FC2ブログ

#日本ヤバイ 著者 玉木雄一郎

#日本ヤバイ
著者 玉木雄一郎


新たな知識を求めてこの本と出逢う
ヤバイ日本、それは考え方や見方によろのではないかと考える。
ただ、日本を良くしたいそんな気持ちは皆が持っているそう、信じたいものだ。
そんな日本で私達は幸せを求めて生きていく。
幸せを、求めて成長していく。
だからこそ、私達は本を読み努力するのである。
そこに幸せがあると信じて、そして新たな時代、新たな社会を求めて。
この本もより良き時代、より良き社会を、求めている。
しかし、得する人もいれば損をする人もいる。
だからこそ、満場一致の考え方やせいさくはないのである。
だからといって何もしなくて良いという発想はない。
何かしなくてはならない。
では、何をするかである。
例えば少子化対策として何をするかである。
第三子に10,000,000円給付すると言う対策も1つの手ではないでしょうか?
無理な年金制度よりもベーシックインカムが老後を救うと言う考え方もあります。
既に高齢者の誤認に1人が貧困に陥ってます。
これもベーシックインカムで解決できるのではないでしょうか?
景気が良くなっても生活が楽にならないのは何故か?
物価上昇と比例して給料が上がっていません。
そこで解決策としては労働分配率を高めた企業、賃金を上げた企業には法人税を減税すると言う労働分配促進減税の導入をする。
それにより賃金を上げることを促すのです。
お金持ちばかりが得をする税制になっていませんか?
いつの時代もそういうものです。
だからこそベーシックインカムが老後を救うのではないでしょうか?
そうやって考えるといかにベーシックインカムを導入することが大切かを改めて考えなければなりません。
そしてそのような考え方をしている政治家を応援すると言う選択肢も出てくる。
しかしこれはあくまでも選択肢であり選択しなければならないと言うことでは無い。
やはりいろいろな考え方があり、いろいろな思想があります。
だからこそ自分自身が自信を持って結える、選択できる事を選択すべきなのです。
選択肢がたくさんあり、自分自身の選択肢ができると言う事はとても重要なことでありとても貴重なことであります。
そのような国に生まれたことを誇りに思わなければなりません。
そしてこの国の発展を願わなければなりません。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


これまでの単なる連続線上には日本の繁栄も幸せもない――政府が隠し続けてきた日本の危機の真相を、国民民主党の若き代表が暴きます。これ以上先延ばしできない32の問題について、真実の情報を公開し、チャレンジングな解決策を提示。ツイート形式で問題点のヤバさが簡単にわかります。日本の政治がここから変わる! 代表的な論点は次の通りです。
・第3子に1000万円給付「コドモノミクス」の明るい未来/・無理な年金政策よりもベーシックインカムが老後を救う/・景気がよくなっても生活が楽にならないのはなぜか/・お金持ちばかりが得をする税制/・愛子天皇を可能に 皇室典範の改正を急げ/・「介護離職ゼロ」を本当に実現するには/・「原発ゼロ」社会は本当に実現するのか/・「高齢者の足」が奪われている 自動運転が地方を救う/池江璃花子さんに再び笑顔を 骨髄移植を簡単に受けられる社会に/・WHOが認定 ゲーム依存は病気なのだ/・児童虐待は30年で120倍以上! 児童相談所が足りない/・経済大国復活へ 突破口は「働き方改革」より「副業の解禁」/・日本には理工系人材が少なすぎる/・アベノミクスで得をしたのは外国人株主と政府だけ/・東京オリンピック いくらかかるか誰も知らない……/・沖縄問題は地位協定の見直しこそ独立国家の責務/・硫黄島「米軍勝利の碑」の撤去を願う/・安倍改憲は「百害あって一利なし」/・麻生大臣「報告書受け取り拒否」でこの国のかたちが壊れた!/・「移民政策はとらない」という建前をやめよう/・このままでは悠仁さま即位のときに皇族がいなくなる/大坂なおみ選手に続け! 国籍を超えたカラフル・ジャパンへ/・北方領土交渉は一度白紙に戻したほうがよい/・最悪の日韓関係 こればかりは韓国側に自制を求めたい

#日本ヤバイ

新品価格
¥1,210から
(2019/7/16 21:14時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本