FC2ブログ

改訂新版「99万円以下」の資金で儲ける “ワッキー流”「ボロ物件投資」術! 著者 脇田雄太

改訂新版「99万円以下」の資金で儲ける
“ワッキー流”「ボロ物件投資」術!
著者 脇田雄太


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
不動産投資をするにあたり、ローンを組むことがネックとなることが多い。
そんな中ローンに頼らない、強い不動産投資家を目指しているのがこの本である。
サラリーマン投資をするのとサラリーマンではない人が投資をするのでは話は変わってくる。
それは当然の話である。立場が違うのである。
そこでローンを組む度胸があるのか10日が試される。
ローンを組むと言う一方踏み出せるかどうか、これが不動産投資家にとってとても大切なことになる。
しかしローンを組まずに不動産投資をすることもできるということを知らなければならない。
それはボロ物件を手に入れることである。
こちらの本ではボロ物件なら銀行融資がしまった時代でもスムーズに購入できると言うことを教えてくれている。
何よりも大切な事は、いろいろな方法論があると言うことを知るべきである。
自分の知ってることだけが方法論ではない、自分が知らないことも方法論の1つとしてなりえる事があると言うことを学ばなければならない。
そしてこの本は長崎県での不動産投資を紹介している。
こちらの著者にとっては長崎県と言うのはとても都合の良い土地だったのかもしれない。
これは長崎県に投資をしなさいと言うことではなく、自分に合った土地を見つけなさいと言う受け取り方ができる。
ローンを組まないから不安がないし、石を払うこともない、さらに資産税も安い。
うまく運営できる人にとってはこれほど良いやり方は無いかもしれない。
だからこそ一棟アパートや、区分マンションの投資ではなくボロ物件の投資を勧めているのである。
しかし大切な事は運営をしていく力である。
だからこそ仲間を作らなければいけないし、メンターと呼ばれる師匠を作らなければいけないかもしれない。
そこがネックとなるかもしれない。
よって大切な事は自分がどのような不動産投資家になりたいかを明確にしなければならないということである。
どのやり方が正しいのではなく、どのやり方が自分に合っているのかを探さなければならない。
今の時代選択肢はたくさんある、どのようなやり方を選ぶか、どのような選択をするのかはその人次第である。
だからこそ不動産投資は面白いのであり、人生は楽しいのである。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

<目次抜粋 >
■巻頭カラー 最新ボロ物件投資のリフォーム公開!
長崎港を一望できる50万円の戸建。周辺は瀟洒(しょうしゃ)な洋館が立ち並び、高級車が停まる高級住宅地ですが、この物件はエリアの外れにあり、車が入らない階段立地だったため、50万円という破格値で購入できました。
■新章 2017年夏以降、最新「30万円物件」購入事例&「ボロ物件投資」最新事情
1.ボロ物件なら、銀行融資が締まった時代でもスムーズに購入できる
1)二〇〇段以上も階段を上らないと辿り着かない家広めの戸建なら条件が悪くても「ファミリー需要」が狙える/2)個人売買で購入した斜行エレベーターの上の物件/3)長崎では「駐車場のオーナー」に嫌われてはいけない! 3万円で購入した民間駐車場の脇の物件について…ほか
2.最新の不動産投資業界の動きとボロ物件投資の関係について
1)区分マンション一棟アパート、一棟マンションそれぞれの投資利回りが上昇に/国交省、低価格物件の仲介手数料引き上げ! /「かぼちゃの馬車」問題、スルガ銀行が社内調査の結果を公表/西日本豪雨 各地で甚大な被害相次ぐ…ほか
■第1章 どんな属性の人にもメリットのあるボロ物件投資
■第2章 99万円以下のボロ物件購入で小金持ちになった方たちの実例!
実例1 坂本龍馬ゆかり、亀山社中近くの「30万円」戸建
実例2 「30万円」の一見とても接道が良い戸建
実例3 「60万円」4世帯2Kアパート
実例4 「15万円」個人間売買の戸建
コラム 12世帯で500万円のアパートを購入した友人の事例
■第3章 激安・ボロ物件の探し方「7つの鉄則! 」
■第4章 ボロ物件投資を始める前のチェックポイント!
■第5章 ボロ物件投資での融資活用
■第6章 99万円以下激安リフォームで投資費用を抑える
■第7章 ボロ物件でも満室経営を維持する方法
■寄稿 私が長崎の大家さんになったワケ! ママ投資家 岩崎えり さん

改訂新版「99万円以下」の資金で儲ける“ワッキー流"「ボロ物件投資」術!

新品価格
¥1,674から
(2018/9/26 23:54時点)




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本