FC2ブログ

なぜ世界のお金持ちの35%はユダヤ人なのか? ユダヤの神を味方につければ起業は必ず成功できる! 著者 滝内恭敬

なぜ世界のお金持ちの35%はユダヤ人なのか?
ユダヤの神を味方につければ起業は必ず成功できる!
著者 滝内恭敬


新たな知識を求めてこの本と出逢う
何故、お金待ちの35%はユダヤ人なのかの質問に対しての答えは、ユダヤ人起業家が多いからであり、成功しているからである。
つまり、雇う側でありなさいという事である。
そしてキリスト教を勉強して学ぶことである。
プロテスタントとカトリックと言う宗派に分かれるが、プロテスタントは、自分のエゴによる仕事ではなく、神が与えた転職に励み、勤勉に働くことで、その対価としてお金が手に入ると言う考え方をしています。
つまり「報酬は貢献度の質と量に対する通知表」と言う考え方です。
なので、お金をたくさん稼ぐ事は素晴らしいことだと解釈する。
これが資本主義の考え方です。
それに対してカトリック的な労働とは、日が昇ると働き始め、仲間と話をしながら適当に働き、ゆっくりと昼食をとり、午後には昼寝もして、実質的には生産性が低いと言うもの。
そういった考え方をしています。
少し偏った考え方をしていると思いますが、資本主義がキリスト教が望んだ社会や世界だと言う事は学ぶことができるはずです。
聖書は金融の指南書であると同時に、資本主義のルーツがわかる書物と言う考え方です。
読む人が変わればいろいろな考え方ができるものです。
読む人によっては聖書もビジネス本になると言うことです。
つまり人はどのようなイメージでどのような本を読むかが大切だことです。
自分が何を本を読むにあたり、「何を求め」と読書するかということも問われてきます。
そしてこの本は面白いことに、日本人とユダヤ人は共通点があると言うことを教えてくれます。
日本に到着した古代イスラエル人は、神道と天皇制を生み出したと言っています。
これもいろいろな価値観があり、いろいろな考え方があります。
しかしどのような考え方を信じるかはあなた次第だと私は思います。
それでも信じることで救われると言う言葉がある通り、何かを信じて生きていくことも大切なことだと私は思います。
そこに明るい社会があると信じています。
そこに明るい明日があると信じています。
それを社会はあなたが手に入れるのです。
誰でもないあなたがその社会をつかむのです。
だからこそ私たちは本を読んで学ばなければなりません。
それは前に進むためです。
その覚悟があなたにはありますか?
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


Facebookのマーク・ザッカーバーグ、Googleのラリー・ペイジとセルゲイ・ブリン、Microsoftのスティーブ・バルマー、Starbucks Coffeeのハワード・シュルツ、GAPのドナルド・フィッシャー、Goldman Sachsのマーカス・ゴールドマン…。 強力なサービスやビジネスモデルで世界を制覇した経営者である彼らの 共通点とは何か? それは、ユダヤ人であると同時に、聖書に記された創造主である神からの祝福だった!

なぜ世界のお金持ちの35%はユダヤ人なのか? ユダヤの神を味方につければ起業は必ず成功できる!

新品価格
¥1,620から
(2019/2/27 19:15時点)






にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本