FC2ブログ

2021年まで待ちなさい! 著者 菅下清廣

2021年まで待ちなさい!
著者 菅下清廣


新たな知識を求めてこの本と出逢う
株式投資の基本はバリュー投資であり、バリュー投資とは現在の株価が本来の価値よりも割安な株を探して投資すると言う手法です。
これで有名なのがウォーレンバフェットです。
ウォーレンバフェットは言います、ルール1、絶対に損をしないこと、ルールに、ルール1を忘れないこと。
リスクの低い割安株を探して投資するそれだけなのです。
もう一つはグロース投資です。
企業の未来の成長性に期待して投資する方法であります。
これで有名なのがジムロジャースです。
小さな資金をさらに大きくして増やしていくこと、これがとても大切なことです。
売り上げが数億円でも、時価総額が1戦億円を上回る企業も登場するのです。
だからこそ株は面白いのです。
2019年は増税がありました。
増税は株価下落のサインです。
しかし増税で株価は下落するが、前回ほど下がらないと言うふうに考える人たちが多いのです。
そしてもう一つ注目しなければいけないのか真似が今どこに向かっているのかです。
2018年までは主に中国にマネーが集中していました。
しかしこれが方向転換をしているのです。
中国経済は2018年あたりまでがピークではないかと見られています。
そして中国から新興国へ移動する世界のマネーここに注目しなければなりません。
アメリカとその友好国、中国とその周辺のアジア、EUとイギリスです。
注目されているのが中南米でメキシコ、コロンビアです。
そしてアジアではインド、タイ、インドネシア、ベトナム、EUではイタリア、スペイン、ギリシャ、ポルトガルです。
株が上がるときは債権が売られ債権が上がるときは株が売られます。
だからこそ今ドル資産を持ちなさいと言われています。
信じるかどうかはあなた次第です。
アメリカ経済は本格的なインフレに突入すると言われています。
インフレは2%程度が適温と言われています。
インフレは逆に6%前後が危険LINEと言われています。
なぜインフレを目指すのか、それは赤字を減らすためです。
つまり通貨の価値を下げることにより赤字を減らしていこうと言う考え方です。
それしかありません。
アメリカファーストによってアメリカ製品をもっと購入させようと言う考え方があります。
アメリカから武器や戦闘機を買うこと、=アメリカの景気を支えることになります。
それが日本と台湾に来ているのです。
こんな世の中であなたは何をするのでしょうか?
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


2019年までに株でお金持ちになりなさい

2016-2017資産はこの『黄金株』で殖やしなさい!

2014年、平成の大相場がやってくる!

2014年 大相場のゆくえ株式市場はこうなる!

「経済の千里眼」こと菅下清廣が、2019〜2021年、直近3年間の投資戦略を未来予測とともに大公開!
激変と激動の時代に資産を倍増、3倍増させる手法を明かす禁断の一書、ついに刊行。

・アメリカのみならず、日本でもすでにIPOバブル始まっている?
・世界のマネーはどこに向かっているのか?
・トランプの登場で根本から変わった世界の枠組みとは?
・アメリカ、中国、ロシア、EU、南北朝鮮、アジア……国家トレンドから見た世界情勢は今後どうなる?
・アメリカ市場は、2021年にピークを迎える?
・狙うべき日本版GAFA株とは?

著者独自の波動理論、人と国家のトレンドを予測する算命学を元にはじき出した仮説を、世界に張りめぐらした情報網から得た確度の高い情報(材料)とともに市場の動向を分析。
経済の千里眼が導き出した2021年まで待つべき理由とは果たして……。

あなたは何社知っているか? プロでもなかなか気づかない厳選21銘柄に瞠目せよ!

2021年まで待ちなさい! (【資産はこの「黄金株」で殖やしなさい! 】番外編)

新品価格
¥1,760から
(2019/12/1 20:07時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村







スポンサーサイト



2014年 大相場のゆくえ株式市場はこうなる! 菅下清廣 読書感想 

2014年 大相場のゆくえ株式市場はこうなる!

著者 菅下清廣

読書2


菅下清廣氏、2014年新春第1弾です!

去年は大規模な金融緩和政策をテコに日本経済は復興の兆しを見せ、株式市場は久しぶりににぎわいました。
2013年からつづく上げ相場が、2014年はどのように展開するのか、
かつてウォール街の最前線で巨額の債権を1日何十億と動かし、
大手上場企業のオーナーたちから厚く信奉され、
首相経験者をはじめ、有力政治家たちとも親交がある
菅下清廣氏の今年第一弾の1冊が発売になります!

天井は点で、底は面。

今回は格差バブルである。

日本もアメリカもデフォルトする事はありえない。

アメリカの金融緩和縮小時、株価暴落はなかった。

相場には、上げ相場の半値押し、下げ相場の半値戻しがある。

住みたい国は、日本・カナダ・ドイツの3つである。

アメリカと共に成長するだろう。

今、投資をするかどうかで、将来の生活が変わる!

そう思わせる一冊である。

何もしなければ負けの人生である。

勝ちの人生をいかに手に入れるのか?

勝ち組に入りたいのか?

負け組のままでよいのか?

選ぶのは貴方次第である!!!



2014 大予測 大相場のゆくえ 株式市場はこうなる!

新品価格
¥1,728から
(2015/6/6 09:25時点)




2014大予測大相場のゆくえ株式市場はこうなる! 「2013年の株高」を予測・的中した著者が2014年を大胆予想! / 菅下清廣 【単行本】

価格:1,728円
(2015/6/6 09:27時点)
感想(0件)








忍者AdMax

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

2014年、平成の大相場がやってくる! 結果はどうなった?見返す事、振り返る事は大切!

読書2

2014年、平成大相場がやってくる!

著者 菅下清廣

結果はどうなった?見返す事、振り返る事は大切!

菅下先生は、
好評を博した、
前著『2014年の大転換』(フォレスト出版)にて、
「期待で上がってきた相場から、業績重視の相場に変わる」
とお話していました。

本書では、
その、
アベノミクス相場第2ステージで、
どう投資戦略を立てていけばいいのか、
具体的にお話しています。

菅下先生は、
市場の解説をする人の8~9割は当たっていないと言います。

どんな情報を仕入れればいいのか、
それは、
これまで当て続けてきた人の話を聞くことです。

ぜひ、
この1冊であなたの資産を倍増させてください。

平成大相場が何か?の出逢いを求めて。

波動がなぜ景気の循環の先読みや価予測に役立つのか?

ディレギュレーション「規制緩和・撤廃」とイノベーション「技術革新・新機軸」のセクターが最も成長していくはず。

ディレギュレーションでは農業、
金融、
教育、
医療、
人材開発等、
イノベーションではIT、
ニューエネルギー、
バイオテクロノジー等、
こうしたセクターから有望な企業、
透視対象が出てくる。

どんなビジネスで世界に挑戦するのか?

ガンホー・オンライン・エンターティメントが良い例です。

一番短い波が2年半~3年、2番目の波が7年、
次が20年というのが基本の波動です。

18000円が天井の予感。

注目は、

ソフトバンク,

森下仁丹、

一休、

プロパスト、

フルキャストホールディングス、

スリーディーマトリックス、

Klab、

エーピーカンパニー、

三井造船、

村田製作所、

キーエンス、

ダイフク、

三井海洋開発、

リブセンス、

ユーエスエス、

ヒューリック、

カカクコム、

日本駐車場開発、

utホールディングス、

日本m&aセンター。

何を選定するかは皆様次第!!

今や情報で溢れている時代である為、いかに情報の見極めができるのかが大切になってきている。

情報は簡単に手に入る、手に入った情報をいかに料理するのか、いかに自分で自分に必要な情報に加工できるのかこれが大切な世の中になってきたようだ。

私達はこの中で、投資をして資産運用をしなければならない。

に投資するのか、投資信託にするのか、FXにするのか、自分なりの判断が必要である。

未来が見えれば楽になるのだが、難しいもんである。

しかし、誰も助けてくれない。

信じる事が出来るのは、自分だけである、お金に関しては。

お金が絡まなければ、話は変わってくるのだが・・・。

しかし、お金に関しては、自分の判断だけである。

よって、納得いく行動を、納得いく判断を自分でして、一歩踏み出さなければならない。

まずは、一歩、まずは一歩。

少しづつでも前に歩き出そう!




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

2014年、平成の大相場がやってくる!

新品価格
¥1,728から
(2015/5/9 19:25時点)



2014年、平成の大相場がやってくる! [ 菅下清広 ]

価格:1,728円
(2015/5/9 19:28時点)
感想(5件)





2016-2017資産はこの『黄金株』で殖やしなさい!

2016-2017資産はこの『黄金株』で殖やしなさい!

著者 菅下清廣

読書2

ベストセラー『資産はこの「黄金株」で殖やしなさい! 』第2弾!

マネーゲームの様相を呈し、乱高下する株式市場。
「売り」なのか、「買い」なのか、あるいは「待ち」なのか! ?
3つのシナリオで予測した株価の行方は?

世界経済と日本経済を先読みし、相場の流れをことごとく的中させてきた「経済の千里眼」が、独自の波動理論で選りすぐった勝負できる48銘柄を公開する。

アベノミクスは失敗なのか?

最近、アベノミクスに疑問の声が上がっている。

しかし、アベノミクス以外に経済対策はあるのか?

こんな疑問が生じる。

著者はそう言われている。

世界は大停滞、デフレに突入。

理由は中国と原油安。

どうにかなる?

どうにもならない。

著者曰く、未来はまず日本に訪れる。

そしてアメリカです。

日本とアメリカが陽の目を見ることになるであろう。

国策に売りは無い、だから日本の経済は、アベノミクスは、上昇するであろうということである。

そしてヨーロッパでもそうだがまず上がるのは不動産である。

アベノミクス第2弾。

これからは、不動産と、知識やアイディアや情報が富を生み出す。

大量生産時代にはものに価値があったが、これからは知識やアイディアや情報に価値がある。

オススメの一冊
不動産投資の“すごい”真実 著者 杉本宏之




【2016-2017】資産はこの黄金株で殖やしなさい vol.2:金融相場で勝ち残るスガシタ流最強投資戦略

新品価格
¥1,620から
(2016/8/7 21:16時点)




にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

2019年までに株でお金持ちになりなさい  著者 菅下清廣

2019年までに株でお金持ちになりなさい
著者 菅下清廣



新たな知識を求めてこの本と出逢う。
トランプ側で恩恵を受けるのは日本株であると、言われている。
これを信じて株投資をするのか、はたまた守りに入るのかはその人次第である。
大切な事は自分自身が納得して判断下したかどうかである。
判断を下していれば将来どうなっても納得できるものであるし、判断を下してなければ納得もできない。
私たちに大切な事は自分自身で考えて判断することである。
何が正しいかは難しいことですが、トランプ当選で暴落すると言うマスコミの予想は大外れになったときの間違いありません。
これも結果論でありますから難しいものであります。
ただ暴落どころか、上昇してるのが現実であります。
日本株も上昇しております。
これから新たな上昇トレンドに入ったと言われていますが、これがどこまで続くかわかりません。
その見極めは大切になってくるだろうと思われます。
そんな状況の中私たちは何をして生きていくのでしょうか?
何に投資をして生きていくのでしょうか?
少なくとも投資をしなければ人は生きていくことができません、て言う事はありません。
投資をしなくても生きていくことができます。
少なくともよりよい生活を目指して投資をするのです。
これから、よりよい生活を目指して頑張らなければなりません。
それは株投資と言う事かもしれないですし、不動産投資と言う事かもしれません。
少なくともタンス預金ではよりよい生活を掴むことができないかもしれません。
ただどうなるかがわからないのが真実です。
この著者である、菅下氏はこの株を推奨しています。
以下の株を推奨しています。
株式会社インベスターズクラウド、株式会社オプトホールディングス、株式会社ベネフィットワン、株式会社厚生ア株式会社ベネフィットワン、株式会社コウセイアールイー、株式会社ハウスドゥー、リネットジャパングループ、株式会社ティーケーピー、KLab、株式会社エニグモ、株式会社次元株式会社エニグモ、株式会社じげん、株式会社モバイルファクトリー、株式会社エルテス、株式会社アドベンチャー、株式会社ベクトル、株式会社ビジョン、ゲンダイエージェンシー、ジャパンベストレスキューシステム、株式会社ユーグレナ、Oakキャピタル、株式会社マーケットエンタープライズ、株式会社ANAP、などなど面白い株を紹介してくれてます。
それを身をするかどうかはあなた次第です。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

2019年までに株でお金持ちになりなさい

新品価格
¥1,566から
(2017/11/5 21:15時点)


忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

趣味読書のホロコサン

Author:趣味読書のホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

カテゴリ

フリーエリア

本