FC2ブログ

読書と足跡

0

なぜ本を踏んではいけないのか 著者 齋藤孝

なぜ本を踏んではいけないのか著者 齋藤孝新たな知識を求めてこの本と出逢う。答えは本には人格があるからである。本を踏む事は、著者の人格を踏みにじる事である。本を読むからこそ思考力ま、人間性や人間力も深まると考えられている。これが大切な事である。人類が進歩していくために、必要不可欠な事である。本にはこの人でなければかけなかったという本がある。それは実体験でもあり、その体験を読ませてもらうという事であ...
0

齋藤孝の東大式読む力 著者 齋藤孝

齋藤孝の東大式読む力著者 齋藤孝新たな知識を求めてこの本と出逢う。今の時代にて必要なスキル、それは読む力である。だからこそ、本を読むことは大切である。社会で1番必要なのは国語であり、国語が必要なのはコミニュケーション能力が必要だからである。今の時代、グレーゾーンが1番価値がある。良問は、本質をつく。これを知っておかなければならない。むしろ、この言葉が突き刺さるのではないか?だからこそ、選択しなければ...
0

大人の対応 著者 齋藤孝

大人の対応著者 齋藤孝新たな知識を求めてこの本と出逢う。大人の対応、それは見切りをつける事。世の中にはいろいろな人たちがいます。すべてを相手にする必要は無いのです。だからこそ人は見切りをつけなければなりません。見切りをつけることによりあなたは救われます。相手の事を気遣う必要があるのです。相手に恥をかかせてはいけません。自分だけ気持ち良くなってはいけません。しかし、人生は難しいものです。世の中にはた...
0

1分間資本論 著者 齋藤孝

1分間資本論著者 齋藤孝新たな知識を求めてこの本と出逢う。資本論はドイツのマルクスが描いた歴史的な本となります。マルクス経済学と言う言葉も生まれているほど有名な言葉です。資本主義を知るにはまず商品を知ることが必要である。社会の富は巨大なる商品集積として現れるものである。行を変えることであらゆる商品は等価交換できます。使用価値は同時に交換価値の素材的な担い手をなしている。商品の価値は、それに含まれて...
My profile

Author : 趣味読書のホロコサン

読書好き!
株投資家!
不動産投資家!
雇われの身!
新しい社会を、自信が望むライフスタイルを!

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

カテゴリ