FC2ブログ

官邸襲撃 著者 高島哲夫

官邸襲撃
著者 高島哲夫



新たな知識を求めてこの本と出逢う。
これまた物騒な題名となる物語である。
日本の官邸を襲撃する、いまいち想像がつかないであろう。
それだけ日本と言うものは安全に守られた国だからです。
しかし危機感を募らせると言う意味では、この小説もまた1つ社会派小説となるかもしれません。
この小説でいけば日本の総理大臣は女性の総理大臣となっております。
まだ女性の総理大臣は日本では達成しておりません。
しかし将来はその可能性は大いにあると思います。
ですからこの小説の中で女性総理大臣がどのような活躍をするのかが非常に楽しみであります。
なんと、スピード感があり、リアリティーがある物語であろうか?
こんなにもページをめくる手が止まらない事は久々である。
アメリカ大統領になど、現在のドナルドトランプ氏にそっくりな印象受けさせてくれるである。
弱みを握られる点などが娘などは、あるある、ありそうと呟いてしまう。
それは小説の物語にリアリティーを感じているからである。
だからこそ、小説は面白い!
そこに勇敢に立ち向かうのは1人の女性警護官である。
女性の総理大臣に、女性の警護官、これからは女性の時代である事を教えてくれている。
犯行の動機も非常に面白いものである。
シェールガス発掘に纏わる事故である。
これもまた、あるあるとつぶやいてしまう。
このリアリティーがこの物語に吸い寄せられていく要因の1つである。
このようなことが起こらないと思うが、このようなことが起こっても仕方がないと思うのは私だけではないでしょう。
それほど世界は不安定な時代に突入しています。
だからこそ、安心して生活できる世の中にしなければなりません。
そのために必要な事はなんだろうかを考えなければなりません。
現在のお金の使い方に、将来の安心はあるのでしょうか?
お金を使うと言う事はそのモノやその業界に投資をすると言うことです。
その投資をすることにより、その業界は新たな商品を生み出していくのです。
本の業界もまた同じです。
本を読んでくれる人がいるからこそ、新たな本が生まれるのです。
本を読まない人が増えれば、本の業界の発展は小さくなってしまいます。
どんな本が良いかではなく、本を読むと言うことが大切だと学ばなければなりません。
新しい時代の幕開けに向けて、新しい知識を手に入れて新しい自分を見つけにいきましょう。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

テロ集団が、首相官邸を制圧! 首相官邸は戦場と化した! 女性SPが挑むのは、まるで「ダイ・ハード」的状況! ?
日本初の女性首相とアメリカ国務長官が首相官邸で会談中に、テロ集団が官邸を占拠。首相と国務長官が人質となる。首相付きの初の女性SPとなっていた夏目明日香が、重傷を負った上司の指示のもと、たった一人、テロ集団に立ち向かうことに。官邸の外では日米の救出部隊が一枚岩になれずもめるなか、アメリカ大統領をも巻き込むテロ集団の意外な目的と作戦が明らかになり……。政府の指示系統崩壊、米軍の介入、その混乱に乗じるテロ組織。しかし、明日香の行動が少しずつテロ組織の計画に狂いを生じさせていく。
日本の安全保障政策に警鐘を鳴らす、渾身のクライシス小説。

官邸襲撃

新品価格
¥2,052から
(2018/9/11 19:34時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本