FC2ブログ

本当の知性を身につけるための中国古典 著者 守屋淳

本当の知性を身につけるための中国古典
著者 守屋淳


新たな知識を求めてこの本と出逢う』。
歴史が長い中国から学ぶことがたくさんある。
今の中国が良いかどうか別である。
例えば孔子の言葉であるが、「秩序は守るものか、作るもの」これはとても大切な言葉であり意味の深い言葉である。
普通の一般的な考え方であれば秩序は守るものであるが、ごくたまに素晴らしい人材が出現する、そういう人たちは秩序を作ると言う考え方をするのである。
それであればどちらが正しいかと言うと、秩序を作る方が正しいのである。
なぜなら自分の好きなように作れるからである。
それこそ自分がルールであると言うことである。
これができるとできないのでは大違いである。
だからこそ人はルールを作ろうとするのである。
例えば、いいにくいことを言ってくれるって私などは非常に貴重な存在である。
ある程度の年齢、ある程度のポジションになると耳の痛いことを言ってくれる人がそばにいないものである。
それは自分自身で排除しているからである。
しかし自分自身の考え方を改めるためにも、耳の痛いことを言ってくれる人材は大切ということを覚えておかなければならない。
それがあなた自身の考え方を変えてしまうのであり、ぶれている心を元に戻すものである。
強者が強者であり続けるための訓戒は必要なものである。
高齢化が進んでいるため、人は賢く生きなければならない。
賢くない人生は損をするだけである。
だからこそ賢く生きる努力をしなければならない。
人の脱落や、組織の腐敗はどこの世界でも、どの時代でも存在するものである。
しかしそれは自ら負けていってるだけである。
だからこそ自分自身を見直す必要があるのである。
上に立つ以上、勝機を見極める目が必要である。
レッテルを貼られると恐ろしいものである。
だからこそ日ごろの行動は大切である。
待てる器量が大切である。
待つことができずイライラしてストレスをためる人がこの世の中には多い。
そんな人のそばにいたいと思うだろうか?
決して思わないと思う。
だからこそ待つ器量が大切である。
恨まれたり感謝されたり人は大変である。
自分自身の世界だけで生きていくことができれば、なんと楽な人生であろうか?
しかしふんだりけったりの人生、それも楽しい人生の1つである。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


孔子、武帝、曹操……
中国古典に登場する72人に学ぶ明日への知恵

人間の悩みは何千年も同じようなもの。
中国古典には現代にも通じるアドバイスが隠れている。
思想家や文人、王や皇帝、将軍や盗賊など
中国の歴史上の人物に焦点を当て、彼らの言葉やエピソードを紹介。

・秩序は守るものか 作るものか――孔子
・直観と言葉の悩ましい関係――荘子
・世代交代の落とし穴――孝成王
・個人の強み、組織としての強み――劉邦、項羽
・蛇に足がつくとき――昭陽
・占いを武器にする――狄青
・負けた人間にこそ学びの糧がある――袁紹
・真の交渉上手とは――鄭芝

中国の古典では、人の感情的な側面と、そこから生まれる人と人とのつながりの方に、
より重点を置く面があります。
本書は、中国の歴史上の人物に主に焦点を当てつつ、こういった「東アジア的な知性」を
楽しみながら深められるような言葉やエピソードをご紹介していきます。
有名な人、無名な人、架空に近い人まで登場しますが、
その知恵や振る舞いは、現代のわれわれの抱える難問と見事に響き合ってもきます。
時を超えた対話を楽しんで頂けたら幸いです。
(「はじめに」より抜粋)

(本書より)
はじめに 高い視座から「原理原則」を語る
第一章  孔子、孟子、老子――思想家や文人
第二章  舜、劉邦、武帝――王や皇帝、支配者まで
第三章  孫武、呉起、王安石――宰相、将軍から盗賊まで
第四章  曹操、鄭芝、司馬仲達――『三国志』の群雄たち

本当の知性を身につけるための中国古典

新品価格
¥1,728から
(2019/2/10 20:13時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本