FC2ブログ

ウォーレン・バフェットはこうして最初の1億ドルを稼いだ若き日のバフェットに学ぶ最強の投資哲学 著者 グレン・アーノルド 訳 岩本正明

ウォーレン・バフェットはこうして最初の1億ドルを稼いだ
若き日のバフェットに学ぶ最強の投資哲学
著者 グレン・アーノルド
訳 岩本正明


新たな知識を求めてこの本と出逢う』。
ウォーレンバフェットは世界でも有名な投資家である。
「価値あるヒストリーであり、明快な投資分析だ」。
このような名言を残している。
誰もがウォーレンバフェットに憧れ、ウォーレンバフェット氏を真似ていく。
しかし成功してる人間は少ない。
だからこそ勉強しなければならないのである。
ボーレンバフェットにとって投資の定義とは、詳細な分析が必要なことであると言うことである。
自分自身に頭のと同じような質問を、投資の際にも自分自身に東野である。ボーレンバフェットにとって投資の定義とは、詳細な分析が必要なことであると言うことである。
売上高と利益の過去の水はどうか?
顧客からの評判は良いか?
資産は贅沢で負債が少ないか?
競争環境はどうか?
経営陣は有能で誠実か?
など詳細な分析が必要である。
それと元本の安全性が必要である。
橋を建造する時は余裕のある安全設計をするように、株式を買う時も安全性に余裕を持たせることが大切なことである。
満足できるリターンの追求が必要である。
角の楽観主義や、強欲に犯されて自分自身の能力を超えた道に足を踏み外してはならないということである。
このような教えをいかに自分に取り入れて、投資に向き合うかが大切である。
投資とは知識、経験、気質である。
そして事実を見なければならない。
健全な投資原則に従うことが大切である。
マーケットを押すポイント、アウトパフォームするだけで大きな富の格差につながるものである。
企業を詳細に分析し、安全性マージンを保ち、満足のいくリターンだけを目標としてこそ投資と言えるものである。
ミスターマーケットの株式評価を受け入れてはならないのである。
この言葉をいかに自分に取り入れるかそれが大切である。
小さな利益にうっかり飛びついてはいけない。
株式の購入のために支払ったお金には執着してはならない。
他人のお金を運用する時、間違った投資をすれば不信感が芽生えるものである。
つまり投資とは人の信用を得ることもできれば、人の信用を捨て去ることもできるのである。
だからこそ投資は考えて安全を見極めリスクをとらなければならない。
矛盾しているようでこれが1番難しいのである。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


現在88歳のバフェットにも、駆け出し時代があった。
バフェットが、最初の1億ドルを作るまでの20の投資案件に注目。彼の資産形成や投資哲学に最も大きな影響を与えたとされる事例を紐解きながら、賢い投資家になるためのヒントや教訓を学ぶ。
若きバフェットに学ぶ投資の考え方。

ウォーレン・バフェットはこうして最初の1億ドルを稼いだ――若き日のバフェットに学ぶ最強の投資哲学

新品価格
¥1,944から
(2019/3/21 20:27時点)






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本