FC2ブログ

デザイナーと投資家のための賃貸集合住宅の企画「術」 著者 高柳英明・添田貴之

デザイナーと投資家のための賃貸集合住宅の企画「術」
著者 高柳英明・添田貴之


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
不動産投資をするにおいて、購入する側の気持ちも大切ですし、売る側の気持ちも大切ですし、建設する側の気持ちも大切だと私は考えます。
いろいろな思惑が重なり、そしていろいろな社会貢献ができるのではないでしょうか?
この社会貢献により、人々は幸せを感じ生きていくことができます。
そして日本と言う国でビジネスができるのです。
まずは企画書を作らなければなりません。
企画書は決意表明と備忘録となります。
その際に問われるのが、年の観察眼となります。
どの都市が発展するのか、どの都市を発展するのかを考えて投資をしなければなりません。
1番良いのは自分が生まれ育った土地の発展を願うことが1番良い事ですが、自分の生まれ育った土地が必ずしも発展するとは限りませんし、発展させたくないと言う利点もあるかもしれません。
だからこそ観察眼と言うものは大切であると言うことです。
企画が化けることもあれば、没になることもあります。
土地は良い土地に限ります、だからこそ価値のある土地を探さなければなりません。
そしてオーナーの立場とデザイナーの立場と言うものを理解しなければ良いパートナー性を築くことができません。
良いパートナーが、良いビジネスを生み、コスト、利回り、健全性を生むのです。
だからこそ人々は学ばなければなりませんし、常に勉強してる必要があるのです。
学ぶことにより成長して、さらに新しい社会の貢献に接することができます。
その結果より良い未来が見ることができるのではないでしょうか?
建設する際考えることとしてはターゲティングを考えなければいけないですし、ポジショニングを知る必要がありますしコンセプトを作る必要がありましベネフィットをつける必要がありまし、ライフスタイルのイメージを作ることが1様です。
そのことができるようになり、人々に応援される不動産ができあがるのでしょう。
現在購入できる敷地の短所を長所に変える努力が必要です。
その中で自分らしさを出さなければならないですし、新しい発想のもと新しい設備と向き合わなければなりません。
そのことにより人々が成功を収めるのではないでしょうか?
誰もが成功されるわけではありません。
しかし行動を起こさなければ成功することはありません。
どちらの人生を選ぶのかはあなた次第となります。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


デザイナーと投資家のための
賃貸集合住宅の企画[術]

いい企画がなければいい賃貸集合住宅は建たない。
反対に、いい企画があってもいい設計がなければかたちにはならない。
企画者でもあり設計にかかわる著者、賃貸集合住宅を中心に仕事を続ける設計者のタッグによる、
賃貸集合住宅の最強マニュアルである。

多額の投資を前提とする賃貸集合住宅には、まだ見ぬ将来の住まい手に向けた、さまざまな検討が欠かせない。
売り抜けを前提としない、持ち続けるための賃貸集合住宅を実現するノウハウを体験にもとづき再構成した。
いい賃貸集合住宅とは、収益を上げるばかりでなく、街をかたちづくる社会インフラとなるべきものだ。


[内容紹介]
第1部〔企画編〕将来を見据え企画を立てる
1 企画をはじめる下準備
2 土地の現状把握と将来像 
3 TPCBLと投資分析

第2部〔実践編〕企画にもとづきデザインをする
4 設計フローと計画の方針立て
5 共用部でバリューアップを狙う
6 住戸でバリューアップを狙う
7 構造・設備計画のポイント
8 低メンテナンス・高プレゼンスの維持

デザイナーと投資家のための 賃貸集合住宅の企画[術]

新品価格
¥2,700から
(2018/11/25 23:18時点)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本