FC2ブログ

家康に訊け 著者 加藤廣

家康に訊け
著者 加藤廣


新たな知識を求めてこの本と出逢う
徳川家康は歴史に名を残す有名な人物である。
織田信長、豊臣秀吉、そして徳川家康。
我慢強く、辛抱強く天下を取ることをこの本は言いたいのかもしれない。
それ以外はあまり何が言いたいのかわからなかった。
でも人生とはそういうものかもしれない。
我慢強く、辛抱強く生きていくことが大切なのかもしれない。
それは人生を振り返ったときにかみしめることである。
今を生きているうちはそれを感じることができないのかもしれない。
しかし、歴史に学ぶ事は大切なことである。
歴史は繰り返すとよく言うものだ。
それを実感する人たちはこの世の中にどれだけいるのであろうか?
おそらくそんなに多くはないと思われる。
しかし、実感することで、学ぶことで成功する人たちはたくさんいると私は思う。
それを教えてくれるのか、もしくは自分だけのものにするのかはその人次第である。
大切なのはあなた自身が幸せになることである。
大切な事はあなた自身が成長することである。
人は死ぬまで学び続けなければならない。
学と言う言葉が並ぶと、重苦しい空気になるかもしれない。
しかし人生生きてるだけで学んでいるのである。
それが勉強であるか否か、他のことなのか趣味なのかは別の話である。
だからこそ人生は生きているだけで学ぶことである。
好奇心を持ってたくさん学び続けることにより、その人は成長していく。
その成長により幸せ、成功を手に入れるのである。
その成功を手に入れた人たちが、人生を謳歌している。
徳川家康はその1人かもしれない。
徳川家康のようになりたいと思ってる人たちは世の中少ないであろう。
しかし日本のいただきに立ったのは徳川家康である。
そこに成功が隠されているのかもしれないし、理解することができないのかもしれない。
それを感じることができるのかどうかはその人次第であるが、私たちはまた新しい考え方を持つことができるのである。
大変な事はそこから学び続け成長し続けることである。
成長し続けることが1番難しいのかもしれない。
学ぶことがないと感じたらその時点で終わりである。
だからこそ私たちは、学び続け、成長し続けるのである。
それが自分の望む人生かどうかは別であるが、自分の望む人生になればそれに越した事は無い。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


長期戦略に優れ、日本の二百数十年をデザインした男。今こそ家の采配に学べ! 混迷の現代日本の舵取り役を、今、戦国武将に求めるとすれば、やはり信長か、はたまた秀吉か否――、水先案内人は徳川家康を措いてありえない! 資源に恵まれぬ地に生れ、人質生活を長く強いられた家康のサバイバル戦略を、独自のデータと「加藤史観」が解明する歴史エッセイ。伝奇小説『宇都宮城血風録』を加えた遺作集。

家康に訊け

新品価格
¥1,728から
(2019/4/7 18:15時点)






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本