FC2ブログ

怪物の木こり 著者 倉井眉介

怪物の木こり
著者 倉井眉介

新たな知識を求めてこの本と出逢う。」
ビジネスにおいて、何か参考になるかわからない、しかし1つ言える事は流行を把握しておかなければならない。
流行こそが売り上げを上げる1つのポイントとなるからである。
だからこそ人々は常に情報集めてビジネスに備えなければならない。
そこでこの本は流行を把握するためにとても大切な一冊だと判断。
だからこそこの本を読むことにした。
本を読む」ことにより人々は新しい知識を得ることができる。
「本読む」ことにより人々は新しい選択を得ることができる。
この本は、「このミステリーがすごい!」大賞受賞作である。
という事はミステリーにおいてどの本が今流行っているのかがこの本を読むことによってわかる。
連続殺人鬼の弁護士を襲う怪物とは?
マスクをかぶったサイコパスの物語である。
そして恐ろしいことに脳内チップが埋め込まれたことが関係してくる。
過去のことを語ってるとも言えるし、未来のことを語ってるとも言える。
だからこそミステリーは面白いのである。
そしてこのミステリーが読むことによって私たちはまた新しい発想が生まれてくる。
その一つがサイコパスと言う認識である。
サイコパスをどのようにして受け止めるのか、そしてサイコパスと言うものを信じることができるのか、人生は面白いと思わせてくれる。
こーゆー新しい発見があるからこそ、「本読む」と言う事はとても大切なことだと言える。
だからこそ人は本を読むべきである。
だからこそ人は読書をしなければならない。
そこに自分とは違う発想、自分の考え方とは違う考え方に出会えるからである。
その出会いこそあなたを1つ大きくしていくのである。
だからこそ人々とたくさんの話をして、学ばなければならないし、人といろいろな話をして自分とは違う考え方を受け止めなければならない。
自分と違う考え方をしているのか悪いことでは無い。
自分の意見が言えることが悪いことでは無い。
自分の意見と違う意見や自分の考え方と違う考え方を否定することが悪いことである。
それを受け止めなければならない。
脳内チップとは現実的な話では無い。
しかし将来人間の体の中にチップが入る可能性はある。
それはICチップだと思われる。
そのICチップによって人類はまた新しい文明を築くことであろう。
それが便利だ世の中になるのかは不明だが。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


第17回『このミステリーがすごい! 』大賞受賞作は、
サイコパス弁護士 vs. 頭を割って脳を盗む「脳泥棒」、最凶の殺し合い!
すべては26年前、15人以上もの被害者を出した、児童連続誘拐殺人事件に端を発していた……。
選考委員各氏も絶賛した、サイコ・スリラーです。

「手に汗握る展開、衝撃的な要素、次々に起きる新たな事件と、読み始めたら止まらない」北原尚彦氏(作家)
「ぶっ飛んだ設定のおもしろさに加えて、テンポのよさと意外性のあるプロットが光る」大森望氏(評論家・翻訳家)
「サイコパスの弁護士が謎の覆面男に襲われるという意表をつく出だしからはまった。謎を追い始める展開もスリリング」香山二三郎氏(コラムニスト)
「飽きさせない話運び、毒の強いキャラクターの描き方などにおいて、他より抜きん出ていた。勢いがあり強い個性が感じられた」吉野仁氏(書評家)

【2018年・第17回「このミステリーがすごい! 大賞」大賞受賞作】 怪物の木こり

新品価格
¥1,490から
(2019/1/26 22:14時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本