FC2ブログ

戦力外Jリーガー経営で勝ちにいく新たな未来を切り拓く『前向きな撤退』の力 著者 嵜本 晋輔

戦力外Jリーガー経営で勝ちにいく新たな未来を切り拓く『前向きな撤退』の力
著者 嵜本晋輔


新たな知識を求めてこの本と出逢う』。
自分がどの世界に向いているのか、向いていないのかは失敗しないわからない。
価値観は人が決めるもので自分で決めるものではない。
自分にとっては勝ちなきものでも、他人にとっては価値あるものである。
自分が何をしたいのかわからない時は、経験不足であると認識すべきである。
色々な経験をするから何が楽しくて何が好きな仕事かを理解する事が出来る。
自分から積極的に仕事をすることで得ることがたくさんあるが、受け身の仕事から得るものは1つもない。
だからこそ自分がやりたい仕事を探さなければならないし、そういった仕事と巡り合わなければならない。
巡り会うことができてないのであれば、いろいろ経験するべきである。
いろいろチャレンジすることによりいろいろ変化が生じる。
変化が生じる時、手放す事は、新しい何かを始めるきっかけと言う考えを持たなければならない。
変化を恐れてはいけない。
変化することこそが成長の証である。
自分が発する言葉は現実になるビジネスを初めて知ったポジティブ思考の大切さを語っている。
いかにポジティブな考え方で、人生を生きていくかどうか、考えものである。
「辛い」という言葉を口に出さない効果経験談で語っている。
神様が選んで宿るのは、より意欲のある人間であると言われている。
だからこそ自分がどうしたいのか、どうなりたいかをより望まなければならない。
そして買取時に気づいた閉店するお店の共通点は何か、それは整理整頓してないということである。
そして自分を主語にすれば周りのせいにすることができないと言うのである。
失敗したら自分の声であり、うまくいけば環境のかけたと言う考え方を持つべきである。
そうすることによってあなたの人生は変わってくる。
あなたの人生が好転してくるでしょう。
考え方1つただそれだけです。
そうすることにより足元に転がっている新しいチャンスを見逃さず生きていくことができます。
チャンスが転がっていることに気づかないことがあります。
それを気づかせるためにも整理整頓が大切と言うことです。
それもこれも失敗をたくさんしてるからと言う考え方もあるでしょう。
失敗は成功の母ならず、失敗は成長の機会であると捉えるべきです。
成功数を増やすにはチャレンジ数を増やすことしかありません。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


戦力外から東証マザーズ上場へ。天才経営者が明かす「前向きな撤退」の力。

サッカーをあきらめたとき、私は22歳でした。いまの私が当時の私に話しかけることはできません。
ただ万が一、それが可能なら、そこで私は何を話すのか。その内容を、余すところなく、本書に詰め込みました。
当時の私のようにもがいているすべての人に、「前向きな撤退」という考え方が少しでも人生を照らすヒントになるなら、これ以上の喜びはありません。(「はじめに」より)


なぜ、22歳でガンバ大坂を戦力外になった著者は、起業から7年で、東証マザーズ上場企業であるSOUをつくり上げられたのか?
「自分の力をどう見極めるか」「発する言葉は現実になる」「『自責思考』が不可欠な理由」「個性と個性を掛け算せよ」……。
最注目の天才経営者が自らの歩みを踏まえて初めて明かす、人生と経営でいちばん大切な「見切り」と「コミットメント」の極意。



【本書の内容】
トライアウト後、はかなくも消え去った望み/手放すことは、新しい何かを始めるきっかけ/「つらい」という言葉を口に出さない効果/ポジティブ思考がクリエイティビティの源/山手線の広告を「自分ごと」として捉えてみると/失敗したら自分のせい、うまくいけば環境のおかげ/前代未聞だった「キューブ型シュークリーム」/オープン時に訪れてくれたガンバのサポーター/成功数を増やすには、チャレンジ数を増やすしかない/家電リユースからの「前向きな撤退」、そして東京へ/「焼き方を選べるチーズケーキ」というイノベーション/長兄がアレンジした提携の話を断った理由/元Jリーガーの経歴を「特徴」ではなく「強み」に/個性の軸を複数つくりあげる生存戦略/ガンバのユニフォームで上場の鐘を鳴らす/めざすは「遊んでいるかのように働ける会社」/現状維持とは、その時点でもう「後退」だ……ほか

戦力外Jリーガー 経営で勝ちにいく 新たな未来を切り拓く「前向きな撤退」の力

新品価格
¥1,150から
(2019/2/25 22:52時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本