FC2ブログ

不動産投資は「管理会社選び」で9割決まる 著者 糸賀晃

不動産投資は「管理会社選び」で9割決まる
著者 糸賀晃


新たな知識を求めてこの本と出逢う
不動産は購入することよりも購入した後の管理に苦労します。
一棟物件を購入するのか区分マンション購入するかによって変わりますが、それでも管理をすることの大切さに変わりはありません。
1番の悩みは空室が埋まらないことではないでしょうか?
空室が埋まらなければ、ローンの返済もできないし、不動産収入も減ってしまいます。
さらには家賃を滞納する入居者も考えものではないでしょうか?
悪質な入居者も考えものではないでしょうか?
そういう人たちを管理しなければなりません。
だからこそ管理をすることが大切なのです。
そして管理会社もしっかり選ばなければなりません。
高額なリフォーム代を請求する管理外車もあれば、報告を断る管理会社もありますし、やりとりが雑な会社もあります、虚偽の報告をする会社もあります。
さらにはいい加減な入居審査をする会社もあります。
だからこそ管理をすることはとても大切なことです。
さらには入居者獲得競争が激しさを増してます。
人口が減っている上に、建設が供給形になっているのです。
だからこそ競争が激しくなっているのです。
ではでは管理といっても何をするのでしょうか?
集金業務、クレーム対応、建物の管理、修繕の手配、退去の立ち会い、契約業務、入居者募集などなどです。
建物の共有部分の定期清掃もしなければならないし、巡回管理をしなければならないし、植栽の手入れも必要となってきます。
消防設備、エレベーター、給水ポンプなどの点検、受水槽の点検、排水管の清掃、24時間受付業務など色々と大変なことがあります。
だからこそ任せれる事は任せるべきだと私は考えます。
全て自分でやれば少しでも資金が増えますし、管理手数料を下げることができます。
しかしそれが本当にメリットが出ているのでしょうか?
目先の小さな金額ばかりに目をとられて本質的なところをついていないのではないでしょうか?
だからこそ私は任せれる事は任せるべきだと考えます。
管理外車に任せて自分はまた別のことをすべきだと私は考えます。
そこに将来の成功が待っていると信じています。
そこに将来の成功が手に入ると考えてます。
だからこそ私たちは前に進まなければならないのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


その「管理会社」で大丈夫?
オーナーのキャッシュフローを最大化する賃貸管理手法を
「管理」に特化した不動産コンサルタントが徹底解説

不動産投資において、オーナーの多くが悩まされるのが、購入後の管理です。
とくに一棟物件は区分マンションと比べて部屋数が多い分、満室経営を維持するのに労力がかかります。
修繕やメンテナンスについては、最低限いくら費用をかければいいのか、オーナーが判断するのは困難です。
結果、管理会社に言われるがまま工事を発注し、
必要なのか不要なのかよくわからないままに出費を重ねているオーナーが大半なのです。

実は、管理会社の内実はさまざま。
コストや手間など、投資家ならば誰もが意識する視点を持っていない会社も多いのが実情です。
しかし不動産投資には、「収益不動産ならでは」の管理のコツがあります。
有能な管理会社は「コストを下げる」「収入を増やす」「満室を維持する」の3つに注力することで、
効率的かつ着実に結果を出します。

そこで本書では、収益不動産を買ったものの利益が出ず悩んでいるオーナーへ向けて、
管理会社を変えてコストや手間を最小限に抑え、収支を劇的に改善するための方法を余すところなく解説していきます。

--------------------Contents--------------------
第1章 埋まらない空室、減らない家賃滞納者……不動産投資家を悩ませる「管理トラブル」
第2章 不動産投資は「管理会社選び」が9割
第3章 これだけは押さえておきたい「管理会社」の基礎知識
第4章 空室対策、物件力アップ、コスト削減……「有能な管理会社」を見抜くポイント
第5章 「デキる管理会社」に任せれば、投資成績は必ず向上する

不動産投資は「管理会社選び」で9割決まる

新品価格
¥1,300から
(2019/7/16 21:16時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本