FC2ブログ

天才を殺す凡人職場の人間関係に悩む、すべての人へ 著者 北野唯我

天才を殺す凡人
職場の人間関係に悩む、すべての人へ
著者 北野唯我


新たな知識を求めてこの本と出逢う」。
なぜ才能は潰れてしまうのか?
これは1つの物語を中心に問いかけていくビジネス本である。
組織には必ず天才がおり、秀才がおり、凡人がいる。
その組織をどのようにマネジメントして生きていくのかが大切である。
天才は、「創造性」で評価される人種であるし、秀才は、「再現性」で評価される人種であるし、凡人は、「共感性」評価される人種である。
このように評価されるポイントが違うのだからそれをいかにまとめてしまうのかがマネジメントである。
この才能を持って自分が何を生かすことができるのかそして何に向いてるのかを明確に判断しなければなりません。
何よりも1番判断しなければいけないのは上に立つ人間です。
上に立つ人間がいかに分類をどのように考えどのように分類していくのかが大切です。
凡人が天才を殺す理由としては多数決である。
日本人は自分と同じ周りと同じと言う生き方、教育をしてきている。
だからこそ自分と違う考え方や、自分と違う価値観を異端児としてみなしてしまう。
しかし本当はそこに天才が隠れているものである。
だからこそ多数決と言うものは、天才を殺すナイフであると言うことを覚えておかなければなりません。
では天才だけで企業が成り立つか、天才だけで組織が成り立つかというと成り立ちません。
いかにバランスを取るか、それが凡人の仕事です。
凡人でないとバランスを取ることができません。
だからこそ大企業では凡人が多く集まり、バランスをとりながら大企業と言うものを成り立たせています。
だからこそ大企業に関してはイノベーションが起きにくい組織になっているのです。
イノベーションが起きている大企業は、天才をいかに組織の中で生かしているのか、秀才はいかに生かしているのかがうまい会社かもしれません。
組織と言うのは難しいものです。
アートとサイエンスこれをいかに運営していくのかが大切なことです。
人類の最大の敵は「飽き」であります。
バランスを取る人がいるからこそ、天才をいかに生かして、秀才を生かして組織を前に進めていくことができます。
天才がいて、秀才がいてバランサーがいて実行者がいる、このような組織が1番強いでしょう。
そのようなマネジメントができるかどうかが大切です。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


あなたは凡人? 秀才? それとも天才?
公開瞬く間に30万pvを超えた人気ブログ
「凡人が、天才を殺すことがある理由。」が、
物語となって書籍化!

◎世の中には「天才」と「秀才」と「凡人」がいる。三者の間にはコミュニケーションの断絶がある。凡人は天才を理解できず、排斥する。秀才は天才に憧憬と嫉妬心を持つが、天才は秀才にそもそも関心がない。秀才は凡人を見下し、凡人は秀才を天才と勘違いしている。――18年3月16日にネットに配信された「凡人が、天才を殺すことがある理由。――どう社会から「天才」を守るか」と題されたコラムがバズ(BUZZ)った。

◎ビジネスコラムとしては、異例の30万PV、フェイスブックのシェアは2万4000に達した。またビジネス向けネットメディアであるNewsPicksに転載されると、その反響(コメント)は2200に及んだ。
さらに、このコラムの反響を取り上げた2回目のコラム「天才を殺すのは、実は「秀才」ではないのか?等への回答10選」も、フェイスブックのシェアだけで5000を超え、「天才・秀才・凡人」を巡るネット上の議論はなお続いている。

◎本書はこのコラムをストーリーにし、書籍化する。

◎「天才、秀才、凡人の評価軸の違い」「経営におけるアートとサイエンス」「イノベーションと飽き」「それぞれの人の中にいる天才、秀才、凡人」などの議論を展開していく。

天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ

新品価格
¥1,590から
(2019/1/27 20:11時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本