FC2ブログ

大人の対応 著者 齋藤孝

大人の対応
著者 齋藤孝


新たな知識を求めてこの本と出逢う
大人の対応、それは見切りをつける事。
世の中にはいろいろな人たちがいます。
すべてを相手にする必要は無いのです。
だからこそ人は見切りをつけなければなりません。見切りをつけることによりあなたは救われます。
相手の事を気遣う必要があるのです。
相手に恥をかかせてはいけません。
自分だけ気持ち良くなってはいけません。
しかし、人生は難しいものです。
世の中にはたくさんの人がいてたくさんの考え方があります。
だからこそ人生は難しいし、社会は犯罪が起きるのです。
何も事件が起こらない横の中になってほしいとは思いますが、実際には難しいのです。
しかしその中でも私たちは足掻くことを忘れてはいけません。
あがくことにより私たちは成長していくのです。
努力することにより私たちが成長していくのです。
それが人間と言う生き物なのです。
私たちはよりより住みやすい世の中、より良い社会を求めて努力をしなければなりません。
それが将来の子供たちのためになります。
そして将来自分たちの為にもなるのです。
より便利な世の中を目指して、より住みやすい世の中を目指して、新しいものづくりを応援しなければなりません。
新しいもの、便利なものができるからこそ私たちは楽ができるのです。
そしてそれを作るのも人間なのです。
だからこそ世の中にいる人間を尊重しなければならないし、世の中にいる新しいイノベーションを受け止める必要があるのです。
古いものでも良いものはあります、しかしそこに進化はありません。
だからこそ新しいものに否定をしてはいけません。
常に受け入れる気持ちが大切なのです。
それにお金を使うかどうかはその人次第となります。
しかし否定をしてはいけません。
否定をしないことによりあなたを受け入れるんでしょう。
だからこそ私たちは受け止めなければなりません。
受け入れなければなりません。
そこに新しい未来があると信じて。
そのためにも大人の対応力が必要なのです。
そのためにも大人の感受性が必要なのです。
大人の社会を求めて、大人の世界を求めて、大人同士の世の中を求めて。
新しい世界が生まれることを祈り、大人の対応をしていきましょう。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

1分間資本論

かつての大人(中高年)には、どこか不機嫌そうでいかつく、重たいイメージがありました。
昔の文豪であれば、不機嫌そうにしていても周囲が気を遣ってくれるかもしれませんが、今はそういう時代ではありません。

つまり、重く威圧的な大人は、時代とマッチしないのです。
不機嫌そうにしているだけで職場の雰囲気を重くしますし、
その不機嫌さ自体が、ある種のハラスメントにつながりかねない世の中です。

軽やかなスピードがあって、いつも笑顔で上機嫌。
周りの雰囲気をやわらかくし、嫌味や愚痴を言われてもおおらかにふんわりと受け流す。
修羅場のようなシチュエーションでも、それ自体を面白がる余裕を持ち、
白黒はっきりつけようとせず、むやみに一喜一憂しない。

そんな人物こそが、今の時代に求められるスマートな「大人」だといえるでしょう。

――「はじめに」より


キレる、不機嫌になる、場の雰囲気を壊す、
デリカシーがない、グレーゾーンがない人で溢れかえる今、求められる
軽やかでユーモアのある大人になるための極意。

職場、友人など、人間関係における40の悩みを、大人の対応力で解決。
もう、むやみに悩まない、傷つかない。
大人の対応ができれば、あなた自身がもっと生きやすくなる。

【大人の対応力 悩みケース抜粋】
嫌味を言ってくる
急にスケジュールを変更してくる
価値観を押し付けてくる
一方的に怒りをぶつけてきた
管轄外の仕事を押し付けられた
言うことが変わる人に振り回される
とんでもないミスをして、 仕事相手を怒らせてしまった など

大人の対応力

新品価格
¥1,404から
(2019/7/8 23:17時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

1分間資本論 著者 齋藤孝

1分間資本論
著者 齋藤孝


新たな知識を求めてこの本と出逢う
資本論はドイツのマルクスが描いた歴史的な本となります。
マルクス経済学と言う言葉も生まれているほど有名な言葉です。
資本主義を知るにはまず商品を知ることが必要である。
社会の富は巨大なる商品集積として現れるものである。
行を変えることであらゆる商品は等価交換できます。
使用価値は同時に交換価値の素材的な担い手をなしている。
商品の価値は、それに含まれている労働の量で決まる。
私を価値を持っているのは、その中に人間的な労働が対象化または物質化されているからである。
労働時間を見るときは個人別の長短ではなく社会全体の平均値を見るべきである。
使用価値の大いさを規定するのは社会的に必要な労働の定量、または使用価値の製造に社会的に必要な労働時間である。
生産した本人だけが消費するものは、商品ではない。
商品を生産するには、使用価値だけではなく、他の人々に対する使用価値、すなわち、社会的使用価値を生産しなければならない。
商品は、社会的分業から生まれる。
社会的分業は商品生産の存立条件である。
花柄の始まりは、どんな商品とも交換できる、布や塩だった。
諸商品は、使用価値は雑多だが、ある共通の価値形態を持っている。
すなわち貨幣形態である。
花柄に性質上適しているのは金や銀である。
金と銀は本来貨幣ではないが、貨幣は本来金と金である。
貨幣から商品は簡単にできるが、商品から貨幣は簡単にできるものではない。
商品から金への飛躍は、商品の生命だけの飛躍である。
失敗すれば商品は困ることもないが、商品所有者はおそらく苦しむものである。
お金は中立であり、生まれや善悪は問われない。
どんな生まれであろうと、お金は臭くないものである。
すり減った金貨が1ポンドとして使えるのであれば、1ポンドと書かれた紙も使えるはずである。
お金を貯める人と増やす人は違う。
資本家は後者である。
多く売って少なく買うことが、貨幣退蔵者の経済学の全てだ。
貨幣に利益を生ませることで、資本家が登場する。
価値は、流通において自己保存するだけでなく、価値の大いさを変化させる。
貨幣は人間による労働の価値を表す尺度なのだ。
貨幣は、人間労働の社会的化身である。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


現代の実業家も大いに参考になる!
革命家・マルクスの代表作のエッセンスが1分でわかる。
19世紀前後に起こった産業革命以降、工業化により商品の大量供給が可能になりましたが、貧富の差はますます広がり、人々の生活は豊かになるどころか苦しくなるばかり……。
労働者を酷使する生産過程の中で新たな価値を生み出す「搾取」のシステム……。
資本主義社会に生涯を賭けて立ち向かった革命家・マルクスの代表作のエッセンスを、1分間シリーズとして、わかりやすく解説。

目次

はじめに いまの会社員はなぜ「しんどい」のか
1章 そもそも富とは何なのか?
2章 価値の交換がお金を動かす
3章 資本、それはお金を稼ぐお金
4章 労働力は労働者が売る商品である
5章 資本主義システムでの労働の構造
6章 人はどうして資本の奴隷になるか
7章 人はなぜ金持ちになれないのか
8章 技術の発達が人を幸せにしない理由
9章 資本が雪だるま式に増える理由
10章 資本が巨大になるメカニズム
11章 資本主義は恐慌から逃れられない

1分間資本論 差がつく実学教養5 (1分間名著シリーズ)

新品価格
¥1,080から
(2019/6/16 21:51時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村





忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本