FC2ブログ

神社に隠された大和朝廷統一の秘密 著者 武光誠

神社に隠された大和朝廷統一の秘密
著者 武光誠


新たな知識を求めてこの本と出逢う
日本には神道思想と言う考え方がある。
日本にはだからこそ神社がたくさんあるのである。
神社を介した王家と豪族たちのつながりが、日本と言う国を作ったのである。
だからこそ日本には古代から続いた神者が多く存在するのである。
神道とは、あらゆる自然物を神として敬うアニミズムを踏まえた宗教である。
「自然を大切にする」、「人間を大切にする」「明るい気持ちを持って人生を楽しむ」ことが大切である。
そういった考えの中、日本人は日本国の中で幸せに生きてきたのである。
もちろん不幸な事故や不幸な事件は起こっているがそれでも日本は幸せに生きてきたのである。
奈良県桜井市にある大神神社は、なぜ大王の守り神から疫病のぞきの神に変わったのか?
そこには歴史があるのである。
その歴史を学ぶことが、日本人としての遺伝を受け継ぐことである。
奈良県天理市にある大和神社は、1豪族の神社だったが、6世紀に大和一刻の国の魂を扱うようになった。
それは何故か?
私たちは歴史の上に生きている。
歴史の上に生活している。
そしてまた私たちも歴史の1部となってしまうのである。
島根県出雲市にある出雲大社は国を代表とする神社である。
こちらに尋ねたことがあるかどうかわからないが、いちどは尋ねてみるべきである。
神社には歴史があり神話が存在する。
そしてそこに、脳が関連してくるのである。
だからこそ大切と言うわけではないが、それでも人の心、人の気持ちを救えるのであればとても大切なことだと私は考える。
そして今は、パワースポット巡りの時代である。
流行かもしれないがそれでもパワースポットに行くことにより心が晴れるのであればとても大切なことである。
日本には神社と言う歴史がある。
その神社と言う歴史をたどることこそ、あなた自身の心の救いとなるかもしれない。
神社に行くことにより心がはれることがある。
だからこそ人は神社に足を運ぶのである。
私は毎日神社に足を運ぶようにしている。
できる限りであるが。
それでも神社に行くことにより心が整理される。
それが1番大切なのかもしれないと最近考える。
何かを求めるのではなく、心の整理に神社に足を運ぶ、それでもあなた自身の気持ちが変わるかもしれない。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


全国の神社の祭神や神話を読みとけば、大和朝廷が全国支配をどのように進めたかが見えてくる! 画期的な視点で古代史を楽しむ書。

神社に隠された大和朝廷統一の秘密

新品価格
¥1,728から
(2019/6/3 22:07時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本