FC2ブログ

ヒット商品の絶対法則伝説の完売王が伝授する 著者 河瀬和幸

ヒット商品の絶対法則伝説の完売王が伝授する
著者 河瀬和幸


新たな知識を求めてこの本と出逢う
ヒット商品とは、1番伝わる商品がヒット商品になるものである。
オリジナリティーのない商品は虚しいものである。
なぜヒット商品を作れないのか?
これを考えなければならない。
結局は自分自身が納得した、自分自身が自信のある商品が1番良い商品となる。
なぜ良い商品なのに売れないのか?
このような疑問にぶち当たる。
それはやはり売り手が本気で欲しいと思ってないからである。
売れた商品と、売れない商品には法則があるものである。
それを学ばなければならない。
ヒット商品とは時代を超えて繰り返し登場してくるものである。
例えばネーミングを変えただけで急に売れ始めたものもある。
ものが売れない時代だからこそ、ブランディングが必要である。
ブランディング構築に必要なことが3つある。
どんな商品を、どんなお店で、どんな方法で、これが大切である。
そこにはびっくり感とストーリーの整合性が存在するのである。
ブランディングには印象に残すことを心がけているとのことである。
ものが売れない時代だからこそこのようなことを考えて学ばなければならない。
学ぶためにはやはり本を読む必要があるのである。
ブランディングには記憶のそこから商品を思い出させることが必要である。
小さい会社でもできるスイングバイ戦略も大切である。
他社のブランドを借用するブランド借用戦略も1つの手段である。
ブランドを比較させて自分のブランドを選ばさせる、1人価値戦略も戦略のうちの1つである。
得るために何をするのか、そのために何を考えるのかが大切である。
価値と言う種を見つけ、育て、形にして、伝えるこれが大切である。
商品は6つのものに分類される。
まずはキワモノである。
独自性が際立っている商品。
偽物、お客様を欺くもの。
本物、素材の質が良く値段も手頃で儲けの幅はそこそこのもの。
似たもの、類似品である。
色物、世の中の風潮にタイムリーな商品。
ないもの、革新的な商品である。
経営環境の激変、売り上げの激減、資金繰りの悪化、債務超過、社員待遇の悪化、社員のモチベーションの低下、社員の退職、人手不足、これからの時代はこのような厳しい時代になってくる。
だからこそ価値のあるものを提供しなければならない。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


ヒット商品は「売り場」から生まれる!
大手有名雑貨店で15年間売上商品ナンバー1の
数々のヒット商品を生み出し続ける著者が
現場で培った「ヒット商品開発理論」

(独自性の発見)

(顧客価値の創造)

(価値スタイルの形成)

(物語の発信)

「良い商品」を「稼げる商品」に変える
カワセ式「ヒット商品づくり」4つのステップ

商品企画のプロセスから、ネーミング・パッケージング、販売方法まで、
トータルにわかりやすく、事例を通して解説。
販売の現場で顧客心理を知り尽くした著者だからこそ語れる
「ヒット商品の方程式」

第1章 販売の現場から見た「売れる商品」「売れない商品」
第2章 誰でもできる「ヒット商品づくり」の4ステップ
第3章 ステップ1 「価値のタネ」を見つける(独自性の発見)
第4章 ステップ2 「価値のタネ」を育てる(顧客価値の創造)
第5章 ステップ3 「価値のタネ」をカタチにする(価値スタイルの形成)
第6章 ステップ4 「価値のタネ」を伝える(物語の発信)

ヒット商品の絶対法則 ~伝説の完売王が伝授する~

新品価格
¥1,512から
(2019/6/10 19:03時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本