FC2ブログ

スマートアイランド 著者 竹内奏歩

スマートアイランド
著者 竹内奏歩


新たな知識を求めてこの本と出逢う
ITを駆使した島が作られた。
そこに応募する子供たち。
そこでどのようなことを学びに行くのか?
またそこはどのような想像をされた世界であるのであろうか?
小説だからこそ作られる世界、この世界がどのような世界なのか楽しみにこの物語が進んでいく。
新しい世界での体験、こんなにドキドキする事はない。
まるで子供の冒険である。
子供の冒険と言えば不屈の名作である、スタンドバイミーを思い出してしまう。
脱線してしまった。
この子供の冒険がどのようにITと結びつくかが興味深い。
ヒントはプログラミングになる。
この、プログラミングを使用して操る事でITを、より有効活用できるのである。
そこに、新しい発展があり新しい未来が隠されているのかもしれない。
そのような考えを持って人は小説を読む人もいる、もちろんそのような考えを持って読まない人もいる。
この本は残念ながら今のところ私にとってプラスになるところがない。
しかしたから悪いわけではない。
こういう考え方もいると言うことを知らなければならない。
つまり人はいろんな考え方を持っていると言うことである。
たくさんの人がいればたくさんの考え方があると言うことである。
そこに人間の面白さがある。
だからこそいろいろな考えを持つためにもいろいろな人と出会い、いろいろな人と会話をして、いろいろな本を読まなければならない。
そうすることにより自分とは違う価値観に出会えることがある。
自分だけが選んでいては偏った価値観となってしまう。
だからこそ自分とは違う価値観を大切にしなければならない。
そこに感謝をしなければならない。
このような感想になってしまうと言う事はこの本に対して私はあまり興味を持たなかったと言うことである。
それが悪いわけではない。
あくまでも私は興味がないと言うことである。
しかし、この本を読んで擬似体験した方も多いでしょう。
その擬似体験により新しい発想が生まれかもしれません。
誰が新しい発想を産むのか、いつイノベーションされるのか、そらは誰にもわからない。
それでも自分なりの考え方を伝える事は大切な事。
そこに感化される人もいれば、影響されない人もいる。
未来はわからない。
ITが悪いのではない。
いつの時代も悪さ、悪い方向に持っていくのは人間なのだ。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


冒険にはITを友とせよ! ?
近未来の世界を体感できるITアドベンチャー小説!

未来のエリート育成を目的としたイベント「ノア・グランゼコール」参加のため、全国から集まった100人の中学生たち。
参加者の一人である内藤一樹は、
現地で仲良くなった篠田沙也加、杉田千成、丸山太郎らとともにさまざまなミッションに挑むなかで、最先端のITに触れ、仲間との絆を深めていく。
一方、イベントの裏では国家のある“重大機密"を巡った駆け引きが行われていた――。

『シンギュラリティ』『A/Identify』に続く、シリーズ第3弾!
今回は、高度にIT化された島を舞台に中学生たちのひと夏の奮闘と成長を描きます。
物語には、AIロボット、ドローン、パーソナルモビリティなど私たちの生活に身近になりつつあるITが数多く登場します。
それらの技術によりさまざまなモノが自動化・無人化されたとき、
私たちの生活は、人間の役割は、どのように変化していくのか――
登場人物たちとともに、一足早く体感してみてください。

スマートアイランド

新品価格
¥1,079から
(2019/8/10 18:16時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本