FC2ブログ

明治を食いつくした男 大倉喜八郎 著者 岡田和裕

明治を食いつくした男 大倉喜八郎
著者 岡田和裕


新たな知識を求めてこの本と出逢う
明治の時代にたくさんの企業に関わりを持ち、たくさんの有名人と関わりがあった、大倉喜八郎氏。
たくさんの企業の設立に貢献した人物である。
千代田火災海上(現・あいおいニッセイ同和損害保険)
日清製油(現・日清オイリオグループ)
東海パルプ
川奈ホテル
帝国繊維
サッポロビール
リーガルコーポレーション
ニッピ
日本化学工業
東京製綱
日本無線
本渓鋼鉄 - 中華民国・(のち満州国遼寧省本渓)
東京電燈
富士銀行(現みずほ銀行)
太陽生命
大倉土木(現大成建設)
大倉商事(1998年経営破綻)
ホテルオークラ 
大倉鉱業
帝国ホテル 
などなど、1度は耳にしたことのある企業ばかりではないであろうか?
このような人物の馴れ初めを学ぶ事はとても大切なことである。
やはり積極的にチャレンジをするということが大切であると私は受け取った。
チャレンジ精神なくして、成功はない、そして発展もない。
チャレンジすることにより成功が手に入り、日本国の発展につながっているのである。
そして何よりも日本国の発展を思いお国のために貢献した人物である。
このような思いを学ばなければならないし、受け継いでいかなければならないと考える。
そこに新しい日本が生まれてくるからである。
彼への評価は面白い評価になる。
ウィキペディア参照だが、大倉の評価は驚くほどに二分される。「世にもまれな商傑」「日本の近世における大偉人」「すべてを超越した人」「木に例えれば三千四千年を経た大樹」などと絶賛される。
一方で、大久保利通や井上馨らとの親交から「政商」、「死の商人」、「グロテスクな鯰」と酷評された。 毎日新聞で連載された木下尚江の反戦小説『火の柱』で大倉をモデルとした悪徳商人が「戦地に送られた牛肉の缶詰に石が詰まっていた事件」の犯人として描かれたことにより、それが事実として大倉の仕業と人々に信じられてしまった。実際は名古屋丸搭載の軍用缶詰に石ころが混入していた事件は、大連湾での積み下ろしの際に発覚したもので東京の山陽堂の荷物であったという。
このような評価に分かれるものである。
上に立つ人間はどうしてもねたまれるし、尊敬もされる。
だからこそ2つに分かれるのである。
そこに、こだわってはいけない、自分の信じる道を進まなければならない。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


令和時代に続く30余社を起業
帝国ホテル、帝国劇場、大成建設、リーガル、日本化学工業、日清オイリオ、日本無線、ニッピ、東京製綱、東海パルプ、サッポロビール、他。

渋沢栄一と共に近代日本を築いた実業家の豪快なる生涯!
「人捨てるとき我これを拾う」誰も引き受けないところに商機はある

明治を食いつくした男 大倉喜八郎

新品価格
¥1,620から
(2019/6/28 23:06時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本