FC2ブログ

サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい人生100年時代の個人M&A入門 著者 三戸政和

サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい人生100年時代の個人M&A入門
著者 三戸政和


新たな知識を求めてこの本と出逢う
結局はサラリーマンでは将来が不安であると言うことが書かれている。
まさにその通りだと思うが、誰しもが思っている事かもしれないし、能天気な人を考えてないかもしれない。
自分の将来をどう考えるかが大切である。
今のサラリーマン人生で将来満足するのか、はたまた今のビジネスマンとして満足するのか、を考えなければならない。
そうすれば自然と何をしなければいけないのかが見えてくる。
だからこそ、人は本を読み成長しなければならない。
その一環として、会社を買うと言う方法論も1つの方法である。
会社を買うことにより、ビジネス能力が上がりサラリーマン人生に価値が出てくる。
いろんな見方があるし、いろいろな考え方がある。
それを知ることができる。
そうなるためにも大切な事は心に余裕を持つことである。
心に余裕がなければ何もすることができないし、挑戦することもできない。
現状に満足しているのであれば、挑戦する必要は無い。
しかし現状に満足してないのであれば挑戦しなければならない。
これからのビジネスマンは、成長しなければならない。
言われたことだけすれば良いのであれば、AIにとって変わられる。
だからこそ自分自身で価値を見つけなければならないし、自分自身の価値をアピールしなければならない。
それが何かを考えなければならない。
だからこそこれからのビジネスマンが大切であり、大変な時代に突入してきてるのである。
だからこそ会社を購入して新しい考え方、新しいビジネス発想をしなければならないのである。
昔と違って今は大変な時代に突入した。
仕事するスピード、努力すること、何をとっても昔とは違う昔以上のものを求められる。
だからこそわれわれは立ち止まることができずに進まなければならないのである。
そのツールとしてやはり読書をすることが大切である。
本を読んで新しい知識を得なければならない。
そして新しい知識を得ると言う感覚を持たなければならない。
現状維持は衰退を意味する。
われわれは前に進まなければならないし、新しい社会を探しながら追求しなければならない。
より便利により住みやすい世の中にするためにも。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


「終身雇用は現代の奴隷制度」堀江貴文さん推薦! 飲食店開業や起業を夢見るサラリーマン。だが、その先には「地獄」が待っている。飲食・宿泊業の廃業率は20%で全業種トップ、起業して10年後に残っている会社は5%。それより会社を買って社長になろう。中小企業の約7割が後継者難。株式1円で買える好業績優良中小企業もゴロゴロ。キャリアを生かして社長として活躍し、最後は売り抜ける。人生を変える明るい資本家講座!


堀江貴文さん推薦!「終身雇用は現代の奴隷制度」

ネットメディア「現代ビジネス」に「飲食店経営に手を出したら、その先には『地獄』が待っている」「60過ぎたら、退職金で会社を買いなさい」などをアップ、累計500万超のPVという記録を打ち立てた話題の記事の書籍化です。
サラリーマンには定年・早期退職後、飲食業を始める夢を描く人がたくさんいます。しかし、それは「地獄への道」。廃業率は20%で全業種トップ。実際には素人では勝てない世界。一方で、起業を考える人もたくさんいます。こちらも「地獄」。日本で起業して10年後に残っている会社はわずか5%。
著者の三戸さんは言います。業界大手企業でマネジメント経験があるなら、会社を買って社長になったほうが遥かにいい、と。黒字経営であるにもかかわらず、後継者不在のために休廃業する優良中小企業はたくさんあります。事実、中小企業380万社の約7割で後継者がおらず、中には株式1円でもいいから譲りたいと考えているところも。
在職時同様30~50人規模のチームを率いて、今度はサラリーマンではなく社長として力量を発揮し、役員報酬を得て、最後は会社を売却してキャピタルゲインを手にする。雇われる人生を脱して、資本家になる。
中小企業が後継者不足で事業承継に悩む「大廃業時代」は、本当はサラリーマンの「期間限定」の大チャンス。本書は、人生を変える「あかるい資本家講座」です。

サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門 (講談社 α新書)

新品価格
¥907から
(2019/5/20 07:44時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本