FC2ブログ

1億円稼ぐ最強の話し方 著者 高浜真也

1億円稼ぐ最強の話し方
著者 高浜真也


新たな知識を求めてこの本と出逢う』。
本を読むだけでは意味がない、そんな言葉をどれだけ聞いたであろうか?
まさにその通りであるが、これだけこの言葉が飛び交うと言うことは、実践されないのか、もしくは著者自身が失敗してきたからなのか、どちらかであると思われる。
だからこそ、この本を読んで、『何を求めて読んだのか?』、『読書後ににをしたのか?』これが大切である。
本を読む事の意義を明確にすることが、大切な事である。
良き話、良きプレゼンするにはどれだか勉強してどれだけ自信をもって話ができているがである。
自分の信念をもち、自分の信じる事を話しする事で伝わるのである。
その自信を持った言葉こそが人を動かすのである。
相手の情報量を確認する事が大切です。
話はなるべく短くする事が大切です。
情報量は極力少なくする事が大切です。
この本は話し方の練習と同時に、本を読むことの大切さ、本を読んだ後に何をするかの大切さを教えてくれています。
本を読むだけでは意味がないと言われています。
私はそうは思いません。
本を読むだけでも知識が増えるから意味はあるのです。
ただ効果的ではないと言うのは間違いないでしょう。
効果的にするためにもアウトプットしなければならない、それはそうだと思います。
より1冊の本で効果的に生かそうと思えば、こちらの本に書かれている通りアウトプットを意識しながら本を読むのが1番大切なことだと思います。
しかし知識を増やすためだけに本を読むことが消して悪いことだとは思いません。
今の時代、得することだけを考える人が多いです。
少しでも得にならなければ損をすると言う考え方が増えてきています。
損をすることをが決して悪いことだとは思いません。
損をすることにより学ぶこともたくさんあります。
もちろん損をするだけで終わる人たちもいるでしょう。
それはそれで経験の1つだと私は考えます。
それでもやはり本を読むことによって人は成長しまして本を読まなければ知識を増やすことができません。
知識を増やすことができなければ選択肢が少なくなってきます。
選択肢を増やすためにもやはり本を読むことが大切なことだと私は考えます。
それはあなたの人生に行かされるかどうかは、あなた次第となります。
しかし選択肢がなければあなたは好きな人生も選ぶことできないですし、行きたくない人生を選ぶこともできません。
だからこそ本を読むことをお勧めします。


話せるスキルがあるのとないのでは、生涯年収がまったく違う!

大学院を中退して法人を設立し、1期目で年商約4000万円、2期目は年商1億円と順調に売り上げを伸ばしている起業家が「稼ぐために必要な話力」の鍛え方を伝授。
本書を読んで、話し方のスキルを手に入れれば、次のようなことが実現できます。

・営業で成約をどんどん取れる
・セミナーで一気に数百万から数千万の売り上げを獲得できる
・多くの人があなたについてきて、チームを作れる

元々は口べただった著者が、ビジネスの現場で試行錯誤しながら鍛え上げてきた、実践的な話術の指南書です。

1億円稼ぐ最強の話し方

新品価格
¥1,728から
(2019/2/18 22:19時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本