FC2ブログ

選ぶまえに知っておきたいマンションの常識 著者 石川勝

選ぶまえに知っておきたいマンションの常識
著者 石川勝

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
マンション買うのか一軒家買うのか、それは購入する人の自由である。
これはあくまでもマンションを購入する人向けの本となる。
マンションの定義として、分譲マンションとは、複数の所有者がそれぞれ自分の住戸を占有しつつ、マンションの棟と、それ以外の共用部分、及び敷地全体を分け合って所有するマンションのことです。
別名区分マンションや区分建物とも言われてます。
それでは分譲マンション以外としては、「民間の賃貸マンション」、「公的機関の賃貸マンション」などがあります。
「民間の賃貸マンション」は建物全体と敷地全体を所有するオーナーがいると言うことです。
公的機関の賃貸マンション」では、UR都市機構など公的機関の集合住宅となります。
マンションも構造体がいろいろな種類が存在します。
RC構造やSRC構造、S造などです。
どの種類を選ぶかも選定するポイントとなります。
一概ににマンションマンションといっても、深く掘っていくと奥深いものです。
マンションを選ぶポイントとして4つのポイントが存在します。
安全性、居住性、耐久性、資産性です。
中古マンション、新築マンションとありますが、中でも中古マンションを購入する場合は物件価格以外にも様々な費用が発生することを覚えておかなければなりません。
例えば仲介会社や支払う仲介手数料です。
これは購入した物件の売買価格に対して3%、+ 60,000円となります。
その他にも登記費用や、銀行に対して支払う住宅ローン申し込み費用や、各種保険料、購入したマンションの管理費や、修繕積み立て金の清算なども購入時に支払います。
購入後は不動産取得税も支払うことになります。
よって表示されている金額だけが全てではないと言うことを知っておかなければなりません。
しかし住宅ローンを組むことにより、3つのメリットが生じてきます。
まずは手持ち資金を確保し、別の運用や、出費に備えることが可能である。
これは住宅ローン組むことによって生じる現象です。
次には減税を受けることができます。
これは国による持ち家支援対策として住宅ローン減税等が生じると言うことです。
さらには生命保険の代わりとなります。
団体信用生命保険の加入することにより生命保険の代わりとなります。
どのように運用するのかはあなた次第です。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


人生100年時代、迷わずマンション選びができるように!
マンションを選ぶとき、何を知っておいたほうよいのかが知りたい!
という要望に応えて、 「東京カンテイ」が監修するのがこの一冊。
不動産専門家集団である同社は、
不動産業界において絶対的な信頼を得ており、
その会社が初めて一般の消費者に向けてわかりやすく
マンションの見極め方を伝授いたします。
この本をよめば、マンション購入と売却の際の基本的知識から、
そもそもマンションとは何なのか、
マンションにすむ際に知っておくべき基礎的な事柄まで
身につけることができます。
同社と日販による『マンションマエストロ検定』の
公式ガイドブックです。

【コンテンツ】
●第一章 マンションの基礎知識
●第二章 マンションの決まり事
●第三章 マンション選びの視点
●第四章 マンション購入・売却のポイント
●第五章 人生100年時代のマンション選び
●マンションデータ資料
●マンションマエストロ模擬試合問題
●マンション用語辞典

選ぶまえに知っておきたいマンションの常識 基礎編

新品価格
¥1,296から
(2018/12/1 18:39時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本