FC2ブログ

一流と日本庭園 著者 生島あゆみ

一流と日本庭園
著者 生島あゆみ


新たな知識を求めてこの本と出逢う
・空海
・足利義満
・豊臣秀吉
・岩崎彌太郎
・小堀遠州
数々の有名人がこだわった日本庭園。
今外国人のリピーターがこだわるのが日本庭園である。
だからこそ日本庭園に注目が集まっているのである。
そしてこの日本庭園と言う題材を前に、謙虚にならなければならないと言う思いになります。
人は謙虚になって成長していくことが大切なことです。
日本庭園は、「日本人の魂の拠り所」。
と言う答えにたどり着いています。
いろいろな季節や時間に訪れて、心静かに季節の移ろい、時間の経過を感じること、それが大切なことです。
そして成功者の気持ちになって庭を見てみることが大切です。
庭はあなたの鏡となります。
一休最後の言葉が、「死にたくない」だったそうです。
最後まで人間らしくあろうとした一休のみに移ったのは何であろうか改めて考えさせられます。
宮本武蔵が庭を作った理由は、修行のためだったのかもしれない。
しかし本当のところはわからない。
それは読む人、感じる人が受け取るべきである。
このように庭でもいろいろな考え方があります。
そしていろいろな受け取り方があります。
だからこそ人間は多くの知識を学ばなければなりません。
そのためにはまずは本を読むことが大切なこととなります。
本を読むことによりいろいろな知識を得て、いろいろな受け取り方をしなければなりません。
そして会話をしなければなりません。
会話のキャッチボールができているかどうかそれが大切です。
日本庭園も会話のキャッチボールの1つです。
成功を手にすると、人間は自分の功績を他人に見せたい、自慢したい、権力を行使したいと言う気持ちになってしまいます。
しかしそういう人たちが最後に突き当たるのが自分ではどうにもできない死となります。
いろいろな言葉、いろいろな考え方に出会えることができます。
それが楽しいのかもしれませんし、それが苦痛なのかもしれません。
しかしそれが人生となります。
だからこそ人生を楽しまなければなりません。
どんなテーマを持って人生を生きていくのかも大切かもしれません。
でもあなた自身が楽しい人生を送るためにも、あなたが好きなことを追求するべきことだと思います。
その追求すべき事案を見つけたときあなたは幸せになるのかもしれません。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


足利義満の金閣寺、豊臣秀吉の醍醐寺三宝院。そして、稲盛和夫は和輪庵を造った。
また、スティーブ・ジョブズは 京都西芳寺をよく訪れていたという。
どういうわけか、富と名声を手に入れた成功者たちは、 その先に、庭造りを目指し、庭にたどり着く。これは決して偶然ではない。
歴史上の成功者たちが 富と名声を得るまでの足跡をたどりながら、 なぜ庭造りを目指したのか、 どんな庭を造ったのかをひも解く。

一流と日本庭園

新品価格
¥1,728から
(2019/5/20 07:37時点)







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本