FC2ブログ

歩くパワースポットと呼ばれた僕の大切にしている小さな習慣 著者 SHOCK EYE

歩くパワースポットと呼ばれた僕の大切にしている小さな習慣
著者 SHOCK EYE


新たな知識を求めてこの本と出逢う
整理整頓、心をスッキリさせる、心を整える、これが大切。
神社は過去な知識の塊である。
だからこそ、大切にしなければならない。
神社はクールダウン、心を落ち着かせる場所である。
辛い少年期、しかし成功している。
成功者の言葉は大きい、重い。
色々な人に出会い、いろいろな願いを叶えて人は成長してくるものである。
音楽を作る人も同じかもしれない、音楽をする人も同じかもしれない、音楽に興味ない人も同じかもしれない。
しかし神社に足を運ぶと言う事は誰しもやったことがあるのではないかと考える。
後はそれを信じて続けるかどうかである。
彼の人生も成功の人生、そして厳しい人生、辛い人生いろいろな人生があったと思う。
その中で彼自身がどうやって前向きに生きていくかを考えた結果たどり着いたのが神社である。
それが彼がパワースポットとして求めたものであり、パワースポットと言われる所以である。
彼の本を読んで感じる事は、常に前向きに人生を生きることが大切だと再認識される。
さらには、心の拠り所を作っておくことが大切だと言うことである。
そのために彼が選んだのが神社に足を運ぶと言うことである。
とても素晴らしい考え方だし、真似すべき考え方だと私は考える。
このようなアーティストが本を出すことによって影響与えることが大きいと考える。
彼のファンの1人でもこの本を読んで神社に足を運び心が救われるのであればそれはとても社会的に素晴らしいことだと私は考える。
そーゆー世の中を望むしそーゆー社会を私は望む。
そーゆー世の中こそ発展してほしいと考える。
だからこそアーティストにはもっともっと本を出してほしいしもっと神社に足を運んで欲しいし、もっと自分の考えを表舞台に出して欲しい。
彼を応援するファンがこの本を読むことによってまた新しい気持ちで前向きな人生を送ることができたらなんて素敵なことでしょうか?
そのような人生になることを心から望む。
そんな社会になることを心から望む。
だからこそこういった本を購入して本を読み自分なりの感想を出すことによってまたこれを進める必要があり、多くの人が目にする必要があるのです。
そこに幸せのシェアがあるのではないでしょうか?
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


いま、最強の「運気アップ」本! 通称「歩くパワースポット」、湘南乃風SHOCK EYE。彼が大切にしている習慣を集めました。これを読めばあなたも運気アップ!※SHOCK EYEおすすめパワースポット20 ※スペシャル開運待ち受け写真(5種類)


いま、最強の「運気アップ」本!
NTV「行列のできる法律相談所」出演で大反響!
人気占い師ゲッターズ飯田氏に「いままで占ってきた中で、1、2位を争う運の強さ」「歩くパワースポット」と言われた男、湘南乃風 SHOCK EYE(ショックアイ)。「歩くパワースポット」と呼ばれてから、時間を見つけては全国の神社をお参りするようになり、ショックアイは芸能界で「神社好き」として知られています。彼はSNS(ツイッターやインスタグラム)を通じて神社に行った報告をたびたびしております。今、巷ではその写真をスマホの待ち受け画面にすると運気がアップすると言われて、ツイッターでは「SHOCK EYE を待ち受けにしたら良いことが起こった!」という報告がたくさん見られます。この本では、そんな彼が普段大切にしている「小さな習慣」を集めました。また、後半では子供時代の辛い経験も初めて語っています。辛い経験があったからこそ、今のポジティブな活動につながっていると語ります。これを読めば、あなたも運気アップ間違いなし!
※ SHOCK EYEおすすめパワースポット20
※ スペシャル開運待ち受け写真(5種類)

SHOCK EYEさんコメント
「僕の写真を待ち受けにするのが流行っていると最初に耳にしたときは、正直戸惑いもありました。けれど今は、それで誰かがポジティブになれるなら、こんなに嬉しいことはないと思っています。
この本は、そんな僕の普段心がけていることや気づいたことを集めました。読んでくれた誰かの背中を押したり、
勇気づけることができたらとても嬉しいです。」

歩くパワースポットと呼ばれた僕の大切にしている小さな習慣

新品価格
¥1,296から
(2019/6/10 19:08時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本