FC2ブログ

本の『使い方』1万冊を血肉にした方法 著者 出口治明

本の『使い方』1万冊を血肉にした方法
著者 出口治明


新たな知識を求めてこの本と出逢う
本を読む人が減っている、とくに大学生、そして、社会人である。
これは、大いに問題である。
しかし、それを許した環境が一番の問題である。
そこに気づかなければならない。
明るい日本の為に、明るい日本の社会のために。
米国の大学生は、4年で400冊の本を読みます。
しかし、日本の大学生は4年で100冊となります。
この差が経済の差となり、国力の差に繋がっているのです。
だからこそ、本を読む努力をしなければなりません。
本を読むからこそ、巡り会う言葉がある。
例えばイノベーションは、『既存知の組み合わせ』であるなどである。
より良い人生を送るためには、教養が必要でありその為には、インプットを多くしなければなりません。
インプットを多くしますと、アウトプットの幅が広がります。
そうするとより良い人生を送れます。
そうやって、人は幸せを築くのです。
だからこそ、本を読まなければなりません。
読書の数が幸せの数、そうありたいと願うばかり。
新しいアイディアは、教養を持つ人からのみ、生まれてくるのではないでしょうか?
教養は、知識✖️考える力。
教育は、必要最低限の武器の付与。
さらに面白い言葉に出会える。
『花には香り、本には毒を』。
ただ面白いだけではなく、印象に残る、それが大切なのです。
教養を持つ事により人を魅了するのです。
教養を持つ事により人を先導するのです。
本を読まない、教養なき人達が増えると日本の社会が不安になる。
まさに、その通りである。
やはり、本を読むことは大切である。
自分とは違う考え方、自分とは違う価値観をしることによりまた違う考え方が生まれる。
だからこそ、私達は成長するのです。
昔からあるものは、良いものである。
良いからこそ、残るのである。
だから古典を読むことを進められている。
そして昔から残っているものは尊重すべきだと言われている。
もちろん新しい時代に合った新しいニーズが悪いわけではない。
そんな時代とともに残る昔のものが良いと言うだけである。
最近のビジネス書は失敗談が少ない。
失敗談こそ、学ぶべき事である。
古典から学ぶ事は、やはり人間という生き物。
人間を知る事が1番大切である。
だからのそ、人間関係を学ばなければならない。
実際の人間関係で学ぶ事も良い事だが本から学ぶ事も大切である。
本を読む、そして五年後あなたはどこにいる?
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

知的生産術 著者 出口治明


本を読むときは、1行たりとも読み飛ばしてはいけない

本を選び、読み、活かすにはどうすればいいか

・1行たりとも読み飛ばさない
・何百年も残った古典は「正しい」
・何かを学ぶなら「厚い本→薄い本」の順

還暦ベンチャー(ライフネット生命)、
古希学長(立命館アジア太平洋大学)にして、
稀代の読書家が、

・本を読むことの楽しさ
・本の選び方、読み方、付き合い方
・本を活かせる人の習慣
・「自分の頭で考える力」をつけるためのコツ

などを、深く、やさしく解説します。

本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法

新品価格
¥1,200から
(2019/7/23 21:39時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト



知的生産術 著者 出口治明

知的生産術
著者 出口治明


新たな知識を求めてこの本と出逢う』。
これからは、『人・本・旅』の時代である。
まさに、人に出会い、本を読み、旅をして新たな経験、新たな価値観に触れる事が大切になってきます。
イノベーションとは、「サボりたい」という気持ちから生まれるものである。
人間は楽をしたい、サボりたいと言う気持ちがあります、それをいかに効率よくするのがイノベーションかもしれません。
知的生産性を高めれば自分の働き方も変わってきます。
生産性を上げると言う事は時間あたりの歳出量増やすと言うことです。
今までと同じやり方、今までと同じ考え方では今までと同じ結果しか得ることができません。
どうすれば知的生産性を高めることができるのか?
それは「自分の頭で考えて、成長すること」がとても大切なことである。
経済成長を支えた3条件がある。
それは冷戦、キャッチアップモデル、人口の増加である。
しかしこの3つに関しては既に終わりを迎えている。
だからこそ新しい価値観、新しい考え方で新しい働き方を模索しなければならない。
今の会社は考え方が間違っている。
評価の仕方も間違っている。
もちろん間違ってないところもある。
考え方や評価の仕方が間違ってない企業は売り上げを伸ばし成長している。
売り上げが伸びず、成長してない会社は考え方が間違っていると言う自覚がない。
それが全ての問題である。
これはとてつもなく大きな問題である。
考え方を変えるためにも、同じような人には合わず、いろいろな本を読み、似通った場所にはいかないこれがとても大切なことである。
つまり自分とは違う価値観、自分とは違う考え方に出会う必要があると言うことである。
そのためにもやはり本を読むと言う事はとても大切なことだと私は考える。
本の数がその人の器の大きさを変えるといっても過言では無いのではないか?
そのように最近思うようになってきた。
やはり本を読んでない人間の器が小さい。
いかに本を読んで、新しい価値観、新しい考え方に出会い新しい社会へ向けて歩き出さなければならない。
知的生産性を上げる5つの視点がある。
それはまず無限大ではなく、無減代を考える。
なぜを3回繰り返す。
枠や制約の中で考える。
数字、ファクト、ロジックで考える。
考えても仕方がない事は考えない。
ひとりひとりの成長が日本経済を支えていく。
一人ひとりの成長が新しい社会を切り開いていく。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


サービス産業が主力の現代に必要な働き方とは?
還暦でライフネット生命を創業し、
現在は、スーパーグローバル大学である、
立命館アジア太平洋大学(APU)の学長を務める出口治明氏が語る、
短時間でアイデアと高い成果を出す方法。

●イノベーションは「サボりたい」という気持ちから生まれる
●「枠」や「制約」の中で考える
●時間の感覚を磨きたければ、腕時計は持たないほうがいい
●「楽しい」という感情が生産性を上げる一番の起爆剤
●組織の生産性は人材配置ですべてが決まる
●部下を叱るときの3原則
●無限大ではなく「無減代」で考える
●アウトプットを続けると人の能力は格段に上がる

など、働くすべての人の知的生産性を高めるヒントが満載。
出口氏が言う「知的生産」とは、「自分の頭で考えて、成長すること」。
社会常識や他人の意見を鵜呑みにせず、自分の頭で考え抜くことで、
イノベーションが起こり、成長・成果につながります。

長時間労働から解放され、
短時間で成果を出すヒントとして、
そして何より、楽しく仕事をするためのヒントとして、
ぜひ、本書をお役立てください。

【目次】
第1章 日本人の生産性が低い理由
第2章 新しいアイデアを生み出す「考える技術」
第3章 最小の労力で最大の成果を上げる「インプットとアウトプットの技術」
第4章 チームの力を引き出す「マネジメントの技術」
第5章 明るく楽しい職場をつくる「コミュニケーションの技術」

知的生産術

新品価格
¥1,620から
(2019/2/28 20:23時点)






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本