FC2ブログ

未来のためのあたたかい思考法 著者 小川和也

未来のためのあたたかい思考法
著者 小川和也


新たな知識を求めてこの本と出逢う
今時代の変換点にある、そう思ってる人たちは世の中にどれくらいいるのであろうか?
確実に新しい未来が待っている。
AIによる時代の変化が訪れようとしている。
しかしどれだけAIの時代になったとしても人間である以上体を動かすことが不可欠である。
テクノロジーは人間にとってのそもそも論を再考させる立役者になるが、体と言う人間の礎を意識して生きることが大切である。
脳を客観視することになる。
人工知能をどのようなパートナーに育てるかを企てるためにまずは自分の脳を客観視なければならない。
シュミレーション仮説、仮説だとしても、仮説と現実の境界線が弱々しくなる未来において「現実を再定義する」必要に迫られる。
生命を持つ演奏者と音色、それらが融合した演奏を人工感動が凌駕する事は容易ではない。
想像メディアは手放せない、想像の起点、創造を楽しむ場、創造メディアで想像力を鍛える必要がある。
あちらの世界のゲームがこちらの世界の現実となり、仮想と現実の境界線がなくなってきている。
そのようなことを聞いてるとマトリックスを思い出してしまう。
人間が今脂肪を求める傾向は、ますます強くなる、体すべてでリアリティーに没頭し、自分と言う存在を確かめる。
明らかに時代が変わろうとしている。
人間が自ら動かすことにより得られるフィーリングを存続させるか否かは人間のフィーリングにかかっている。
明らかに新しい時代に突入しているのである。
それはあなた自身が受け止めることができるのかどうか、それが大切である。
そのためにもあなた方は本を読む書く必要があるのである。
本を読むことにより時代の変化についていかなければならない。
本を読むことにより新しい時代へ突入しなければならない。
本を読む人が新しい時代を求め、新しい時代に共感し、新しい時代作りに動き始めればまたより良い世の中が生まれてくるのでは無いであろうか?
人生は短い天気100年時代といっても所詮100年である。
だからこそ今生きてる力、今生きている同世代の人々を大切にしなければならない。
大切にすると言う事はどういうことか、応援すると言うことである。
応援すると言う事はどういうことだろうか、いろいろな形がある。
本を書く人を応援するのは本を購入すると言うことである。
私はそう信じている。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


世界は変わる。しかし、悲観はしない。

AIやブロックチェーンなど、テクノロジーは私たちをどこへ連れて行くのか。
J-WAVEナビゲーター、フューチャリストの小川和也が描く32の寓話的思考。この1冊であなたも未来で途方に暮れない。

建築家・隈研吾氏、地球科学者・鎌田浩毅氏との対談を収録!


本書における思考法の最大の特徴は、「あたたかさ」を伴うことだ。
それは、あなた自身をあたためるための思考法であり、他の誰かをあたためられる。
あたたかさは人間特有の感覚であり、人工知能にはあたたかい思考法は持てない。
32編の寓話的思考から、「あたたかい思考法」につながるヒントを見つけてもらいたい。
「あたたかい思考法」が、あなたにとって望ましい未来へと導くことを願う。
――本文より

未来のためのあたたかい思考法

新品価格
¥1,836から
(2019/3/31 07:23時点)






にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本