FC2ブログ

1分で話せ 著者 伊藤洋一

1分で話せ
著者 伊藤洋一


新たな知識を求めてこの本と出逢う
まず1番最初に意識しなければいけないのは、そもそも「人は相手の話の80%は聞いていない」と言うことです。
私の話を聞いてくれてると思ってるかもしれませんが、実は話を聞いてませんそれが現実です。
そのような人たちにも話を聞いてもらうためには話を短くするしかありません。
だからこそ1分で話せるように話を組み立てようと言う話です。
1分でまとまらない話は、結局何時間かけて話をしても伝わらないものです。
だからどんな話でも1分で伝えることができます。
特に忙しい上司や役員等は一般の方が聞いてくれる確率は高いでしょう。
だからこそ特訓しなければなりません。
そして本を読むことが大切になるのです。
人はなぜ本を読むのかを再度考え直さなければなりません。
そのためにはその話のゴールは何かを明確にしなければなりません。
そもそも理解してもらうと言うゴールがおかしいのです。
理解してもらった後に何をしてもらうかが大切なのです。
相手が動くためにできること全てやり切ることも大切です。
話には根拠が必ずあります。
そして主張があるのです。
根拠なき話をしていても話が通じませんし、聞いていても頭には残りません。
自分の中にあるデータや自分の外にあるデータを加工しながら結論を導き出すこと、それが大切なことです。
考えてるつもりで悩んで時間だけ経っていることもあるでしょう。
そこを得しなければなりません。
ロジカルな話にするためには根拠そして経過そして結果、その後どうなるかを明確にしなければなりません。
正しいことを言うだけでは人は動かないと言われます。
確かにその通りだと思います。
人はイメージを想像することで感情が揺さぶられることもあります。
イメージを描いてもらうために行うことも工夫しなければなりません。
例えば動画を見せたり写真を見せたりとなります。
そのために結論、根拠、例えば3段ピラミッドで話を進めていくと良いかもしれません。
想像してみてくださいと言うのは1つの手段だと思います。
それが良いかどうかはその人次第です。
いかに短く、いかに短いワードで相手に想像させることができるのか、それが大切なことでしょう。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


【26刷、33万5千部突破のベストセラー! 】
【本の要約サイト「flier(フライヤー)」、2018年の閲覧数年間ランキング1位! 】
【三省堂書店 有楽町店、2018年ビジネス書年間ランキング1位! 】
【アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング8週連続1位! (2018年6月3日~7月28日) 】
【BookLive! 2019年に読むべき! 「ビジネス書ベスト100」 第1位! 】



1分でささる伝え方!


●ヤフーアカデミア学長にしてグロービス講師 孫社長にも一目置かれた伝説の「伝え方」!

・プレゼンに限らず、人前に立って話をする、指示をする、伝える、ということが苦手な方はいるでしょう。著者の伊藤氏は、そのプレゼンを聞いたソフトバンクの孫社長から認められるほどの技術の持ち主であり、今はグロービスの講師として、ヤフーアカデミアの学長として、起業家からビジネスパーソンまで年間300人以上のプレゼンを指導し、ピッチコンテストなどでの優勝者を続々と輩出しています。本書では、「右脳と左脳」に働きかける伊藤氏独特のメソッドを紹介します。

●1分で話せない話は、どんなに長くても伝わらない
・「話が長い、手短に話せ」言われる方は少なくないでしょうが、伊藤氏の考えは「1分で話せないような話は、どんなに長くても伝わらない」というもの。長いのは話がまとまっていない証拠でもあり、相手に伝わらない一番の原因。そこで本書では、伝わる伝え方の「型」の部分だけでなく、「結論の決め方」、「言い切れない」というメンタルの部分の話から、1分で記憶に残す方法など、誰でもできる方法を紹介します。

▼内容構成
はじめに 私は、人に何かを伝えることが本当に苦手だった

序章 そもそも「伝える」ために考えておくべきこと―うまいプレゼンより、「動いてなんぼ」
人はあなたの話の80 %は聞いていない「/1分」で話す「/右脳」と「左脳」に働きかける

第1章 「伝える」ための基本事項
・相手は誰か? どんなことに興味があるのか?
・ゴールは何か ―「理解してもらう」はゴールにならない
・結局、動かしてなんぼ ―「きれいに話す」のは目的じゃない

第2章 1分で伝える―左脳が理解するロジックを作る
・てっぺんのないピラミッドになっていないか ―ロジカルな1分ストーリーを考える
・考える=結論を導き出す―事実やデータは結論じゃない
考えるつもりで、悩んでいないか
・根拠は3つ―ピラミッドで「枠組み」を共有しよう
・意味がつながっていれば「ロジカル」―1分で誤解なく伝える
・「基本的に」は不要―いらない言葉をいかに削るか
・頑張ったことは話すな! ―話が伝わらなくなる6つの余計な話
「プロセス」を話す/気を遣いすぎる/自分の意見とは違うことを言う/笑いを入れる
・通じないときは、前提を揃えておく
「メタ認知」は優秀なビジネスパーソン

伊藤羊一(いとう よういち)
ヤフー株式会社 コーポレートエバンジェリスト Yahoo!アカデミア学長。
株式会社ウェイウェイ代表取締役。東京大学経済学部卒。グロービス・オリジナル・MBAプログラム(GDBA)修了。1990年に日本興業銀行入行、企業金融、事業再生支援などに従事。2003年プラス株式会社に転じ、事業部門であるジョインテックスカンパニーにてロジスティクス再編、事業再編などを担当した後、2011年より執行役員マーケティング本部長、2012年より同ヴァイスプレジデントとして事業全般を統括。
かつてソフトバンクアカデミア(孫正義氏の後継者を見出し、育てる学校)に所属。孫正義氏へプレゼンし続け、国内CEOコースで年間1位の成績を修めた経験を持つ。
2015年4月にヤフー株式会社に転じ、次世代リーダー育成を行う。グロービス経営大学院客員教授としてリーダーシップ科目の教壇に立つほか、多くの大手企業やスタートアップ育成プログラムでメンター、アドバイザーを務める

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

新品価格
¥1,512から
(2019/10/5 07:24時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本