FC2ブログ

超ど素人がはじめる不動産投資 著者 弦本卓也

超ど素人がはじめる不動産投資
著者 弦本卓也



新たな知識を求めてこの本と出逢う」。
サラリーマンの給料だけではやっていけない。
年金だけではやっていけない。
だからこそ不動産投資、他でも何でも良いが副業が必要である。
その中で資金が少なく始めるのが不動産投資と言われている。
それはサラリーマンだからこそできることでもある。
個人事業者であれば難しいかもしれない。
むしろサラリーマンだからこそ有利に始めれるのか不動産投資かもしれない。
その中でいろいろな考え方がある。
そして色々な知識を知る必要がある。
そのために人々は「本を読む」ことを大切にしている。
私もそうである。
本を読むことにより、知識を得なければならないし、他の人の考え方を知らなければならないし、他の人の価値観を知らなければならない。
そして自分が知らない考え方や自分の知らない知識に出会えることがとても大切である。
もちろん出会えないこともある。
出会えるかどうかは本を読んで初めてわかるものである。
本を読まなければわからないものである。
不動産投資は実態がある資産となる。
例えば貸すことができるし、家賃収入が得られるし、得ることができるし売却収入が得られる。
銀行等の評価によりローンが借りることができるし、やり方によっては節税ができる。
自分に合った方法を考えなければならないのである。
そして大切な事はお金を借りたらお金を返さなければいけないと言うことである。
しかしそんなこと誰もがわかっていることであり、わかっているからこそなかなか進まないものである。
そこには何かあったらどうしようなどのリスクを考えるからである。
リスクなき投資等はありえない。
リスクがあるからリターンがあるのである。
そのリスクをいかに取ることができるのか、リスクテイカーになれるのかそれが大切である。
そのような考え方に出会えるのも、本を読むことにより自分の考え方との違い、自分の価値観との違いに出会えて初めて考えることができるのである。
だからこそ本を読む事はとても大切なことである。
そして本を読まなければならないということである。
自分と違う価値観や、自分と違う考え方を知るということがとても大切なことである。
それを受け入れることができるのかどうか、それがとても大切なことではないでしょうか?
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


【本書のポイント】
●豊富な図解とイラストで平易に解説
●これを読めば「何をすればいいのか」がわかる
●物件の購入からその後の運用までがわかる
●少ない手持ち資金から始められる例で説明

不動産投資は魅力的な投資!
不動産投資は、家賃として毎月まとまった収入が定期的に入ることから、
魅力的な投資といわれています。
また、時間の面でも、常に相場を気にする必要がなく、
一度入居が決まると、その後はあまり時間をとられません。
銀行にお金を預けてもほとんど増えない時代だからこそ
是非チャレンジをしてみましょう。

本書は頭金200万円から開始できる初心者向けの書籍です。
また、「不動産」のことについて知識がほとんどない人でも
豊富な図解やイラストを多用することで
簡単にスラスラ理解できるようになっています。
不動産会社や良い物件の選び方から、
ローンの組み方、購入後の管理やリフォームまでを解説します。

また、「で、何をすればいいの?」という問いにもズバリ答えます。
リクルートで不動産メディア(スーモ)の運営に従事し、自身も不動産投資を行う著者が
良い物件の選び方や物件を貸すときの流れを指南します。

〈本書の構成〉
巻頭特集:不動産投資を始めよう!
第1章:不動産投資で失敗しないために
第2章:良い物件を探すためのコツ
第3章:良い物件を見極めるコツ
第4章:物件を買う「契約」と「ローン」
第5章:物件の「リフォーム」と「管理」
第6章:物件を貸すとき、売るとき
第7章:不動産投資の「お金」と「仲間」

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

超ど素人がはじめる不動産投資

新品価格
¥1,382から
(2019/2/20 23:02時点)


スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本