FC2ブログ

最強の京都「町家」投資 著者 児玉舟

最強の京都「町家」投資
著者 児玉舟


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
2017年、訪日外国人旅行者28,000,000人、2020年には40,000,00人、8兆円の観光市場に成長すると思われる。
そしてそこは日本が代表する観光スポットである京都である。
すべての投資家は確実に増える空前絶後の、インバウンド需要に今すぐ投資せよと言う話である。
安倍総理が観光大国を宣言してから、観光客の人数が増えている事は間違いない。
最近は外国人を見ないことがない位旅行に来てもらっている日本である。
そんな中で、日本で1番の観光スポットである京都、ここに投資をしようと言う話である。
さらには今はホテルがすぐ予約できない状況である。
やはりこれも観光客が多いため、ホテルが余ってないと思われる。
そしてこのことに、本を書こうと思われたのが、1969年生まれ建築不動産会社25年勤務した後、2013年京都にて株式会社レアルを設立して代表取締役に就任した児玉さんである。
日本国の国益を考えた素晴らしい投資方法である。
そして日本世界に誇る京都を、未来にも残すための素晴らしい投資ではないでしょうか?
ただこれは不動産投資と言うよりはホテルなどの宿泊投資に当たる。
宿泊する投資に興味がある方にとっては非常に楽しい本となりますが、不動産投資に興味がある方にとってはあまり関心を抱かない本かもしれません。
それでも考え方を知ると言う意味では本を読むべきだと私は思います。
世の中には色々な人がおり、いろいろな考え方があります。
だからこそいろいろな考え方を学ぶためにも、いろいろな考え方を知るためにも、本を読むべきだと私は考えます。
これは日本の伝統を残したいと言う考え方から生まれた本です。
とても素晴らしいことだと思いますし、ぜひがんばって欲しいと思われる試みだと私は考えます。
街の景観が失われることなくホテルに変更するのであればこれほど京都を活性化させる意味ではないではないでしょうか?
京都が空き家が広がっていると言うことに驚きが生じています。
京都ほど空きがない場所はないと思っておりましたが、やはりそこは時代の流れでしょう。
京都も厳しい時代が来ております、やはり日本国内で行くと東京が1番だということです。
そんな中不動産投資家として何が貢献できるのかを感じとることができます。
だからこそ本を読むべきなのです。
読書をするべきなのです。
読書をすることにより新しい自分に出会えることができますし、新しい社会に出会えることができまし、新しい未来を迎えることができます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

今、もっとも投資する価値が高いのは「京都の町家」だ!
効率的なオペレーション・改装のポイント・集客……
町家宿泊施設ビジネスのすべてを徹底解説。

着実に利益の上がる投資物件が枯渇しつつあるなか、
不動産投資で年平均6~7%という高い利回りを上げ安定的な収益を得ることに成功している会社がある。
この会社では、老朽化した京都の町家をリノベーションし、宿泊施設として再利用。
一棟貸し宿や遊休地を活用した町家テイストのホテルタイプ宿泊施設を、旅行者に提供している。

一部の投資家から、すでに有望な投資物件として注目を集め始めている「町家」。
本書では、これまで知られていなかった京都「町家」投資ビジネスの全貌を明らかにし、
「京町家」の希少性や投資対象としての収益性、将来性など、価値ある魅力を実例とともに丁寧に解説する。


最強の京都「町家」投資

新品価格
¥1,620から
(2018/10/10 21:11時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本