FC2ブログ

できる人は必ず持っている一流の気くばり力 著者 安田正

できる人は必ず持っている一流の気くばり力
著者 安田正


新たな知識を求めてこの本と出逢う
企業のトップに立つ人は、何かを成し遂げた人は、1人残らず常に「一歩先を読んで」います。
自分だけではなく、職場全体の仕事が見られるようになる。
優先順位を立てるのが上手くなる、仕事の効率がアップする。
「できる人」と言う印象を与え、リーダーシップを発揮できるようになる。
「責任感のある人」だと周囲に感じさせる。
周囲に自然と頼りにされるような、存在感のある人になれる。
このような能力を持つことが大切である。
見通しを踏まえて、次の行動をいち早く起こすことが大切である。
さらには相手目線で仕事のスケジュールを組むことが大切である。
期待されていることを外さないものである。
相手にとっての優先順位を最も重視することが大切である。
人に頼む時はお願いしますではなく、お願いできますか?
が大切である。
他の人と進める仕事は必ず「1日前倒し」。
心持ちが大切である。
相手を観察し、タイミングよく話しかけられる。
相手の仕事のリズムを把握する必要がある。
打ち合わせ、商談、接客中は,数秒の着物かない。
大事な局面では、全神経を相手に集中させることが大切である。
御礼をいかに早くすることが大切である。
小さな仕事でもプラスアルファになる改善点を探してみることが大切である。
人に指示されていなくても自分で考える力が大切である。
指示待ち、とりあえず現状維持の客は行くことが大切である。
共感するアンテナを立てておかなければならない。
相手が何を求めているのか、察することができるようになるものである。
礼儀正しく、しっかりとした人として印象与える。
気が利く人、マメな人として評価される。
どんな立場の人からも、職場の潤滑油として重宝され感謝される。
人当たりが優しくなり、周囲にも優しくしてもらえる。
一声かける、勇気と手間を惜しまない。
目に見える気配りを発信していくことが大切である。
言葉がけは共感+提案のセットでしなければならない。
こちらから働きかけるべき時と、そっとしておくべき時を見極める必要がある。
相手の立場から感情を想像することが大切である。
その相手の見えてない部分の努力にも目を向ける必要がある。
いいにくいことの前に勉強にありましたの一言でワンクッションを立てる必要がある。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


「ちょっとしたこと」が、「圧倒的な差」になっていく。
評価も、人望も、お金も引き寄せる、“仕事に効く”気くばりの秘訣!

◆そのとき、求められていることの「一歩先」を読んで動く
◆お礼こそ、「即・送信」
◆相手の「立場」から、「感情」を想像する
◆「冷静」と「情熱」のバランスをとる
◆トラブルの解決では、両者のメンツをふまえる
◆相手の気持ちを上げたいときは、話を「ちょっと盛る」
◆手柄を人に譲り、「花を持たせる」ことも惜しまない

仕事も人生もうまくいく秘訣は、つまるところ……
人と人との間の“見えない空気”を、気持ちのよいものにすること。
相手のことを考えた「気くばり」が、自分自身に大きなメリットを連れて帰ってくる、
そんな実践法があるのです。
安田正

――シリーズ累計64万部突破『超一流の雑談力』著者、最新作!

できる人は必ず持っている一流の気くばり力 (単行本)

新品価格
¥1,512から
(2019/6/1 08:25時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村






スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本