FC2ブログ

成功している人は、どこの神社に行くのか? 著者 八木龍平

成功している人は、どこの神社に行くのか?
著者 八木龍平


新たな知識を求めてこの本と出逢う」。
成功したければ、神様の知恵をダウンロードしようという考え方。
この時代にあった新しい考え方である。
それはご先祖様たちが作ってきたたくさんの見えない知恵が神社にあるからです。
だからこそ神様の知恵をダウンロードした人が成功すると言うことです。
誰かの願いを叶えるお役目を果たし続けた人こそ、成功者と呼ばれているという考え方です。
考え方は人それぞれです。
これで救われる人もいれば、変わらない人もいるでしょう。
しかし神社は誰でも参拝できる場所ですから、誰でもできるものです。
これが大切な考え方なのです。
神道は感じる宗教と言われています。
本当の願いに気づくための感じるセンサーを磨く場所、それが神社なのです。
それはいい感じの時もあれば悪い感じの時もあります。
感じることが大切なことです。
だからこそ神社は感じるセンサーを養う場所なのです。
神社には産道がありますが、産道は生まれる前の自分に帰るところなのです。
そして御神体とは、鏡であることです。
鏡に映る自分がポイントとなります。
神様とは、素直な自分であり、素直な他の参拝客となるのです。
そして神様とは私達全員の素直な祈りの集合体となるのです。
神社に参拝することで、今の社会への愛が生まれる、社会に貢献しようと言う意識が高まるならば、より良い結果が出る。
それが神社参拝する意味でもあります。
神社に参拝すると、その神社に参拝している人のポジティブな何かを知ることができるのです。
神社に参拝することで、自分が何を求めているのか、何をしなければいけないのか、考えが整理されることがあります。
それが願い事であり参拝する意味ともなります。
だからこそ時代を超えた知恵の継承が神社と言う場所で行われるのです。
成功とは、すなわち功を成すことであり誰かの願いを叶えるということです。
願い事を実際に叶えてしまうのは人間なのです。
自分でもわからない素直な想いが神様に無意識のうちに伝わります。
だから願いと言う行動の下整理をするのです。
お祓いをすると運が良くなる、それは素直になると言うことなのです。
神社に参拝することで自分が何をしたらいいのか、心のそこから迷いなく決められたのだからそれは成功する可能性が高くなるという惨敗です。
だからこそ「本を読む」事が大切です。
神社で神様と目標を決めてその迷いを立つのも神社参拝なのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


26万部突破のベストセラー第2弾!
誰も知らなかった「神社」の秘密が、ふたたび明かされる!

ビジネス、政治、学問、武道、アート……
さまざまな分野で成功する人は、
神社で「見えない知恵」をダウンロードしていました。

じつは神社には、ご先祖さまたちがつくってきた
たくさんの「見えない知恵」があります。
神社は、このような先人の知恵を
ダウンロードする古来のシステムなのです。

ベストセラーとなった前作では、
天下人や有名な経営者が
神社に熱心に参拝したことを取り上げました。

しかし、神社は日本の7割以上の人がおとずれる場所。
えらい人、すごい人だけのものではありません。
神社の「システム」さえわかってしまえば、誰でもダウンロードできます。
これからの日本は、誰もが「成功者」になれる時代なのです。
今作では、前作以上の1200人の統計データも活用。
「お金」「心」「体」などに、
神社参拝がどのような影響があるのかを解説します。

さらに各章ごとに、その章のテーマにあわせ、
日本地図でひと目でわかる
「結果を出したい人におすすめの神社」
「金運におすすめの神社」
「すこやかな心と体づくりにおすすめの神社」
「潜在意識を開放するためにおすすめの神社」
一覧を掲載。

巻頭特別付録には、本書で紹介するおすすめ神社すべてが
ひと目でわかる「全都道府県おすすめ神社一覧」を収録。
また、巻末特別付録としてコミックやイラストで楽しく学べる
「神様と“本気で"つながる! ~リュウ博士流・神社参拝の方法~」を収録。

いまの時代だからこそ必要な
「神社システム」の裏の裏まで解説します。

成功している人は、どこの神社に行くのか?

新品価格
¥1,620から
(2019/1/1 16:58時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本