私は思います。
そこに実際に住む人もいれば、そこに憧れを持つ人思い出は、田舎からそこの世界を眺める人もいます。
どの道を選ぶがその人次第なのです。
自分自身がが得いく物語、自分自身がなっていく人生、そして自分自身なりのリフレッシュの仕方を追求しなければなりません。
そして読書の中で1つの考え方を参考にする事は非常に良いことだと思います。
一世風靡したこの物語、しかし今も生き続けているこの物語、誰かが共感して支えていることに間違いはありません。
これから続くどれだけ続くのか興味深いものです。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?
「池袋ウエストゲートパークにはこの20年間のニッポンの問題が、すべて詰め込んである」――石田衣良

池袋のトラブルシューター、マコトのもとにはあらゆる難題が持ち込まれる。でたらめの虐待疑惑をネットに書き込まれて炎上した宅配ドライバー。母親が悪い男とドラッグにはまった女子中学生。根拠のない情報が溢れるオカルト・サイト。ATMの不正操作による大規模詐欺。収録の4編はどれも現実の事件を彷彿とさせるものばかり。

どんな事件も飄々と解決するのに母親には頭が上がらないマコトと、Gボーイズを率いて池袋の裏側を取り仕切るクールなタカシ。絶妙のコンビが活躍する人気シリーズ第13弾。

「今」の空気が体感できる1冊です。

裏切りのホワイトカード 池袋ウエストゲートパークXIII

新品価格
¥1,620から
(2018/1/14 06:47時点)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

坂の下の湖 石田衣良 読書感想

坂の下の湖

著者  石田衣良

読書2


ゆるやかな下降路線に入って久しい、平成の日本。格差も広がり、ついついうつむきがちになるけれど、そんなに悲観しなくても大丈夫。下り坂をマイペースに歩いてゆけば、いつかきっと、自分だけのオアシスが見つかるはず―。世の中を広く見つめ、仕事や恋愛、結婚、趣味などさまざまなトピックから、成熟の時代の生き方を真摯に軽やかに提案する。「R25」連載の好評エッセイ第3弾。

石田/衣良
1960年東京都生まれ。97年「池袋ウエストゲートパーク」でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。2003年『4TEEN フォーティーン』で直木賞を、06年『眠れぬ真珠』で島清恋愛文学賞を、13年『北斗 ある殺人者の回心』で中央公論文芸賞を受賞

石田氏の哲学である。

共感とは、難しいもので、できるものと、出来ないものがある。

しかし、何時の時代も適合しているという考えは、かなり共感を生むのではないか?

そう感じさせる一冊である。

人は何故か上に立って、上から目線で話したがる。

何故、こんなにも教えたがるのだろうか?

知識を伝達する。

知識を後世まで伝える。

だからこそ、教えたがるかもしれない。

遺伝的なものかも?

性格的な事かも?

死ぬまで学問し続けなければならないのに。

何故、理解できないのだろう?

坂の下の湖を目指して、進もう!

より良い人生を求めて!

笑顔のある人生を求めて!



坂の下の湖 (集英社文庫)

新品価格
¥540から
(2015/6/6 10:09時点)




坂の下の湖

価格:540円
(2015/6/6 10:11時点)
感想(0件)








忍者AdMax

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本