FC2ブログ

人に頼む技術コロンビア大学の嫌な顔されずに人を動かす科学 著者 ハイディ・グラント

人に頼む技術コロンビア大学の嫌な顔されずに人を動かす科学
著者 ハイディ・グラント


新たな知識を求めてこの本と出逢う
私たちが思ってる以上に、人は誰かを助けてあげたいと考えています。
しかし多くの場合は私たちが相手にコントロールされていると感じるような形で頼み事をしてしまっているのです。
そうして自分で自分を追い込んでしまっているのです。
だからこそ精神的に逃げ場がなくなり辛い思いをしているのです。
誰かに何かを頼む事は気まずくありませんし恥ずかしいことでもありません。
人は人と支えあって生きているのです。
だからこそ人に頼ること、人に甘える事は悪いことではありません。
大切な事は自分自身で、自分だけで抱え込まないことです。
誰かに助けを求める事は、本質的な矛盾を抱えてしまうものです。
そこを理解しなければなりません。
誰かを助けることで良い気分になるには、自ら望んで支援の手を差し伸べていると言う主体性の感覚が不可欠なのです。
何かを成し遂げるには誰かの力が必要であります。
ある種の結界報酬は人間の特定の行動に関与させる可能性を高めるものです。
心が傷つくと言う事は、脳が筋肉の痙攣やつま先をものにぶつけるなどの体の痛みを処理するのと同じように他人との関わりから生じる不快感を処理していることになるのです。
だからこそ自分ひとりで抱え込んではいけないのです。
人間誰しも幸せにならなければなりません。
だ ほんのわずかであっても、人に助けを求めると言う考えを頭に抱く事は私たちをひどく不快にするものです。
誰かに助けを求める事は難しい、不器用でぎこちない、遠慮がちな頼み事が裏目に出やすい、相手に助けてもらえる可能性を低くしてしまう、つまり助けを求めることに消極的だと必要な支援を得ることができなくなってしまうのです。
だから積極的に人に助けを求めましょう。
助けを求める人は、相手が助けてくれる可能性を過小評価する傾向がある、これはとても価値のある事実である。
何かを頼まれた時、ノーと答えるのは大きな苦痛を伴う。
誰かに助けられると、複雑な感情が生じる。
結果として助けを求めることで、相手によくない印象を持たれたり、能力がない人間だと見られたりしないかと遠慮してしまいがちになる。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


スティーブ・ジョブスが実践していた!

全米ベストセラー著者の話題書邦訳。

『ハイ・コンセプト』
『モチベーション3.0』
ベストセラー多数のダニエル・ピンク大絶賛!


なぜ「助けてほしい」「サポートしてほしい」
と言えないのか。
コロンビア大学の社会心理学の第一人者が、
実験例を豊富に用いて「助けを求めたい人」と
「助けを求められる人」の深層心理を解説。

気持ちよく、上手に頼る人になるための
実践的な一冊。
世界的ベストセラー『やってのける』著者、
ハイディ・グラントによる
コロンビア大学のモチベーション理論が解明する
仕事が楽になる方法!



第1部
なぜ、頼み事をするのは難しいのか

第1章
誰かに何かを頼むのを気まずく感じる理由

第2章
なぜ〝頼んでも断られるだろう〟と思うのか

第3章
〝頼み事をしたら嫌がられるかもしれない〟
という誤解


第2部
良い頼み方、ダメな頼み方
 
第4章
〝助けを求めること〟が抱える矛盾

第5章 
必要な助けを得るための四つのステップ

第6章
こんな頼み方をしてはいけない

 
第3部
人を動かす3つの力

第7章
「仲間意識」を活用する

第8章
「自尊心」を刺激する

第9章
「有効性」を感じさせる

人に頼む技術 コロンビア大学の嫌な顔されずに人を動かす科学

新品価格
¥1,728から
(2019/6/10 19:06時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本