FC2ブログ

総資産35億円!現役大家6人に学ぶ不動産投資のキモ 著者 藤本光秀

総資産35億円!現役大家6人に学ぶ不動産投資のキモ
著者 藤本光秀


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
不動産投資をするにおいて、成功者の話というものは非常に大きく役に立ちます。
それが本を読むということであっても私は役に立つと思います。
本当は実際にお会いして学ぶことが1番良いでしょうが、それができない方も世の中にはたくさんいますだからこそ本を読んで学ぶべきではないでしょうか?
例えば、年収5,000,000未満の人は区分マンション戸建てなど希望は小さくてもまずは実績作りのために始めることが大切など。
年収5,000,000から7,000,000未満の人は一棟ものが購入できるチャンスであり、年収の10倍位の規模まずは狙うべきだと今は考えるなどです。
年収7,000,000円から10,000,000円未満の人は相談可能な金融機関が増えてきます。
融資の金利は2から3%程度が多いものの、年収20倍ぐらいは規模拡大を狙っていくべきです。
年収10,000,000円以上の人は低金利の好条件で融資を受けられる可能性があります。
やり方にもよりますが数億円規模の物件希望スピード拡大できる可能性があります。
今の融資環境では、少ない自己資金もしくは自己資金0円で物件を購入できる事は珍しくもしできたとしたら大変ありがたいことだと自覚すべきです。
今の融資環境でも融資付けが得意な業者さんとお付き合いするべきです。
融資が厳しい時こそ、ピンチはチャンスだと思って今できることをやるべきです。
このような考え方を学ぶことができるのです。
そして不動産投資において最大の失敗は、もっと早くに不動産投資を始めなかったことだと言うことです。
早く始めて時間を味方につけることが有利になってくると言われてます。
20代から不動産投資を始める事は可能ですし、最初はまず始めることが大事ですし、区分マンションから初めて実績を作りながら規模を拡大していくことも良いでしょう。
業者と素人の間には圧倒的な情報、知識の差があることを理解しなければなりません。
不動産投資を自己流で始めると痛い目に遭ってしまうので注意しなければなりません。
メガ大家になっている人も最初は20,000,000円台の物件から始めていたことが多いと言われてます。
億単位の物件は想像すらできなかったですが、始めていくうちにたどり着くと言われています。
新築アパートをするのであらば、大手ハウスメーカーよりも家族経営の工務店の方が小回りが利きメリットがありますが、倒産してしまうリスクがあることを理解しなければなりません。
不動産投資の融資は景気に非常に左右されるため、景気が悪くなると融資が引き締まり、物件を購入できなくなる可能性があります。
そのためにも不動産投資を好きになることが大切ですし、規模拡大のためには銀行開拓が必要となってきます。
個人名義と法人名義のどちらから始めた方が良いかと言うと法人名義の方が良いが、まずは個人名義で始めることも悪い選択肢ではありません。
良い物件は待ったなしであるため、すぐに購入の申し込みをすべきである。
不動産投資の未経験者は出口を心配する前にまずは入り口に立つべきである。
80点とか90点の物件があったら積極的に買っていくべきである。
満室になっていたとしてもその入居者は必ず退去してしまうことを理解しておく。
自分でリスクをコントロールできない物件は最初からリスクを取らないようにする。
管理会社選定は大切である。
業者と初心者とのあいだには圧倒的な知識や経験の差があることを覚えておく必要がある。
高い目標持っている人は最初から法人名義で購入すると税金のメリットがありますし、ガス会社は大谷さんの強い味方になるので交渉を怠らないことが大切です。
不動産投資を始めるにあたり情報や金額は資産となりますし情報交換が宝となります。
どのやり方があなたに向いてるか分かりませんがまずはやってみることが大切です。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

貯金0円から資産規模17億円になった人、木造のアパートばかりを買って13棟保有している人、高利回り物件中心に家賃収入1000万円を達成した人など、インタビュー形式で不動産投資の初心者が必ず聞く質問を多く取り入れて不動産投資の勘どころを解説。


総資産35億円! 現役大家6人に学ぶ不動産投資のキモ

新品価格
¥1,836から
(2018/10/12 16:15時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本