FC2ブログ

ふつうの人がお金持ちになるたった1つの方法 著者 菅原圭

ふつうの人がお金持ちになるたった1つの方法
著者 菅原圭


新たな知識を求めてこの本と出逢う
昔から貧富の差はあった。
今もある。
問題は抜け出す気持ちがあるかどうかである。
その為には、まずは朝型人間になる事である。
とにかく時間を有効活用することが大切である。
約束の時間の30分前には到着したいものだ。
通勤時間を無駄にしない。
お金はお金を愛するところにやってくる。
お金の使い方を考える。
チャレンジするから失敗するのである。
何もしなければ失敗する事もない。
だからこそチャレンジをしなければならないのである。
いかに自分自身がリスクを取れるか、リスクテイカーになれるのかが大切である。
成功はリスクの裏返しである。
だからこそいかにリスクを取るのか、リスクを取れるのかが問われてくる。
リスクを取れると言う事は人間として大きいと言う事でもある。
そういう考え方をしなければならない。
誰もが不安である。
不安の中に生きている。
その不安の中で私たちは光を求めて生きてゆく。
だからこそ歩き出すのである。
これはお金にまつわる話である。
しかしそれでも私たちは人生の教訓として学ぶことができる。
なぜなら生きてるだけ人生は学問だからである。
今あなたは失敗したと思っているかもしれない。
今あなたは自分が不幸だと思っているかもしれない。
しかしそれは不幸でもないし失敗でもない、成功するための途中である。
諦めた時こそ失敗である。
そういう考え方をしなければならない。
そういう考え方であればまた人生も変わってくる。
あなた自身の成功を祈っている。
それがお金が必要かもしれないしお金でないかもしれない。
しかしお金があることに越した事は無いのである。
何事も一生懸命人生を生きなければならない。
そこに幸せがあると信じているからである。
お金があるから幸せではない、お金がないから不幸せでもない。
何が不幸かというと選択肢がないことが不幸である。
選択肢をたくさん持たなければならないそのためにはどうしてもお金が必要である。
だからこそ私たちはお金を稼ぐのである。
そしてお金を求めているのである。
お金は決して悪では無い。
お金は決して悪いものでもない。
しかし善でもない。
どう扱うかあなた次第である。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?

貧乏を呼ぶモノサシで生きていませんか?
成功者への第一歩を踏み出すためのバイブル!

お金持ちは様々なシーンでどう選択し、行動しているのか?
  お金への考え方、仕事の仕方、時間の扱い方など、すぐに取り入れられるメソッドが満載。
誰でもお金持ちへの道を歩んでいけます!

ベストセラー『お金持ちが肝に銘じているちょっとした習慣』から1年、
著者の元には「お金持ちの行動と思考と、お金に苦労する人の行動と思考とは、どう違うのか?」
という声がたくさん寄せられた。
そこで、お金持ちに共通する「行動」や「思考」がまだまだあることに気づいたという。

本書では、著者が接してきたお金持ちをメインにリサーチし、
さまざまなシーンでどのように選択し、行動してきたかという実践例を
集められるだけ集めて分析した。

・人と会う約束をしたら → 目的地に30分以上早く着く
・欲しい物が高価なとき → 思いきって買い、それにふさわしい自分になる
・面白そうな人・場所が話題になったとき → スケジュールを変更してでもすぐに「会う」
・ライフスタイルを夜型にするか、朝型にするか → 超・朝型に変える
・窮地に立たされたとき →「つらい」ではく「ありがたい」と考える

お金持ちになりたくない人はいない。
「お金持ちのモノサシ」を一つでも、二つでも参考にして、まずは一歩を踏みだそう。

ちなみに、現代のお金持ちランキングを見ると、ジェフ・ベゾスやマーク・ザッカーバーグ、孫正義など、親の遺産を継いだ人ではなく一代で成功した人が目立つ。
彼らもまた、最初はお金持ちではなく「ふつうの人」だったのだ。

【目次より】
第1章 ふつうの人がお金持ちになる道は1つしかない
第2章 「時間」という資源をとことん使いつくす
第3章 「お金の本質」を理解しなければ成功はおぼつかない
第4章 「仕事」のしかたを変えるだけで結果は180度変わる
第5章 どんどん物事を好転させていく「自分磨き」の極意


ふつうの人がお金持ちになるたった1つの方法

新品価格
¥842から
(2019/7/8 23:13時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本