FC2ブログ

安心老後をつくるマンション投資の教科書 著者 山越尚昭

安心老後をつくるマンション投資の教科書
著者 山越尚昭


新たな知識を求めてこの本と出逢う
生命保険を月々支払うよりもマンション投資したほうが得であると言う考え方の本である。
日本では約8割の人々が生命保険に加入している。
それを有意義に使用できるかどうかが問われている。
マンション投資に必要なのは良い不動産外車のパートナーを見つけることです。
そのパートナー選びこそが投資の成否を決める肝となります。
賃貸仲介会社との関係の強さや、様々な仲介会社と良好なネットワークを築いているかどうかが賃貸管理会社の力量を左右すると言われています。
売り込みの電話をしてこない会社を選ぶことが大切です。
名簿業者に流出した個人情報を利用して、その電話をかけてきている可能性があります。
そのような会社と付き合わないことが大切です。
電話で押し売りをしないと、売りきる自信がない会社と言うことです。
だからこそ付き合う業者選びというのが非常に大切になってくるんです。
売り込みの電話をかけてこない不動産外車の方が、長期投資となるマンション経営でのパートナー投資売りきる自信がない会社と言うことです。
だからこそ付き合う業者選びというのが非常に大切になってくるんです。
売り込みの電話をかけてこない不動産外車の方が、長期投資となるマンション経営でのパートナーに向いているのです。
節税メリットばかり押し付けてくる会社も考えものです。
それは得ることだけが目的となっている会社なのです。
将来の年金対策や、生命保険代わりのマンション投資と言う長期的な利益をきちんと説明してくれる不動産会社を選ぶことが大切です。
しかしリスクがゼロで100%安全と言う事はありえないのでどっかで妥協しなきゃいけないと言うことを知っておかなければなりません。
集金代行サービスや、家賃保証サービスなどいろいろなサービスがあります。
入居者がつかずに空室が続いてる時は家賃収入はありません。
だからこそこのようなシステムを使っている業者をうまく利用しなければなりません。
管理会社の信用性も問わなければなりません。
本来入ってくる家賃収入が入ってこない可能性が出てくるからです。
いろいろ物事は考えなければなりません。
しかし何もしないよりは何かをしたほうが得と言うことだけは間違いないでしょう。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


人生100年時代のマンション投資の教科書

近年、不動産投資の中でもマンションへの投資が、生命保険に代わる金融商品として活用されるようになっています。
ローンに付く団信と家賃収入の活用で、どんな生命保険よりも有利な保障を、わずかな負担で受けられるようになるからです。
そのお得さは、試算によれば通常の生命保険のなんと13倍にも! ?

さらには、そうしたメリットを享受して「ほったらかし」にしているだけで、年金不安や老後資金不足への対策となる資産形成を、いつのまにか進めることまで可能になります。

年収400万円、頭金ゼロからでも始められるこの画期的な投資手法について、「マンション経営大学」で広く知られる著者が初解説します。

生命保険より13倍お得! 安心老後をつくるマンション投資の教科書

新品価格
¥880から
(2019/10/21 06:58時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村








スポンサーサイト



人生100年時代のマンション投資の教科書 著者 山越尚昭

人生100年時代のマンション投資の教科書
著者 山越尚昭


新たな知識を求めてこのと出逢う。
未来のワクワクを今から作る、「老後」の長期化で対策が急務となっている現在、東京圏での新築ワンルーム投資なら悠々自適の老後を「予約できる」!こんな帯に惹かれてこのを手に取ってみる。
このは1972年生まれ埼玉県出身であり、Life&Style株式会社代表取締役の山越氏が書かれたである。
このテーマは長生きしていく、人生100年時代の到来をまずは考えなければならないということである。
長生きすればするほどお金がかかる事は間違いない。
しかし年金だけでは生きていくことができない、現役時代に蓄えた貯金だけでは生きていくことができない、だからこそ不動産投資をすると言うことである。
これからの時代セキュリティーの設備が問われる時代になってくる。
オートロックや防犯カメラ、カラーモニター付きインターホン、宅配ボックスなどである。
そんな設備を備えているのがアパートよりもマンションの方が多い。
アパートでもあるところはあるかもしれないが、こだわりはマンションの方が強い。
そんな時代だからこそ、マンション投資に目がいくのである。
そして大切な事はいかにパートナーを選ぶかが大切である。
パートナー次第では投資家の方が損をするがパートナー次第では投資家も不動産会社もwinのwinの関係になると言うことである。
新築マンションと中古マンションでは設備メンテの差が大きい。
築浅マンションであればさほど差がついてないと思われるが、古いマンションであればその差はかなり大きいものである。
どちらのマンションを選ぶ側から入ると次第だが、新しいマンションを借りようとするのは日人の特性として多いのではないかと思われる。
良いものをいかに選んでいくのかが大切である。
これから先良いものにこだわりを持って生きていく人たちが増えていく、それは社会の発展に役立つと言う考え方である。
破壊と創造、古いものを壊しどんどん新しいものを作ることにより、より便利な社会、より住みやすい社会が出来上がっていく。
これはものづくりの世界でも同じですし、不動産の世界でも同じである。
そのために、今自分に何ができるのか今自分が出来る事は何なのか考えて行動することにより、投資に対する考え方が変わるのではないでしょうか?
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

紹介
現在、日本人の4人に1人は100歳近くまで生きると言われています。結果、「老後」の期間が35年間程度へと劇的に長くなり、退職金や貯蓄といった従来型の老後対策では、生活費を十分に用意できなくなってきました。
その対策として、注目されるようになっているのが「投資用マンションへの不動産投資」です。ほとんど<ほったらかし>でいいので、良いパートナーさえ見つければ投資の素人でも手がけられます。家賃収入が物件購入時のローンを勝手に返済してくれるので、実質的な負担はごくわずか。ローンには団信も付随するので、生命保険の代わりにもなります。
年収400〜500万円から、たとえ貯金ゼロでも多くの人が実行可能なこの投資手法について、わかりやすく、徹底的に解説した1冊です。

人生100年時代のマンション投資の教科書

新品価格
¥1,620から
(2018/10/9 21:08時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本