FC2ブログ

現役融資担当者がかたる 最強の不動産投資法 著者 河津桜生

現役融資担当者がかたる
最強の不動産投資法
著者 河津桜生


新たな知識を求めてこの本と出逢う
サラリーマン大家が当然の時代に突入した。
それは日銀の金融緩和に始まることである。
しかしそれもストップがかかりそうな勢いである。
それは2018年のスルガショックからである。
かぼちゃの馬車と言うひどい手口が発覚した。
少なくともそこから融資に関して厳しいチェックが始まりだした。
だからこそお金を借りる人が少なくなってきている。
だからこそ不動産投資に勢いが落ちてきている。
その中でも不動産投資を行うに至って、うまく人もいればうまくいかない人もいる。
不動産を買うときに8割がた勝負が決まっていると言われている。
その勝ち組にどのようにして入るかが大切である。
最初から成功を夢見ないことが大切である。
誰しもが失敗から学びながら成長していくものである。
だからこそ不動産投資は投資ではなく1つの経営である。
地方銀行の8割は赤字となってきている。
だからこそ融資が止まり始めている。
その減少もおかしいのである。
むしろ融資を活発化させ赤字を解消しなければならないのである。
しかしそれができていないのが現状である。
それがなぜなのかわからない。
なぜなら不動産投資ほどおいしい融資先はないのである。
そこは有担保になるからである。
無担保でお金を貸す事は非常にリスクが高くなる。
しかし有担保であればリスクが少ないのである。
だからこそもっと積極的にお金を貸してもっと積極的に不動産投資を活発化にすべきである。
さらには日本だけではなく海外に目を向けて海外にも投資をすべきだ。
それを有効活用できるかどうかが大切である。
日本の金利は低い。
だからこそそこにギャップが生じているのである。
この手を生かさない事は無いのである。
しかし何よりも大切な事は前に進めることである。
そして自分自身の手で実行させることである。
そのためにはやはり本を読むことが大切である。
そして本を読んで知識をつけて融資先を加工することが大切である。
そして融資を確保したらやはり不動産投資に足を踏み入れることが大切である。
そこにあなた自身の明るい未来が待っていると思う。
そしてそれを信じている。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


現役の不動産融資担当銀行マンであり、購入総額84億円を超える不動産投資家でもある著者による「これからの失敗しない不動産投資術」。
スルガショックをきかっけに、長年の常識が非常識となった不動産投資の世界。
そのすべてを見届けてきた著者が、現場のリアルな融資情報をもとに、投資に二の足を踏んでいる初心者から、現状に満足していない上級者まで、目の前のチャンスを成功へとつなげる具体的な投資法を伝授。
融資する側と融資される側、両方の視点で語られた業界初の不動産投資指南書。


目次など
閉ざされたアパートローン
2018年のスルガショックを振り返る
「かぼちゃの馬車」よりひどいG社の手口

第2章こんな手法は役に立たない
不正な手口1エビデンス改ざん
不正な手口2カーテンスキーム
不正な手口3二重売契スキーム
不正な手口4同時決済スキーム
不正な手口5多法人スキーム
不正な手口6妻隠しスキーム
不正な手口7確定申告書・年収の改ざん

第3章スルガショック後の融資テク・初心者向け
初心者でも融資を受けるためには
公庫の制度融資を使う

第4章スルガショック後の融資テク・中級向け
中級者はまず「3期」黒字を積む
借り換え先の見つけ方

第5章スルガショック後の融資テク・上級者向け
冷え込んだときこそ上級者はチャンス
再建築不可、全空物件を狙う

第6章これからの不動産投資
うまくいく人、うまくいかない人
今後の展望オリンピック後の市況

現役融資担当者がかたる 最強の不動産投資法(信長出版)

新品価格
¥1,650から
(2019/10/8 19:49時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本