FC2ブログ

大人の週末起業 著者 藤井孝一

大人の週末起業
著者 藤井孝一


新たな知識を求めてこの本と出逢う
なぜこのような本が出回っているのかというと、サラリーマン、中でもミドル以降の人たちが、新しい苦難に直面しているからだそうです。
つまり新しい時代に突入したと言うことです。
60歳になって定年を迎えてもなかなか退職できない時代になっています。
1つは人手不足1つは資金不足であります。
その中であなたたちはどのようにして幸せを手に入れるのかを考えなければなりません。
そのためにもやはり本を読むことが大切なことです。
本を読む人だけがたどり着く世界、これを目指しましょう。
そしたらおのずと、会社だけに甘える事は難しいと感じるはずです。
だからこそ自分で稼ぐと言う経験をしなければなりません。
しかし会社を辞める事はリスクがあります。
だからこそ会社を辞めずに起業することが大切だということです。
そしてこの本週末起業と言う題名にたどり着くのです。
町中の時代になって誰もがサラリーマンを卒業してからも働き続ける必要が出てきています。
卒業後は自分で稼げる力が必要になっているのです。
稼げる力は、できるだけ早く、できれば今の会社にいるうちに鍛えておく必要があるのです。
定年退職後も幸せに行きたいなら、会社を辞めずに起業する週末起業がお勧めです。
大人世代には固有の強みと弱みがあり、強みを生かし弱みをカバーするには、自分のキャリアを生かした専門家として起業する大人の週末起業がおすすめとなります。
自分年表を作って、自分の好きなこと、得意なことを再発見する必要があるのです。
それが見つかったらビジネスとして稼げるか目処を立てる必要があります。
専門家を名乗り、肩書を作り、プロフィールを作り名刺を作りスタートするのです。
専門家を名乗る以上は売り込みをしてはいけません。
まずは情報発信をすることで認知を高め見込み客を集めておく必要があります。
セミナーなどを開催し来場者のうち希望者に無料相談を実施する必要があります。
その過程で相談者から依頼される形でコンサルティング契約を成約するのです。
週末起業を始めるにあたり、これだけはやっていけないことを押さえておく必要があります。
いくらぐらい稼げるようになったら会社を辞めてもいいか目安を覚えておくのが必要です。
失敗は当たり前、何度か失敗することを想定しておく必要があります。
会社を辞めると失うものがある、急に不安にならないように想定しておかなければなりません。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


あのベストセラー『週末起業』から16年、令和の時代に待望の“大人版"週末起業が満を持して登場!

本書は、ベストセラー『週末起業』の著者である藤井孝一氏が、大人向けに週末起業の始め方を書き下ろした作品です。

週末起業とは、会社に勤めながら、週末は自分のビジネスを立ち上げ、軌道に乗ったら独立する、そんな起業スタイルのことです。
藤井氏が20年ほど前、サラリーマンに向けて提唱を始めた起業法です。

それから20年、いまや週末起業は当たり前になりましたが、今回あえて大人版を出すのは、
40代、50代のミドル層のサラリーマンが、新たな苦難に直面しているからです。
苦難とは、「長寿」です。人生が100年になってしまったことで、定年退職してからも、人生がだらだら続くことになりました。
その結果、大半の人は稼ぐ手段を失ったまま、人生ばかりが長くなる時代になったのです。
退職金などの蓄えは間違いなく底をつくでしょう。

人生の後半戦を幸せに過ごすには、何よりお金が大事ですが、それを継続的に確保する方法論は未だ語られていません。

そこで今回、藤井氏は「週末起業実践会」で2万人超のビジネスパーソンを指導してきた経験をもとに、
ミドル層の大人に向けて、一人一人の経験や人脈、趣味などを活かした週末起業の始め方を指南!
成功例を交えながら具体的に話を展開します。

Chapter0 人生100年時代の衝撃。「稼ぐ力」で生き残る
Chapter1 こんな定年後はイヤだ! 定年残酷物語
Chapter2 小さな起業を成功させる! 「大人の週末起業」
Chapter3 大人の週末起業はこうやる! ~準備編 ネタを見つける~
Chapter4 大人の週末起業はこうやる! ~実践編 顧客を獲得する~
Chapter5 起業のやってはいけない! 10のタブー

大人の週末起業

新品価格
¥1,598から
(2019/6/28 22:57時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本