FC2ブログ

少女 著者 湊かなえ

少女

著者 湊かなえ

読書2


親友の自殺を目撃したことがあるという転校生告白を、ある種の自慢のように感じた由紀は、自分なら死体ではなく、人が死ぬ瞬間を見てみたいと思った。自殺を考えたことのある敦子は、死体を見たら、死を悟ることができ、強い自分になれるのではないかと考える。ふたりとも相手には告げずに、それぞれ老人ホームと小児科病棟へボランティアに行く―死の瞬間に立ち合うために。高校2年の少女たちの衝撃的な夏休みを描く長編ミステリー。

1973年広島県生まれ。2005年第2回BS-i新人脚本賞で佳作入選。07年第35回創作ラジオドラマ大賞受賞。同年「聖職者」で第29回小説推理新人賞を受賞。08年に刊行された「聖職者」を収録したデビュー作『告白』は、2008年週刊文春ミステリーベスト10第1位、第6回本屋大賞を受賞する。その他の作品に『贖罪』『Nのために』『夜行観覧車』『往復書簡』『花の鎖』がある。

高校生という思春期な時期、何気なく不安を抱く年頃、湊かなえ氏は女性の女子校の女子高生の心情を上手に描く。

表の顔と裏の顔。

表の心情と裏の心情の駆け引き

湊かなえ氏は相当に駆け引きが上手。

そうゆう捉え方もあるのかと、思わせる事もあるが、わかるわかると言うような感覚も与えてくれる。

しかし、この手の話題は大事だと思う。

昔も今もいじめはある。

死と言うものをどのように捉えるのか?

ここに焦点が集まる。

死体を見た事があるのが自慢になるのか?

それとも他の人間が経験した事のない事が自慢になるのか?

生きることそして死ぬこと、これを高校生の少女たちがどのような感覚で向かいあってるのか?

改めて教育とは何かを考えさせられる。

そしてやはり高校生の話であるから、高校時代の青春と言う友達関係や恋愛関係などもこの物語には絡んでくる。

人間とは人それぞれ違う生き物でありそれぞれ違う考え方をするし、人それぞれ捉え方も違う。

だからこそ1つの言葉1つの行動により共感を生むこともあれば誤解をうむこともある。

そういう状況の中自分の価値観に合う人との縁を大切にして生きていかなければならないと再認識する。

だから楽しいのかもしれない。

少女 (双葉文庫)

新品価格
¥669から
(2016/4/6 19:30時点)



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

少女 (双葉文庫) [ 湊かなえ ]

価格:668円
(2018/4/30 07:06時点)
感想(2件)






スポンサーサイト

往復書簡

往復書簡

著者 湊かなえ

読書2


高校教師の敦史は、小学校時代の恩師の依頼で、彼女のかつての教え子六人に会いに行く。六人と先生は二十年前の不幸な事故で繋がっていた。それぞれの空白を手紙で報告する敦史だったが、六人目となかなか会う事ができない(「二十年後の宿題」)。過去の「事件」の真相が、手紙のやりとりで明かされる。感動と驚きに満ちた、書簡形式の連作ミステリ。

寒い、とにかく寒い、今年は暖冬ではと思いながら何か面白そうな本はないかと探したが、特に興味を持たず。

そんな中、湊かなえの特集?

色々な本が置いてあったため、その中で往復書簡を選んだ。

手紙のやり取りで進むストーリーであるが、何故か吸い込まれる。

湊かなえ先生の創り上げる物語、世界には何か言葉だけでは表せない何かが存在する。

私達はその創り上げた世界に連れて行って貰い、自らが体験しない世界を体験させて貰える事に感謝しなければならない。

その感謝と共に、湊かなえ氏の話は奥が深いと感心してしまう。

真実は闇の中にある、ではありませんが後から出てくる真実に心臓がドドドと波打ってくる。

そうか、そうだったのかとまるで、謎が解けたような感覚である。

だから私は湊かなえ氏の創る世界、創り上げる世界に入り込んでしまう。

そして、デジタルでネット社会の中、手紙って。

アナログで表現する世界観が実に面白いし、素晴らしい。

古き良き時代の象徴である、手紙

メールと違い訂正が難しい。

だからこそ、真剣に内容を考え、相手の事を思い、時間を費やす。

そして手紙だとメールでは使わない言葉が出てくるのが不思議である。

メールだとこのような言い方このような言葉は絶対無いのに、手紙だと恥ずかしいことも恥ずかしくなくなってしまう。

何度も読み返されると言うこともあるし、文字だけで気持ちを伝えなければいけないと言うこともある。

そんな思いの中一生懸命手紙を描く姿に人は共感を生むのである。

そしてその手紙のやりとりを下に小説を書く湊かなえ氏の世界に没頭してしまう私はもしかしたら手紙のやり取りに憧れているのかもしれない。

ふと自分自身の分析を思った。

それは心が満たされてないんのであろうか?

はたまた他人がやってることを羨ましがってるだけなのだろうか?

人は話せば話すほどボロ出してしまう。

だからこそ言葉を選んで考えて話をしなければならない。

そうなると話すことよりも手紙のほうがより良い言葉を選定できるのではないかと思われる。

人間はいつしか言葉を簡略化してきた。

それがメールでありラインである。

言葉と言うよりはスタンプで会話をしている。

会話と言うものを再度考えさせられる小説ではないか。

久々に、手紙を書いてみるか、って誰に?

なんて思い、書く相手がいない事に・・。

手紙って・・・。

なんて思いの中今日も私は生きていく。

本という娯楽に囲まれながら。

小説のこれからの発展祈り


往復書簡 (幻冬舎文庫)

新品価格
¥648から
(2016/2/1 21:14時点)




往復書簡 [ 湊かなえ ]

価格:648円
(2016/2/1 21:15時点)
感想(98件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

望郷

望郷
著者 湊かなえ
読書2
日本推理作家協会賞受賞! 心に刺さる連作短編集
島に生まれ育った私たちが抱える故郷への愛と憎しみ…屈折した心が生む六つの事件。推協賞短編部門受賞作「海の星」ほか傑作全六編。
今私は、バスに乗っている。
バスの中から、読書しながら景色を時折眺めている。
生活感あふれる光景を見ながら私は世の中を実感する。
今年は暖冬と言われているが寒い。
寒いものは寒い。
年配者が寒そうにきこんでいる。
年配者の経験は侮れない。
その経験を尊重して、私もたくさん着込んでいる。
バスの中はポカポカとした温度で睡魔に襲われながら、湊かなえ先生の物語に入っていく。
最初の話はみかんの花。
島を捨てた姉と、島に残った妹。
妹の知っていることは真実なのか?
真実とは何か?
自分の知っていることだけが真実ではないと、教えてくれる、いや思い出させてくれた話、ストーリーである。
世の中、自分が知っていることが全てだと思っている人は多い。
人1人が知っていることなんて、たかが知れている。たいしたことないことばかりである。
だから、向上心を持って学ばなければいけない。
そう、教えてくれる話。
人間は弱い生き物だから、ついつい自分中心に考えて守りに入ってしまう。
人間は小さい生き物だし、学ぶ生き物だ。
どれだけ学ぶ力を持って生きていけるかで、蓄えられた知識は変わるのではないかと思う。
というか、そう信じている私。
次の話は海の星である。
小さい頃に抱いたイメージとかけ離れていることは多くの人が経験していることだろう。
特に話すことが苦手な大の男なら・・・。
会話とは難しいもんで、すれ違いがたくさん生じる。
こちらの思いと、あちらの思いは違うのである。
理解して欲しいと、自分勝手な思いを抱いている人は沢山いる。
そんな人達に思いは簡単には伝わらないよって教えてくれる物語が、ここにある。
海の星湊かなえ先生の小説は人生の教科書にもできると実感する私。
そんな思い描きながら、バスの中はコトコトと揺れていて、ポカポカとした陽射しが舞い込んでくる。
のんびりとした平和な時間の中、私は読書という時間を頂いている。
次は夢の国という世界に連れて行かれた。
島のそれなりの家に生まれたが自由がない生活。
いつの時代なの?
いつの時代でこの家は時計が止まったの?
そんな話である。
現実に時代が止まってしまった人達は多い。
時計を止めてしまい、今という時間を過ごすことができない。
そして、昔は良かった、昔は良かったの繰り返し。
私はそんな人生は送りたくない。
今という時間を生きたいと改めて感じさせてもらった物語。
常に時代を感じ、常に時代と共に生きたい。
だって、時代と共に生活しているから。
だからスマホは手放せない。
だって、スマホなき人生は今の時代、適してない。
スマホがなくてもいきていけると、言われる人もいるけど、それはスマホを使いこなせてないだけ。
スマホを使いこなせればもっと便利な生活が待っている。
食わず嫌いせずチャレンジしよう、そうここに秘め私はバスに揺れてながら、この文字を刻んでいる。
夫婦の幸せそうな会話が横から聞こえながら。
コトコトと揺れるバスが私を眠りに導いている?
次は雲の糸という世界である。
小さな島出身の人間のストーリーには変わりないが、今回は母親が犯罪者という物語。
当然いじめにあう。
その為、島から出て見返すと男の凱旋に纏わる話。
この話も湊かなえ先生の本質はどこにあるの?
ということを考えさせられる物語になっている。
何故、母親が犯罪者になったのか?
本当の意味はどこにあるのか?
深く考えさせられる。
読んでいて、胸が痛くなることがあるが、それは物語にドップリ浸かっているからだと思う。
母親の息子に対する愛。
じ~んと感じながら、私はまだバスに揺れている。
見える景色は住宅街。
幸せそうな家族が遊んでいる。
小さな子供が走り回り、父親と思われる男性が笑顔で追いかけている。
日本って平和だなぁと思いつつ、ぼんやり景色を眺める私。
陽射しが暖かく、バスの車内があったかくなってきた。
いや、むしろ暑いかも。
学校でのいじめ、いつの時代もなくならないことである。
最近では暴力ではなく、言葉による暴力が増えているらしい。
言葉がナイフとなる。
さりげない会話かもしれない、人によっては、だけど人によっては傷つく言葉かも知れない。
言葉とは難しいものである。
そんな思いにさせてくれたこの小説に感謝しながら私はバスにコトコト揺れている。
1人、また1人バスを降車していく。
バスの中の満員度は解消されたようだ。
何故、日本はこんなに人を詰め込むの?
先進国なのに、悲しい現実。
日本は日本人が思ってるほど豊かではない。
そんな思いにさせられる、バスの中では。
最後の話、光の航路。
これはいじめに対する考え方や、対応策を問題提起してくれる話である。
進水式では誰もが拍手で見送られるが、大海に出たら誰もが拍手をする事はない。
人間も生まれてきたときは祝福されるが、外の世界に放り出されたら1人で生きていかないといけない。
そんな時でも、捨てる神あれば拾う神あり。
皆が皆、敵対するものではないし、皆が皆、味方してくれるものでもない。
だからと言って、皆が皆、見て見ぬふりをするわけでもない。
自分を信じて、自分に自信を持って生きていく。
争いのない世の中に、他人を尊重できる世の中になってくれれば日本という国はもっともっと笑顔の絶えない国になるのではないかと思いつつ、バスに揺れている。
バスがあるから移動が安価に効率よくできるのである為、バスに感謝をしなければいけない。
バスに感謝、小説に感謝。
あなたは今日は何に感謝しましたか?








望郷 (文春文庫)


新品価格
¥594から
(2016/1/16 15:48時点)












望郷 [ 湊かなえ ]


価格:594円
(2016/1/16 15:49時点)
感想(3件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

境遇

境遇

著者 湊かなえ

読書2

デビュー作の絵本『あおぞらリボン』がベストセラーとなった陽子と、新聞記者の晴美は親友同士。
共に幼いころ親に捨てられ児童養護施設で育った過去を持つ。
ある日、「真実を公表しなければ、息子の命はない」という脅迫状とともに、陽子の息子が誘拐された。
「真実」とは一体何なのか。そして犯人は……。巻末に絵本『あおぞらリボン』(文・みなとかなえ 絵・すやまゆうか)を収録。

これは境遇の感想だ。

不思議なもんである。

本屋でふっと眼を向けたらそこに湊かなえの本がある。

何故か気になり手にとってしまう。

(そうか!湊かなえの本が好きなのか)

告白を読んでから、湊かなえが描く小説の展開にドキドキしてしまう。

だからどうしても湊かなえの本をとってしまうのである。

そんな中今回は境遇と言う本が出てきた。

やっぱり手に取ってしまった。

この小説の物語は子供を誘拐されるということである。

そしてその子供が誘拐された理由が何なのかこれが1番のポイントとなる。

主人公は政治家の端である。

政治の裏の疑惑と匂わせといて、実は主人公の生い立ちに秘密がある。

では主人公は誰か?

2人の女性である。

陽子と晴美、この2人である。

この2人の出生の秘密がこの小説の物語となる。

つまりこの小説に関しては、人間関係とは何か、人付き合いとは何か、人と人との関わり方とはどういうことなのかを問いかけてくる小説であった。

身近にいる人間がすべて信用できる人間とは限らないし、身近にいる人間が思っている以上に信用できる人間だとも思える。

人間とははかないものであり単純な生き物である。

何のために生きて、何のために死んでいくのか改めて考えさせてくれた1冊だった。










境遇 (双葉文庫)


新品価格
¥680から
(2015/12/12 19:15時点)












境遇 [ 湊かなえ ]


価格:680円
(2015/12/12 19:18時点)
感想(5件)





にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

母性

母性

著者 湊かなえ

読書2

女子高生が自宅の庭で倒れているのが発見された。母親は言葉を詰まらせる。「愛能う限り、大切に育ててきた娘がこんなことになるなんて」。世間は騒ぐ。これは事故か、自殺か。……遡ること十一年前の台風の日、彼女たちを包んだ幸福は、突如奪い去られていた。母の手記と娘の回想が入り混じり、浮かび上がる真相。これは事故か、それとも――。圧倒的に新しい、「母と娘」を巡る物語。

母親と娘の関係を小説として描いている。

母親は娘に与え、娘は娘にどのようなことを与えることができるのだろうか?

まるで人間関係の難しいさを著者ならではの視点で描いている。

娘は母親の目を気にして母親の思いの通りの人生を送ろうと努力した。

2人のうち1人を助けるとしたら、自分が産んだ子?

自分を産んでくれた人?

あなたにとって自分の子供とはどういう存在なのであろうか?

そして自分はどのような存在なのだろうか?

じぶんの生きる価値に悩む事は大抵の人間が一度は通る道ではなかろうか?

無い人もいると思うけど・・・。

なんのために生まれてきて、なんのために生きていくのか?

難しい問題だよね。

死ぬときにこの人生楽しかったと言えるような人生を送りたいもんだ。

自分の人生の意義を考えた時に私達は回答できるのだろう?

愛能う限り・・・・。










母性 (新潮文庫)


新品価格
¥637から
(2015/11/21 07:47時点)












母性 [ 湊かなえ ]


価格:637円
(2015/11/21 07:49時点)
感想(7件)





にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

サファイア

サファイア

湊かなえ

読書2

綺麗な宝石に秘められた
深い謎と人々の切なる想い。
人間の内なる闇と祈りを描き切る、珠玉の物語。

あなたの「恩」は、一度も忘れたことがなかったーー
「二十歳の誕生日プレゼントには、指輪が欲しいな」わたしは恋人に
人生初のおねだりをした……(「サファイア」より)。
林田万砂子(五十歳・主婦)は子ども用歯磨き粉の「ムーンラビットイチゴ味」が
いかに素晴らしいかを、わたしに得々と話し始めたが……(「真珠」より)。
人間の摩訶不思議で切ない出逢いと別れを、己の罪悪と愛と夢を描いた傑作短篇集。
(装画・清川あさみ 解説・児玉憲宗)

普通のおばさんが連続放火事件を起こす。

犯罪の動機は何だったのだろうか?

これが犯罪者と話を聞くものの空想を加えて物語が進んでいく。

その事件の背景には、過去がある。

過去に何が起きたのか?

小さい思い出。

人は過去の思い出と共に歩いて行く。

どのような過去を持ちどのような思いでお待ちどのように保管しているのか?

またそれも人それぞれである。

昔の殺人事件と裏にいる老人ホームがリンクをする。

そこには心が温まるストーリーがあり、悲しい現実が残っている。

大富豪とは…どのような人生を送り、どのような結末を迎えるか?

婚約者との人生は?

思い通りにいくのか?

はたまた、騙されているのか?

知りすぎた女は殺される。

そんな物語もある。

知る事は良い、ただ言い触らしたら終わりである。

猫のように生きるのか?

猫のようにのんびりして暮らす。

そこにあるのは援助交際であり、リストラであり、万引き主婦である。

そして話は家庭内暴力に移っていく。

子供の頃に受けた恩は忘れない。

特に青春時代の思い出は、大人になって恩返し。

無口な私が心を開いた。

それは貴方だから。

貴方だからなの。

こんな経験ありますか?

と問われたら私はないとしか言えない。

ないのである。

ないのである。

羨ましいと感じる。

忘れられない思い出。

忘れるために誰かのせいにしようとする。

それは、故人にとって良いことなのだろうか?

そしてそれを引きずる女はどこまで思い出と共に生きていくのだろうか?

そして人生とはどこかでつながるものである。

繋がったときにそれが良い思い出となるのか悪い思い出となるのかわからない。

だから人生は面白い‼︎









サファイア (ハルキ文庫)


中古価格
¥179から
(2015/11/7 08:48時点)












サファイア [ 湊かなえ ]


価格:680円
(2015/11/7 08:49時点)
感想(7件)





にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

Nのために  著者 湊かなえ 

Nのために 

著者 湊かなえ 

読書2


超高層マンションの一室で、そこに住む野口夫妻の変死体が発見された。
現場に居合わせたのは20代の4人の男女。
それぞれの証言は驚くべき真実を明らかにしていく。著者初の純愛ミステリー。

誰もがあこがれるような生活してる夫婦。

その夫婦に何が?なぜこうなったのか?

疑問とスリルで始まる。

いい生活送ってるから幸せとはかぎらない。

そこにあるのは男と女である。

たとえお金があろうとなかろうと。

そこにあるのは男と女である。

男と女の争いは、裏切りでもあり、暴力でもある。

愛しき人を守るためにどのような選択をするか?

との様に守り通すのか?

そして真実は如何に。

自分のためにしか使え誰のために才能を生かすかである。文学的 な小説になっている。

意外な感想いただきながら前に進もう。

人は 本音と建て前で生きている。

嘘と真実は紙一重。

それを見抜くのが大変である それが人間である。

我々人間は 何を目指して生きているのだ?

何のために生きているのだろうか?

本当の狙いはなんなのか?

隠された真実はなんなのか?

我々は求める。

それが人間だからである。

nのために。

誰かのために頑張る。

素敵なことである。

人間誰しも自分が一番可愛い生き物である。

誰かのためにと思うことは素晴らしい、誰もがそんな相手に出会えるわけではない。

そんな出会いのきせきをもとめて 人は生きていく。

どのような人間に出会い、どのような人間を愛するのか、どのような愛で証言するのか、そして 表現するのか?

愛とは何か?

nのために。

nとは誰か?

読者の想像によって変わる。

読者の受け取り方によって変わる。

Nのために (双葉文庫)

新品価格
¥680から
(2015/9/2 20:04時点)





Nのために [ 湊かなえ ]

価格:680円
(2015/9/2 20:05時点)
感想(0件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

白ゆき姫殺人事件 湊かなえ 読書感想

白ゆき姫殺人事件

著者 湊かなえ

読書2


化粧品会社の美人社員が黒こげの遺体で発見された。ひょんなことから事件の糸口を掴んだ週刊誌のフリー記者、赤星は独自に調査を始める。人人への聞き込みの結果、浮かび上がってきたのは行方不明になった被害者の同僚。ネット上では憶測が飛び交い、週刊誌報道は過熱する一方、匿名という名の皮をかぶった悪意と集団心理。噂話の矛先は一体誰に刃を向けるのか。傑作長編ミステリー。

新聞も含め、リアリティのある作品である。

人間とは、弱い生き物だと再確認出来る一冊である。

世の中で自分の知らないところで、色々な事件が起きている。

想像つくものもあれば、想像がつかない事件もある。

そんな中、誰もが平和を祈り、笑顔を獲得するために努力している。

だからこそ事件は・・・・・

悲しい

小説は面白いけどね。



白ゆき姫殺人事件 (集英社文庫)

新品価格
¥648から
(2015/6/21 10:14時点)




白ゆき姫殺人事件 [ 湊かなえ ]

価格:648円
(2015/6/21 10:17時点)
感想(58件)








忍者AdMax

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

山女日記

山女日記

著者 湊かなえ

読書2


こんなはずでなかった結婚。捨て去れない華やいだ過去。拭いきれない姉への劣等感。夫から切り出された別離。いつの間にか心が離れた恋人。……真面目に、正直に、懸命に生きてきた。なのに、なぜ? 誰にも言えない思いを抱え、山を登る彼女たちは、やがて自分なりの小さな光を見いだしていく。新しい景色が背中を押してくれる、感動の連作長篇。

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

山ガールと流行りがやってきた。

◯◯ガールと呼ばれる人々がいる中、山ガールである。

その上、湊かなえ氏の物語、読んでなかったこの作品との事で手に取り、早速、読書。

湊かなえ氏の作品は何故か惹かれてしまう。

で、早速物語ですが、悩みを抱えた人々が山を登る事で悩みと向き合う短編集です。

結婚を考えているが、イマイチ踏み切れないOLや、上司と不倫して上司の親が入っている施設に顔出さなければならないOL

しかも、この短編集では、微かに各物語が繋がりが見えてくるのです。

そんな、悩みを抱えている人々が山を登る事で悩みと向き合う事で、一歩踏み出して生きます。

湊かなえ氏らしい、話でOL中心の物語ばかり。

悩みとどう向き合うかを考えさせてくれるのではないでしょうか?

趣味をお持ちの方は、趣味に没頭して悩みと向き合えばよいし、趣味がない方こそ、この登山を一つのアイデアにして悩みと向き合う事も一つの方法論だと思います。

世の中、色々な趣味があると思います。

どんな趣味でも良いところもあれば、悪いところもあります。

現在の自分と向き合い、いかに現在の自分にあっているかを考える必要があるかもしれません。

この登山と言う趣味は、最初に登山道具さえ揃えてしまえば、あとは移動費だけと言う考え方も出来ます。

山を登ると言う一つの目的、さらには汗をながすと言うスポーツ的役割、更には、自然と向き合うという贅沢さまでも揃えています。

自然が嫌いな方もいると思いますが、自然と人間の地球での生活同居は、変えれないテーマなのです。

この本を読んで学べることは、たくさんの人々が色々な悩みを抱えているということなのです。

という言葉が今、当たり前になってきています。

決して良い事ではありません。

私はになった事がありませんから、というものがどんなものかはわかりません。

おそらく、その人その人に各それぞれの悩みがあるのでしょう。

それを批判する権利はありません。

そんな方々と共存出来る社会が必要だと思います。

ただ、悩みは誰もが抱えて、向き合っているのです。

でもじゃなくても。

どんな方々でも、笑顔で送れる時間作りを1人1人が少しでも良いので心がけた社会になれば、より住みやすい社会になるのではないでしょうか?

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

少女

往復書簡

望郷

境遇

母性

サファイア

Nのために 

白ゆき姫殺人事件

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本