FC2ブログ

沈黙のパレード 著者 東野圭吾

沈黙のパレード
著者 東野圭吾


新たな知識を求めてこのと出逢う。
ビジネスにおいて、最近の流行りを把握する事はとても大切な事である。
話題作りにもなるし、趣向を感じることができる。
1人の少女が殺害される。
その少女は、周囲の人々に可愛がられ皆様から愛されている。
真犯人は誰か、それを探す物語となる。
東野先生のと言えば、これまでにこんなを読んできた。
「ラプラスの魔女」、「レイクサイド」、「歪笑小説」、「どちらが彼女を殺した」、「魔力の胎動」、「白銀ジャック」、「人魚の眠る家」、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」、「マスカレード・ナイト」、「マスカレード・イブ」、「マスカレード・ホテル」、「麒麟の翼」、「虚ろな十字架」などです。
共通して言える事は読み始めたら止まらないと言うことです。
それはつまり面白いと言うことで、満足と言うことです。
テレビのドラマでも有名になった湯川先生、湯川先生が通う居酒屋、いろいろ興味が惹かれることではないでしょうか?
そして途中で出てきた「Xの献身」を思わせるセリフ。
このシリーズが好きな人にとってはたまらないつながりではないでしょうか?
最近は離れが騒がれています。
が好きなものにとっては非常に悲しいことです。
ビジネス書に限らず、どんなでも本を読んでほしいと思います。
自分の考え方だけが正しいわけではなく、世の中には色々な考え方があると言うことを知ることができるのです。
これがとても大切なことです。
最近の世の中の風潮として、自分の考え方だけが正しくて、人の考え方を受け入れない人たちが増えてきています。
決してあなたの考え方が間違ってるわけではありません。
違う考え方が世の中には存在するということを学んでほしいと言うことです。
その学ぶためには、本を読むことです。
本を読むことによりいろいろな考え方ができ、いろいろな考え方を受け入れることができるのです。
そしてこの物語は二転三転して、とても楽しい物語です。
最後の最後に逆転していく展開が、非常に楽しいのではないでしょうか?
それを受け入れるかどうかが大切です。
そして人は失敗する生き物なのです。
しかし失敗したから終わりというわけではなく、失敗から学べると言うことを学ぶことができるのではないでしょうか?
人生論、考え方などを学べると言うことで、この物語非常に楽しい物語となります。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


『ガリレオ、再始動!』
シリーズとしては、6年ぶりの単行本が、長篇書下ろしとして堂々の発売!

容疑者は彼女を愛した普通の人々。
哀しき復讐者たちの渾身のトリックが、湯川、草薙、内海薫の前に立ちはだかる。

突然行方不明になった町の人気娘・佐織が、数年後に遺体となって発見された。
容疑者はかつて草薙が担当した少女殺害事件で無罪となった男。
だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。
さらにその男が、堂々と遺族たちの前に現れたことで、町全体を「憎悪と義憤」の空気が覆う。

かつて、佐織が町中を熱狂させた秋祭りの季節がやってきた。
パレード当日、復讐劇はいかにして遂げられたか。
殺害方法は?アリバイトリックは?
超難問に突き当たった草薙は、アメリカ帰りの湯川に助けを求める。

第一作『探偵ガリレオ』の刊行から二十年――。
シリーズ第九作として、前人未踏の傑作が誕生した。

沈黙のパレード

新品価格
¥1,700から
(2018/10/28 05:52時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ラプラスの魔女 著者 東野圭吾

ラプラスの魔女
著者 東野圭吾


新たな知識を求めてこのと出逢う。
今や日を代表する東野圭吾氏。
作品よりも、東野圭吾氏の名前だけでが売れる、その域に達した著者である。
温泉地での事故?
いや、事件?
羽原円華が解決する?
不思議な力で?
物語の概要はこんな感じになるだろうと推測される。
今回はどのような力を使って、謎を解いていくのか。
東野圭吾先生の書くには、いろいろな疑問が生じているし、いろいろな謎が含まれている。
だからこそ東野圭吾先生の言葉にのめり込んでいく。
だからこそ東野圭吾先生は人気あるのだろう。
そう思われる。
1人の少女はこの温泉の硫化水素事件をどのように導いていくのか、そしていろいろな物語のつながりはどこにあるのかを追求していく。
この物語は奥が深い、父親と子供の争いがドラマになる。
そしてこの物語は人間の醜さを表した物語となっている。
だからこそこの小説を読むことによって、人が生きていることがどれだけ素晴らしいかと言うことを学ぶことができる。
そこに私は価値があるのだと私は思う。
どんな人間にも価値がある、どんな人間にも存在する意義がある。
人間は生きているからこそ、いろいろな事柄に影響を与えるのである。
「ラプラスの魔女」は、「魔女の胎動」と関連する話である。
東野圭吾氏のとしては、「レイクサイド」「歪笑小説」、「どちらが彼女を殺した」、「白銀ジャック」、「人魚の眠る家」、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」、「マスカレード・ナイト」、「マスカレード・イブ」、「マスカレード・ホテル」、「麒麟の翼」、「虚ろな十字架」、など過去に読んでみた。
どの作品ものめり込める楽しさがあり、読み始めたら止まらないと言う感触がある。
つまりそれは面白いと言うことではないかと考える。
話が脱線してしまったが、映画化されるのも頷く作品である。
科学と言うのはいっぽ間違えれば大惨事になると言うことを再認識した。
しかし科学の発展がなければ人間は便利に暮らすことができないのも事実である。
だからこそ人は科学と言うものとどのようなお付き合いをするのかを問われている。
そしてその科学の発展に陰ながら協力しているのが人間たちである。
どのようなものを購入して、どのようなものにお金をつぎ込むのか、それがその業界の発展につながり、科学の発展につながっていくのである。
だからこそお金の使い道と言うものは大切なことである。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?
待望の文庫化! 映画化決定!

遠く離れた2つの温泉地で硫化水素による死亡事故が起きた。検証に赴いた地球化学研究者・青江は、双方の現場で謎の娘・円華を目撃する――。東野圭吾が小説の常識をくつがえして挑んだ、空想科学ミステリ!

ラプラスの魔女 (角川文庫)

新品価格
¥821から
(2018/9/2 13:36時点)




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

レイクサイド

レイクサイド

著者 東野圭吾

読書2

東野圭吾からの新たなる挑戦状-
待望の書き下ろし長編本格サスペンス!
『あたしが殺したのよ』
愛人を殺された夫。妻が犯行を告白する。
そして夫は愛人の遺体をの底へ…。
私立中学受験を控える子供たちの勉強合宿のため四組の家族が集まった湖畔の別荘でいったい何が起こったのか!?
東野ワールドの魅力と本格推理の醍醐味を満載した意欲作!

人はミステリーに酔いしれる。

なぜだろうと考えた時1つ浮かんだ。

非日常的な、非現実的な話に1人は夢を見ているではなかろうか?

つまり世の中の人々は今と言う現実に満足していないのであろう。

今と言う現実を変えてみたい、自分が想像する世の中で生きてみたい、そんな考えを持っているのではないかと思う。

今の現実に納得してないし、楽しいと思ってないのではないか、だからこそミステリーと言う、いや小説と言う空想の世界に惹かれるのではないかと思う。

妻が夫の愛人を殺した。

そこから物語は進んでいく。

でも真相は別にある。

それと受験を控えた子供たちがどう関連していくのかがポイントとなる。

が題材なっているが、これはあまり関係なさそうである。

むしろがある別荘に憧れ、一度はのそばの別荘にでゆっくりとした時間を過ごしてみたいと思わせる。

この考え方も非現実的な考え方かもしれない。

中には現実的に行動起こせる人もいるでしょう。

そんな非現実的な話と、受験勉強と言うリアリティーのある間で物語が進んでいくためドキドキ感が生じてきた、私にとっては。

そしてラストに『俺たちの魂はこの湖畔から離れられないんだ』という言葉が…。

どんな意味合いを持つのか?


レイクサイド (文春文庫)

新品価格
¥562から
(2016/5/3 17:58時点)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

歪笑小説

歪笑小説

著者 東野圭吾

読書2

禁断の小説業界舞台裏を描く、東野笑劇場!
新米編集者が初接待ゴルフで知った、「伝説の編集者」の仕事ぶり。自作のドラマ化に舞い上がる作家。担当編集者に恋心を抱く小説家…小説業界をネタに、ブラックな笑いで贈る連作小説集。

真実は体験してみないとわからないもんである。

これは何事においても正しい答えとなるのではないだろうか?

何事においてもその仕事の事は、その仕事をやってみないと気持ちはわからない、そんな仕事が世の中たくさんある。

しかし、いろんな仕事をすることは難しいことである。

毎回毎回転職することが難しいからである。

その中で今回は出版会社の編集者と言う仕事についての物語である。

これは著者にとってはとても身近な職業だと推測される。

それがどれだけ信憑性あるかどうかわからないが。

しかし驚くことに私はこの本を読んでいて、編集者と言う仕事はこんなもんだろうなと言う想定がつく。

不思議なもんである。

体験したこともないし関わったことも無いのだけど、なぜだか編集者と言う仕事の過酷さがイメージできてしまうのである。

他の本を読んでいての事かもしれないし、ドラマを見てからそのようなイメージを持っているのかもしれない。

それは私自身全く記憶がないのであるが、それでも編集者と言う仕事のイメージは出てきてしまう。

世の中とは不思議なもんである。

いや人間とは不思議な生き物である。

しかし面白いのは作家の先生の嫌な部分を作家である東野圭吾が書いているところである。

出版業界の実情というかリアリティーを描いているのかどうかは私にはわからないが、世の中そういうものだろうとは思う。

著者である東野圭吾氏がこのような本を書くと言う事は、出版業界に多少なりとも不満があるのではないかと言う疑問が生じてくる。

ちょっとした疑い。

おそらくそんな事はないと思うけど。

最後は涙ぐむ展開で物語が終わる。

終わりよければ全てよしまさにそんな小説であった。


歪笑小説 (集英社文庫)

新品価格
¥668から
(2016/4/29 20:10時点)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

どちらかが彼女を殺した

どちらかが彼女を殺した

著者 東野圭吾

読書2


殺したのは男か女か
究極の「推理」小説自殺の偽装を施され、妹は殺された。
警察官である兄が割り出した容疑者は二人。
犯人は妹の親友か、かつての恋人か。
純粋推理の頂点を究めた話題沸騰のミステリ!
加賀恭一郎シリーズ

最愛の妹が殺された。

兄は妹の幸せを1番に願っていた。

だからこそ兄は妹を死に追いやった人を許せない。

よって犯人探しが始まる。

そしてその話には警察官であると言うストーリーである。

怪しい容疑者は2人、元恋人、そして元親友である。

だからこそ誰が彼女を殺したのか?

ということになる。

これは完全にミステリーであるが、理解しながら、頭の中で整理しながら読まないと最後の方ではわからなくなってしまう。

読み始めたら止まらないが、切なくなってしまう気持ちもあるので切なくなることが苦手な人には向いてない小説である。

しかし東野圭吾氏の小説は不思議と彼の世界に吸い込まれてしまう。

だからどうしても読み始めたら止まらない。

よって答えは面白いと言うことである。

特にあの兄と刑事との推理合戦は見ものである。

最終的に犯人が誰か分かるかどうかは不明だが…。

それは読むあなた自身がどのように受け止めるのかがポイントとなる。

読む人によって受け取り方が変わる、受け取り方が変わると言う事物語が変わってくるということである。

でも人生とはそういうものだ。

人それぞれの人生があり人それぞれの受け取り方である。

だから世の中にたくさんの物語が存在してるんだよ。

だから人生は面白い。


どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)

新品価格
¥659から
(2016/4/9 20:23時点)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
忍者AdMax

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫) [ 東野圭吾 ]

価格:658円
(2018/5/5 06:11時点)
感想(236件)






魔力の胎動 著者 東野圭吾

魔力の胎動
著者 東野圭吾

新たな知識を求めてこの本と出逢う。
今や大人気作家の東野圭吾氏。
ビジネスにおいて、彼の本を読むという事は時代の流れを知るという事ではないか?
そんな思いで、東野圭吾氏の魔力の胎動を手に取り読書の時間に入る。
この物語は、根拠はないが、解る!という女性、いや女の子。
最初に出てきたのが、スキージャンパーの話である。
引退を意識したスキージャンパーが、この不思議な女の子の力により優勝するという話である。
この女の子は風の流れを読み、スキージャンパーにベストのタイミングを教えると言うことであるが、なかなか理解するのは難しい話である。
理屈があれば理解できるのだが、そこに理屈はないのである。
なぜだかわからないが、なんとなくわかる、それがこの女の子である。
だから理解するのは難しいのである。
しかし小説はそこが面白いのではないかと思わせてくれる。
だからこそ、東野圭吾氏の小説は面白いと思う。
現実の世界と、空想の世界、最近はバーチャルの世界が出てきて区別がつかなくなってきたが、現実の世界から逃れることができると言う事はとても大切なことだと思う。
現代の社会で、誰しもが悩み苦しんでいる、だからこそその救いになるように生きてほしいと思うし、そのために小説と言うのは1つのツールではないかと思う。
これは、『ラプラスの魔女』の関連書籍である。
どちらを先に読むかによって変化するかもしれないが、順番を変え読み比べも楽しいかもしれない。
それはそれで小説の楽しみ方ではないかと思う。
次には野球の話が登場する。
ナックルボール、これをキャッチャーが取れるようになると言う話である。
取れるようになると言うよりは、取れると言う自信をつけさせると言うことが大切と言うことである。
そのために何をするのか、そこが楽しみの1つである。
そしてこの話を進めていく上で、少女と主人公と思われる男の話が複雑であることが、また面白い話である。
過去の映画会の出演により、自分自身を否定していて、そして自分自身を見失っている。
そしてこの少女と出会うことにより、自分自身を見つめ直すことにより、過去を受け入れてしまうことができるようになる。
誰にも自分を自分自身で否定することがあるでしょう。
しかしそんな時、何かをきっかけにして自分を認める事は大切なことであると、この小説を教えてくれます。
後は、それを自分自身が受け止めることができるかどうかです。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

映画化『ラプラスの魔女』前日譚

自然現象を見事に言い当てる、彼女の不思議な“力”はいったい何なのか――。彼女によって、悩める人たちが救われて行く……。東野圭吾が価値観を覆した衝撃のミステリ『ラプラスの魔女』の前日譚。

魔力の胎動

新品価格
¥1,620から
(2018/4/18 21:22時点)




にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

白銀ジャック

白銀ジャック

著者 東野圭吾

読書2


2014年8月2日(土)よる9時よりテレビ朝日系列でドラマスペシャル化!

ゲレンデの下に爆弾が埋まっている――

「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。
年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。警察に通報できない状況を
嘲笑うかのように繰り返される、山中でのトリッキーな身代金奪取。
雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。
すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。
今、犯人とのを賭けたレースが始まる。
圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、痛快サスペンス!

スキー場で雪の下に爆弾が仕掛けられた。

爆弾を爆発したくなければお金を欲しい。

今回はこのような事件である。

この事件に対してスキー関係者がどのように対応していくか、それがみものである。

はたして、お金を取ることだけが目的なのか、美しいゲレンデを破壊する動きは。

ゲレンデが創る幻想的な風景。

私達はこの風景にて癒され、感動を与えられる。

ついでに恋も、もらっちゃう。

大自然という人類では太刀打ち出来ない、相手の中、スキー、スノボーなどで人は娯楽を得る。

ついでに恋も、便乗。

犯人は3回に分けてお金を要求。

3000万円、3000万円、5000万円、ある所にはお金はあるのだなってシーンが現在の企業社会を映し出し同感。

会社の飼われている社蓄ってとこかな。

そして金に目がくらんだ人達、つまり経営者達の最悪な構想が招き出した事件。

お客を金にしか見えない人達にとって、お客様優先という言葉はどのように映るのだろうか?

そういう時代であるから仕方がないと言えばそれまでである。

日本にはこういう諺がある。

長いものに巻かれる。

これがいいのか悪いのか別である。

しかし現実的にはこういう世界である。



白銀ジャック (実業之日本社文庫)

新品価格
¥700から
(2016/2/27 17:13時点)




白銀ジャック [ 東野圭吾 ]

価格:699円
(2016/2/27 17:14時点)
感想(342件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

人魚の眠る家著者 東野圭吾

人魚の眠る家
著者 東野圭吾



新たな知識を求めてこの本と出逢う。
足の不自由な女の子との出逢い、これが始まりである。
そこから、奥様と紳士の食事に物語は写り、そして奥様と旦那の関係性の説明。
子供愛人不倫別居、と家族構成は続きます。
そんな中、娘が事故にあいます。
心臓が止まる事はありませんでしたが、脳死の可能性があります。
そんな時あれば脳死の判定をするかどうかと言う悩みことに直面します。
これがこの物語の課題となっています。
実際自分に置き換える時、直の決断を下せることができますでしょうか?
難しい状況だと思います。
この娘の事故をもとに、仮面夫婦は状況が変わりました。
離婚するはずでしたが、ひとまず夫婦を続けます。
これは、夫婦の再生という目線からも見ることができる物語にもなります。
実際に同じような体験をしたと言う人はこのように少ないと思います。
だからこそ感情輸入することが難しい物語ではあると思います。
しかし小説だからこそ経験できる、小説だからこそ体験できるとして受け止めることができるのではないでしょうか?
人間にとって経験すると言う事は非常に大切なことです。
経験すると言うことを経験してないと言うことでは全然言葉に重みが違います。
だからこそと言ってこの物語の経験をしてほしいとは思いません。
むしろして欲しくない経験ではないでしょうか?
だからこそ何をどう頑張ると言う事はありません。
むしろどうしようもないことなのです。
ただ人を愛すると言う事、子供を愛するということを学ぶことができるのではないかと思います。
人は学んで生きていく生き物なのです。
何を学ぶかは人それぞれです。
何が大切かで何が大切でないかは、その人次第なのです。
だからこそ人間は面白い生き物ですし、難しい生き物なのです。
そして未来が見えない生き物なのです。
私たちはその中に、歴史を学びながら歴史を残していきます。
その中の1つが文字です。
そして小説であり本であります。
そのことにより、未来の人々は、過去に何があったかを学ぶことができます。
そして学ぶことができるのです。
そして学んだ結果よりよい未来を作ることができるのです。
未来は明るい、未来は笑顔にあふれた世界である、そんな世の中を望みます。
そのために知識をつけて、いろいろな考え方があると言うことを学んで生きていかなければなりません。
自分の考えだけが正しいわけではありません。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

答えてください。
娘を殺したのは私でしょうか。

東野圭吾作家デビュー30周年記念作品
『人魚の眠る家』


娘の小学校受験が終わったら離婚する。
そう約束した仮面夫婦の二人。
彼等に悲報が届いたのは、面接試験の予行演習の直前。
娘がプールで溺れたー。
病院に駆けつけた二人を待っていたのは残酷な現実。
そして医師からは、思いもよらない選択を迫られる。

過酷な運命に苦悩する母親。その愛と狂気は成就するのか。
愛する人を持つすべての人へ。感涙の東野ミステリ。

こんな物語を自分が書いていいのか?
今も悩み続けています。 東野圭吾

人魚の眠る家

新品価格
¥1,728から
(2017/11/14 06:18時点)




ナミヤ雑貨店の奇蹟  著者 東野圭吾

ナミヤ雑貨店の奇蹟 

著者 東野圭吾

読書2


東野作品史上、もっとも泣ける感動ミステリー、待望の文庫化!

悩み相談、未来を知ってる私にお任せください。

少年3人が忍び込んだ廃屋。
そこは過去未来が手紙でつながる不思議な雑貨店だった。

悪事を働いた3人が逃げ込んだ古い家。そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店だった。廃業しているはずの店内に、突然シャッターの郵便口から悩み相談の手紙が落ちてきた。時空を超えて過去から投函されたのか? 3人は戸惑いながらも当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書くが……。次第に明らかになる雑貨店の秘密と、ある児童養護施設との関係。悩める人々を救ってきた雑貨店は、最後に再び奇蹟を起こせるか!?

たまたま訪れた家で。

たまたま出会った手紙 と。

悩み相談に対して、断言できる アドバイスを送る。

何故なのか?

それは未来を知っているからである。

この悩み相談は、過去未来をつないでいる。

未来を知っているものが、過去を生きる悩んだ人に対してアドバイスを送る。

そんな物語である。

現実に このようなことが起きるのであればやってみたいという人はたくさんいるであろう。

人はなぜ生まれて来てなぜ死ぬのだろう!

未来からの悩み解決。

ナミヤ雑貨店という店を繋いで交わる物語達。

未来で助言したことが、みらいではどうなったか?



ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)

新品価格
¥734から
(2015/9/27 16:59時点)




ナミヤ雑貨店の奇蹟 [ 東野圭吾 ]

価格:734円
(2015/9/27 17:00時点)
感想(70件)



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

マスカレード・ナイト 著者 東野圭吾

マスカレード・ナイト
著者 東野圭吾


新たな知識を求めてこの本と出逢う。
前作であるマスカレードも非常に楽しい物語でした。やはり続編が出て、今回もあのホテルウーマンと刑事とコンビを組んで事件を解決する物語だと思います。
コルテシア東京と言う名前のホテルで今回も事件が起こり、刑事とホテルウーマンはどのような思考でタッグを、組んで解決していくのかが楽しみです。
ホテルのサービスをする以上、NOと言う思考はありません。
これは他のサービス業であれば当てはまることなのかもしれませんと再認識させてくれる言葉でした。
そういう意味では、ビジネスマンに勇気を与える一冊となりえます。
事件とは関係なさそうな、難儀な問題。
相手を傷つけずプロポーズを断りたい。
さぁどうする名コンビ。
ホテルウーマンの頑張りどころ。
刑事はどんな助け舟を出すのか?
これがこのシリーズの醍醐味でもある。
本気の気持ちには本気で答える。
それが誠意であり、愛である。
そんな事も学べる一冊でした。
そこにあるのは、本気です。
ホテルマンとしてのお客様のプライバシー、そして刑事としての犯人逮捕への踏み込んだ対応。
お互いが、お互いの仕事をプロフェッショナルにこなすから、ぶつかってしまう。
見る人は立場によって変わります。
ホテルウーマン、刑事とお互いの立場によって見るのです。
人は見かけによりません。
だからこそ、きをつける必要があるのです。
犯人探しと言うジョブと、恋人探しが連鎖する展開。
亡くなった愛する人と交わした約束を守りにきた人。
ホテルには色々なドラマが存在するのです。
しかし、そんなホテルで起きてはいけないドラマ、それが殺人事件です。
犯人は、心に病を抱えている。
妹の死に、そして警察への恨みである。
何のために事件を起こすのか、それは所詮自己満足でしかない。
しかしその1人のわがままにより、振り回される人がいるのも事実である。
今回の事件は事件と事件が重なり、大きくなった話である。
そこに悲しい話は存在するが、楽しい話も存在する。
ホテルウーマンと、警察の恋というものはどういうものなのか?
そこに恋心は生まれるのでしょうか?
事件を読み解く以外にも楽しみがあるのがこの本の醍醐味である。
読んでみて時間の無駄にならなかったと思う一冊である。
そう思うとぜひお勧めしたい一冊である。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

累計265万部突破 「マスカレード」シリーズ最新作

若い女性が殺害された不可解な事件。警視庁に届いた一通の密告状。
犯人は、コルテシア東京のカウントダウンパーティに姿を現す!? あのホテルウーマンと刑事のコンビ、再び――。

マスカレード・ナイト

新品価格
¥1,782から
(2017/9/26 23:06時点)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

マスカレード・イブ 著者 東野圭吾 

マスカレード・イブ 

著者 東野圭吾 

読書2


ホテル・コルテシア大阪で働く山岸尚美は、ある客たちの仮面に気づく。一方、東京で発生した殺人事件の捜査に当たる新田浩介は、一人の男に目をつけた。事件の夜、男は大阪にいたと主張するが、なぜかホテル名を言わない。殺人の疑いをかけられてでも守りたい秘密とは何なのか。お客さまの仮面を守り抜くのが彼女の仕事なら、犯人の仮面を暴くのが彼の職務。二人が出会う前の、それぞれの物語。「マスカレード」シリーズ第2弾。

若き日のはなしであり、入社当時からの成長が見えてくる感じが受ける物語の始まりである。

元彼との絡み。

どのように人間構成されたか?

読むのが楽しみである。

元カレの愛人は?

どうなるかハラハラドキドキである。

読者が求めてるのは、読者人 が思いもつかない展開である。

元ホステスの愛人にも裏がある。

隠された謎 とは。

お客の仮面を剥がしては行けない ホテルマンなら。

しかし ホテルマンも仮面をかぶっている。

楽しいひとときをえるためである。

素晴らしいホテルには素晴らしいホテルマンがいる。

一度経験してみると良い。

また経験したいと思うであろう。

そうやって人は成長していく。

ルーキーデカの登場である。

年齢は関係ない。

ルーキーかどうかも関係ない。

できる人間はできる。

ホテルマンとしての仮面

お客様の仮面。

女としての仮面。

男としての仮面。

まるで この本は 仮面がテーマであるかのようだ。

あなたも仮面をかぶっていますか?

ベネチアの仮面パーティ みたいに。


マスカレード・イブ (集英社文庫)

新品価格
¥648から
(2015/8/30 14:32時点)




マスカレード・イブ [ 東野圭吾 ]

価格:648円
(2015/8/30 14:34時点)
感想(90件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

マスカレード・ホテル 感想 東野圭吾 

マスカレード・ホテル 

著者 東野圭吾 

読書2


都内で起きた不可解な連続殺人事件。次の犯行現場としてあるホテルが浮上、ターゲットも容疑者も不明のまま、警察は潜入捜査を決定する。東野圭吾の最高に華麗な長編ミステリ! 新シリーズ、スタート。

一流ホテルに刑事「デカ」?

不思議な組み合わせ?

それともお似合い?

不可解な事件

刑事ならではの目線。

ホテル関係者ならではの目線。

怪しい身体障害者。

ストーカー

ホテルには色々な人の物語が存在する。

犯罪の目的は?

犯罪の意義は?


マスカレード・ホテル (集英社文庫)

新品価格
¥821から
(2015/8/19 22:35時点)




マスカレード・ホテル [ 東野圭吾 ]

価格:820円
(2015/8/19 22:36時点)
感想(74件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

麒麟の翼 東野圭吾 読書感想

麒麟の翼

著者 東野圭吾

読書2


誰も信じなくても、自分だけは信じよう--。父が息子に、息子が父に抱いていた、本当の思いとは。加賀シリーズ第9作待望の文庫化!

殺人につき犯人は?

動機は?

何故こうなる?

派遣社員格差社会・労災。

現代の社会問題に通じる。

事件と過去が混じり合う。

過去の過ち!!隠された真実!

イジメ!

嫉妬!

起きた事件!!

麒麟の翼は目覚めるか?



麒麟の翼 (講談社文庫)

新品価格
¥756から
(2015/6/17 20:47時点)




麒麟の翼 [ 東野圭吾 ]

価格:756円
(2015/6/17 20:48時点)
感想(34件)








忍者AdMax

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

虚ろな十字架

虚ろな十字架

著者 東野圭吾

読書2


娘を殺されたら、あなたは犯人に何を望みますか。

別れた妻が殺された。
もし、あのとき離婚していなければ、私はまた、遺族になるところだった──。
東野圭吾にしか書けない圧倒的な密度と、予想もつかない展開。
私たちはまた、答えの出ない問いに立ち尽くす。

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

ヒット連発する著者の「東野圭吾」出版される本は興味が抱かれるものである。

例えば、「ダイイング・アイ」や、「カッコウの卵は誰のもの」などなど、私も読んでないため読んでみたいと思う。

しかし私が今回出会ったのは「虚ろな十字架」である。

今回著者である「東野圭吾」がどのような世界に連れて行ってくれるのか楽しみにしながら、ページをめくるものである。

1つの事件が、小説のストーリーである。

今回の物語は、1つの殺人事件からいろいろな事が連想されてゆく物語である。

そして最後は真実にたどり着くのだが、そこには人間としての葛藤が存在して、心痛める物語となる。

子供と言う宝が、どれだけ大切かこの小説を通して感じることができれば良いのだが、現代の社会では虐待が行われている家族で存在する。

虐待が行われる家族で本を読むかどうかは怪しいところだが、この本を読むことによって気持ちが少しでも変えることができれば、この本は世の中を変えることができる本であると言うことである。

何故、虐待するのか、という疑問が生じるのだから、その気持ちはその家族にしかわからないものかもしれない。

しかしその家族でなくても、子供虐待することがどれだけ悪なのかは、わかるはずである。

この地球上で生まれ、この日本で生まれ育ったからには、子孫を増やさなければならない。

しかし中にはできない家族もいるということを知らなければならない。

1つの家族に起きて悲しい出来事、この悲しい出来事が発端にいろいろな事件がリンクしてしまう。

その中で巻き込まれていく人々は、巻き込まれていく家族たちがこの世に存在している。

事の発端は、20年前以上の事件だが、このときの関係者は、当時は未来にこのようなことが起きると思ってなかったはずである。

事件が起きると言わそういうことである。

悲しい事件の中、笑顔のあるニュースを求めて生きている。

将来自分で何か事件に巻き込まれるとは思っていない、これが現実であり真実である。

長年、事件に追いかけられて生きていく人間の葛藤がこの小説から読み取りのではないか。

十字架を背負ういながらながら生きていく、この辛さは私にはわからないけど、この物語の中からは感じ取ることができる。

このような人生を送ってきた人たちは、この世の中にいると思う。

だから明るくて平和な世の中を、願いたい。

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村







レイクサイド

歪笑小説

どちらかが彼女を殺した

白銀ジャック

ナミヤ雑貨店の奇蹟 

マスカレード・イブ 

マスカレード・ホテル 

麒麟の翼

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本