FC2ブログ

ティム・クック 著者 リーアンダー・ケイニー

ティム・クック
著者 リーアンダー・ケイニー


新たな知識を求めてこの本と出逢う
アップルをさらなる高みへと押し上げた天才。
ティム・クックはティム・クックなりの経営者像を目指した。
誰の真似もせず自分なりの経営の仕方を望んだのである。
スティーブジョブスと言うカリスマ的な存在がいたからこそ、彼は自分なりを貫いたのかもしれない。
カリスマ的存在と言うのと哲学大きい存在である。
だからこそ超えるべき存在でもあるし、超えることができない存在でもある。
ティム・クックは大学生時代に交通システムを作り出したそしてそれが採用された。
そんな実績を持っている。
この大学生時代にビジネスの全てを学んでいるかもしれない。
そしてティム・クックは語る、一生懸命仕事に取り組むことこれが大切であると言うことと一生懸命仕事に取り組む仲間と出会うことこれが大切である。
私たちはその中で、学びながら生きていくしかないのである。
そして自分よりも優秀な人材がいると言うことがわかれば、仕事をするべきだし、そこにあなた自身の進展があるからである。
ティム・クックはそのようにしてアップルを率いている。
アップルは今誰しもが知っている有名企業である。
その有名企業でトップを張り続ける大変さ、計り知れないプレッシャーである。
色々な経験があり、いろいろな体験があり、その世界でしか感じ取れないことがある。
それを自分自身で経験することができれば良いが、経験できるものではない。
だからこそ本を読むことによって経験するのである。
そして人は人の体験談を学び成長していくのである。
その過程が大切である。
自分自身が仕事ができると思ったらそれで終わりである。
常に向上心を持って、常に前に進まなければならない。
それがあなた自身の成長につながるのである。
だからこそ私たちは前に進むのである。
アップルも常にイノベーションを求めているのである。
そしてそのアップルのイノベーションを私たちは人生の楽しみとさせてもらっている。
そこに感謝をしなければならない。
そしてものを購入すると言う感謝をしなければならない。
それが投資となり、さらにアップルの新しいイノベーションにつながっていくのである。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


スティーブ・ジョブズというカリスマ的リーダーを失った後、
アップルのCEOに就任した静かなる天才、ティム・クック。

彼は世間の不安をよそに、ジョブズとは180度違う経営方針で、
アップルを世界初の1兆ドル企業へと押し上げた。

クックのもとで、アップルは再生可能エネルギーの開発や
サプライヤーの労働環境改善、社員の多様化の推進など、
世界的な影響力を持つ企業にふさわしい行動を常に取り続けている。

本書では、これまで厚いベールに包まれていたクックという人物を、
その出生から現在に至るまで、丹念に紐解いていく。

********************
イントロダクション
~沈みゆく船「アップル」を世界初の1兆ドル企業にしたCEO「ティム・クック」~

イントロダクション
~沈みゆく船「アップル」を世界初の1兆ドル企業にしたCEO「ティム・クック」~

第1章 スティーブ・ジョブズの死
~ジョブズのコピーになるのではなく、クックならではの使命を決意~

第2章 深南部で形作られた世界観
~クックの懐の深さは、幼き頃の人種差別経験にあり~

第3章 ビッグブルーで業界を学ぶ
~新卒入社のIBMで大成功し、コンバックから引き抜かれる~

第4章 倒産寸前の企業に加わる一生に一度の機会
~倒産寸前のアップルに入社し、いきなり成功を収める~

第5章 アウトソーシングでアップルを救う
~クックがジョブズの右腕になるまで~

第6章 スティーブ・ジョブズの後を引き継ぐ
~CEOに就いた瞬間、前途多難となる~

第7章 魅力的な新製品に自信を持つ
~iPhone 6で爆発的ヒットを果たす~

第8章 より環境に優しいアップル
~実は環境への意識が強いアップル。その仕掛人もティム・クック~

第9章 クックは法と闘い、勝利する
~お客様のために、メディアと政府と戦い、勝利をおさめる~

第10章 多様性に賭ける
~多様性の受け入れは、道徳的にも商売的にも理にかなっている~

第11章 ロボットカーとアップルの未来
~ジョブズとは違った革新を実現させるクックが率いるアップル~

第12章 アップル史上最高のCEO!
~ジョブズは製品開発こそ一流だが、CEOとしては二流だった~

ティム・クック-アップルをさらなる高みへと押し上げた天才

新品価格
¥1,980から
(2019/11/4 17:21時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村







スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本