FC2ブログ

正しく評価してくれないこの会社に限界を感じたとき読む本~「自分を高く売る」ためのキャリアデザイン戦略~ 著者 江田泰高

正しく評価してくれないこの会社に限界を感じたとき読む本~「自分を高く売る」ためのキャリアデザイン戦略~
著者 江田泰高


新たな知識を求めてこの本と出逢う
世の中には、「評価される人」と「評価されない人」がいます。
大切な事は評価しているのは誰なのかを明確にしなければなりません。
評価しているのか誰なのかを自分自身が把握しなければなりません。
評価されない人の多くが、本来注力する必要のない部分でがんばっている可能性があるのです。
本来自分が頑張るべきポイントはどこなのかを見直ししなければなりません。
なぜ他人に対してストレスがたまるのか?
それは判断基準が自分基準になっているからである。
皆それぞれ価値観が違うのであり、皆それぞれ考え方が違うのである。
だからこそ判断基準と言うものを明確にしなければならない。
人はどんな環境であっても常に成長し続けることができます。
社内の提案が100%通る事はほとんどありません。
意見が通らないからこそ努力が必要なのです。
だからこそ成長が必要なのです。
仕事ができる人のところに良い仕事は集まってくるものです。
誰でもできる仕事をするのではなく、自分にしかできない仕事をすることで付加価値のある人間になることを目指す必要があるのです。
人は満たされない生き物であると言われています。
だからこそ何かしらの不満を感じるのです。
不満がないことなどありません。
不満と付き合っていかなければなりません。
だからこそ私たちは成長しなければなりません。
だからこそ私たちは学ばなければなりません。
そのためにどうすれば良いのか?
それはやはり本を読むことです。
人は1万時間勉強すれば、経験すれば一人前になります。
机上での勉強にしろ、OJTにしろ経験を積むことが大切だということです。
会社にとって本当に優秀な人材とは、抜けたときに「いなくなって困る」と言われるよりも、「忙しいけど何とかなるね」と言われる人なのです。
何かを選ぶ事は何かを捨てる事、色々なビジネス本に書かれてます。
色々なビジネス本に書かれているという事は、大切な事となるのです。
年収の1割は自己投資に使うことが大切である。
それがあなた自身の成長につながるのである。
そしてそれがあなた自身の未来につながるのである。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


〜5年で年収を4倍にした転職のプロが明かす
「自分を高く売る」ためのキャリアデザイン戦略〜

★出世や転職を成功させる「自分の値段」を上げる技術
★今の会社に幻滅を感じてしまった人のための賢い転職術

◎誰でもできるただ処理するだけの仕事を、あなたはいつまで続けるのですか?
◎評価されないこの会社に、いつまで耐えられますか?
◎なぜあなたは、「安い人」になってしまうのか?
◎ミスマッチな会社から逃げ出しても、何も変わらない!?
◎やりたい職種の市場評価を上げて、自分を高く売ろう!
◎転職・評価面談で自分の値段を上げる方法とは


第1章 なぜあなたは、「安い人」になってしまうのか?
第2章 今の会社での評価を上げるキャリア戦略
第3章 転職市場での評価を上げるキャリア戦略
第4章 転職でも職場でも評価を上げるワンランク上の仕事術
第5章 「自分を高く売る」ためにやるべき10の実践事項

正しく評価してくれないこの会社に限界を感じたとき読む本

新品価格
¥1,200から
(2019/8/10 18:22時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本