FC2ブログ

京大読書術 著者 粂原圭太郎

京大読書術
著者 粂原圭太郎


新たな知識を求めてこの本と出逢う」。
結論はアウトプットを意識しながらこの本を読むと言うことである。
アウトプットを意識することにより、目標を持ちながら、考えながら本を読むことができる。
そのことにより本の理解度が変わってくる。
そしてあなたの血となり肉となるのである。
だからこそアウトプットを意識して本を読めということである。
本を読む事はとても大切なことであると言うことを教えてくれる。
だからこそ「本を読む」と言うことを大切にしてほしい。
本を読むことにより好奇心があらゆる情報をキャッチし、知識を豊かにするのである。
読誦するポイントとしては、「頭の中で内容をイメージしながら読む」ことが大切であります。
そして良書を読む事はイメージ力アップにも非常に有効なことであるからぜひすすんで読むべきです。
イメージすることは、文章を読み進めるためではなく、その文章を理解し、把握するために必要となるのです。
だからこそ「頭の中で内容をイメージしながら読む」ことが大切になってくるのです。
たったいちど読んだだけで、全てを理解した気になっている人がいますが、これが1番、やってはいけないことなのです。
読んだつもりになっていなければ、必死に勉強するところが、1回読んだだけで全てを理解したつもりになってしまうとそれ以上のものを吸収しようとしません。
むしろいちど本を読んだらそれを振り返る時間が大切です。
1時間ほど本を読んだらそのあと5分でいいから見返しをする時間が必要です。
本を早く読むことに注目が集まりますが、テクニックを学ぶ前に、少しでも早く本を読もうと言う意識があれば、多少なりともスピードは速くなるのです。
テクニックに溺れないことが大切なことだと教えてくれてます。
難しい本を読むときには、入りやすいところから入る、これが鉄則なのです。
すべての本を最初から最後まで読もうと思っているから、多読ができないのです。
本当に読みたいところだけ読めばいいのです。
本を読破することに意味があるのではなく、自分に必要な知識を千肉にすることが重要なことではないかといわれてます。
それでも本を読むモチベーションはない人たちがいます。
その工夫がこの本に書かれています。
だからこそ本を読む」ことがとても大切なことです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


天才が日々実践する読書の常識を超えた「超・読書術」をついに体系化!

偏差値95、京大首席合格、クイズチャンピオン、起業家……各ジャンルで
圧倒的な実績を上げる著者の秘密は「読書術」にこそあった。

毎年1,000冊を越える読書家が教える「本の使い倒し方」を一挙紹介!


●「最高の結果を出す人」はどうやって本を読んでいるのか?
「超・読書術」をついに体系化!

・本を買ったら「すぐに1、2行」でも読んでおく
・今読んでいる目の前の1行ではなく、「前後5行くらい」は視野に入れる
・「文字の映画」を見ようという気持ちで本を開く
・1時間ほど読んだら、そのあと5分でいいので見返す
・「予測をしながら読む」ことで、文章がより記憶に定着する
・記憶の定着に効果的なのは、読んだらすぐに人に話す
・速読は、心の中でも音声化してはいけない
・太字やラインのみしか読まないというのは、とても危険
・日本人ならではの速読術は「漢字を中心に読んでいく」
・同じ本でも、読むタイミングによって、自分に刺さる言葉が変わってくる
・自分が実際に欲しい情報は何か、そのゴールを明確にし、本を選ぶ
・「興味のない本」を読む時は各章ごとに分断してしまう
・一度本を読んだら、A4一枚にまとめる

偏差値95、京大首席合格者が教える「京大読書術」 仕事にも勉強にも必須な 「理解力」と「連想力」が劇的に身につく

新品価格
¥1,512から
(2019/2/6 22:01時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本