FC2ブログ

投資ワンルームマンションをはじめて売却する方に必ず読んでほしい成功法則 著者 伊藤幸弘

投資ワンルームマンションをはじめて売却する方に必ず読んでほしい成功法則
著者 伊藤幸弘


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
不動産投資には、インカムゲインと、キャピタルゲインがある。
この本はキャピタルゲインを考えた本となる。
この本は1979年群馬県に生まれ、高校を卒業後、陸上自衛隊に入隊、その後に、投資用ワンルームマンションに転身した伊藤さんが書かれた本である。
株式会社東・仲、代表取締役社長である。
不動産投資会社には今も良い会社もあれば悪い会社も存在する。
だからこそ悪い会社を一掃して、不動産投資会社にイメージを持ってほしいと言う意味で書かれた本である。
だからこそ1番大切な事はどのような会社と今後付き合っていくかである。
不動産投資をするにあたり付き合う会社が大切である。
そしてその上にワンルームマンションでの投資を重点に書かれた本である。
不動産投資をするにおいて、ワンルームマンション投資をするのか、一棟マンション投資をするのか、アパート投資マンションするのが一戸建て投資するのかによって変わってくる。
業者をしっかり選ばなければ失敗知りますし、相場価格を知りチャンスを生かす必要があります。
売り時は家賃が高い時が売り時なのです。
家賃保証のままで売却は損になる可能性があります。
だからこそ知る必要があるのです。
内装することにより高値で売却することもあります。
査定額が高いだけでは意味がありません。
賃貸管理会社だから高値制約とは限らないのです。
その熱意、抱え込みかもしれません、焦って判断だけはやめましょう。
賃貸と売買、賢く状況判断をする必要がありますし、比較しすぎると混乱するものです。
信用と言うものはやはり大切なことです。
ワンルームマンション投資の利点としては、老後の年金問題の対策ができることや、生命保険の代わりになることです。
逆にリスクは価格下落があることですし、時間が経つにつれて月々の収支がマイナスになりまし、空室リスクがあります。
だからこそ選ぶときは駅から徒歩10分以内、オートロックなどの防犯対策ができている、バストイレ別、十分な広さがある、総戸数30個以上などが判断基準となります。
売却するときは、権利上証又は登記識別情報が必要でありますし、印鑑と印鑑証明書も必要ですし、本人確認資料も必要ですし、賃貸契約書、入居者情報、鍵も必要となりまし、固定資産税と都市計画税の納税通知書も必要となります。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

事例から知る「ワンルームマンション売却」成功・失敗の法則

"何気なく"買ってしまったワンルームマンション、"本当"に買って満足していますか?
通算1,500件以上の取扱件数のある、ワンルームマンション専門・不動産売買のプロフェッショナルだからこそわかる、売却活動前に知っておきたい10事例。

《10事例概要》
1-業者はしっかり選びましょう
2-相場価格を知り、チャンスを生かしてください
3-家賃が高いときが売り時です
4-家賃保証のままで売却は損かもしれません
5-内装により高値売却!
6-査定額が高いだけでは意味がない
7-賃貸管理会社だから高値売却とは限りません
8-その熱意、かかえこみかもしれません。焦った判断はやめましょう
9-賃貸と売買、賢く状況判断を!
10-比較しすぎると混乱します。信用は大切です

ワンルームマンションの売却で成功するためのヒントをお伝えします!

【目次】

はじめに…4

《第1章》 事例から知る「ワンルームマンション売却」成功・失敗の法則

P18-ワンルームマンション、よくある売却相談ケース
P22-ワンルームマンション売却時に知っておきたい10箇条
P25-事例1業者はしっかり選びましょう
P31-事例2相場価格を知り、チャンスを生かしてください。
P37-事例3家賃が高いときが売り時です。
P43-事例4家賃保証のままで売却は損かもしれません。
P49-事例5内装により高値売却!
P55-事例6査定額が高いだけでは意味がない。
P61-事例7賃貸管理会社だから高値成約とは限りません。
P67-事例8その熱意、かかえこみかもしれません。焦った判断はやめましょう。
P73-事例9賃貸と売買、賢く状況判断を! 〈BR〉 P79-事例10比較しすぎると混乱します。信用は大切です。

第1章 まとめ

P86-ワンルームマンション売却時に知っておきたい10箇条

《第2章》 知っておきたい「ワンルームマンション売却」の基礎知識

P90-ワンルームマンション投資の過去と現在
P93-ワンルームマンション投資の利点とリスク
P98-いま高値売却が期待できる、ワンルームマンションの条件
P101-築年数から見える、ワンルームマンション売却のタイミング
P104-投資用ワンルームマンションの大規模修繕
P107-物件売却時の修繕積立金の扱い
P110-オーナーさまが用意する資料と引き渡し当日の流れ
P113-固定資産税と都市計画税の精算
P115-売却前に確認したいローン残債
P117-投資用ワンルームマンション売却活動とはどんなものか?
P122-「仲介」と「買取」
P124-媒介契約の種類
P126-覚えて損はない売買契約の基礎知識
P129-投資用物件の賃料定価と空室率
P133-利回りの考え方
P136-その他の値下がりリスク
P138-物件売却の必要経費
P143-売却に伴う税金と売却価格の関係
P145-半年に1回は再査定
P147-ネット自動査定には頼らない
P149-家賃保証のままでの売却は損かもしれない
P151-オーナーチェンジの注意点
P153-賃貸中と空室、どっちがいい?
P155-「現状有姿」の売却とは
P158-損をしない価格の決定方法

第2章 まとめ

P162-ワンルームマンション投資の利点とリスク
P162-高値売却が期待できる、ワンルームマンションの条件
P162-築年数から見えるワンルームマンション売却のタイミング
P163-大規模修繕と売却時のポイント
P163-売買・引き渡し時に用意する資料とポイント
P164-投資用ワンルームマンションの売却活動
P164-媒介契約の種類
P164-売買契約後の解除要件
P164-利回りの種類
P165-物件売却の際の必要経費
P165-査定のポイント
P165-売却時のポイント

《第3章》 気をつけたい「ワンルームマンション売却」の会社選び

P168-不動産会社選定のポイント
P172-査定金額の高さと、信頼度の高さは比例しない
P177-「餅は餅屋」の考えで依頼する
P180-「とりあえず、会いましょう」。強引な不動産会社は要注意
P183-なぜ囲い込みが問題なのか
P186-高値売却を実現する不動産会社選定のポイント
P189-仲介手数料の考え方
P192-賃貸管理会社が高値売却できるとは限らない

第3章 まとめ

P194-ワンルームマンション投資の3つのポイント

P196-おわりに

【著者プロフィール】

伊藤幸弘(いとう・ゆきひろ)
株式会社東・仲 (とうちゅう)代表取締役社長
1979年群馬県生まれ。高校卒業後、陸上自衛隊に入隊。
その後、投資用ワンルームマンション業界へ転身。2014年、投資用中古ワンルームマンションの売買に特化した不動産会社、株式会社東・仲を設立。
首都圏の投資用ワンルームマンションを中心に1500件以上の取引実績があり、不動産業者、金融期間との独自の取引ルートにより最新の売買動向をつかんでいる。
なお、東・仲のモットーは、"感じのいい営業"で、お客様へのお役立ちの精神を大切にしている。売買の依頼は担当者だけでなく、会社全体でお預かりすることにこだわっている。

投資ワンルームマンションをはじめて売却する方に必ず読んでほしい成功法則

新品価格
¥1,663から
(2018/10/11 21:19時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本