FC2ブログ

少女 著者 湊かなえ

少女

著者 湊かなえ

読書2


親友の自殺を目撃したことがあるという転校生告白を、ある種の自慢のように感じた由紀は、自分なら死体ではなく、人が死ぬ瞬間を見てみたいと思った。自殺を考えたことのある敦子は、死体を見たら、死を悟ることができ、強い自分になれるのではないかと考える。ふたりとも相手には告げずに、それぞれ老人ホームと小児科病棟へボランティアに行く―死の瞬間に立ち合うために。高校2年の少女たちの衝撃的な夏休みを描く長編ミステリー。

1973年広島県生まれ。2005年第2回BS-i新人脚本賞で佳作入選。07年第35回創作ラジオドラマ大賞受賞。同年「聖職者」で第29回小説推理新人賞を受賞。08年に刊行された「聖職者」を収録したデビュー作『告白』は、2008年週刊文春ミステリーベスト10第1位、第6回本屋大賞を受賞する。その他の作品に『贖罪』『Nのために』『夜行観覧車』『往復書簡』『花の鎖』がある。

高校生という思春期な時期、何気なく不安を抱く年頃、湊かなえ氏は女性の女子校の女子高生の心情を上手に描く。

表の顔と裏の顔。

表の心情と裏の心情の駆け引き

湊かなえ氏は相当に駆け引きが上手。

そうゆう捉え方もあるのかと、思わせる事もあるが、わかるわかると言うような感覚も与えてくれる。

しかし、この手の話題は大事だと思う。

昔も今もいじめはある。

死と言うものをどのように捉えるのか?

ここに焦点が集まる。

死体を見た事があるのが自慢になるのか?

それとも他の人間が経験した事のない事が自慢になるのか?

生きることそして死ぬこと、これを高校生の少女たちがどのような感覚で向かいあってるのか?

改めて教育とは何かを考えさせられる。

そしてやはり高校生の話であるから、高校時代の青春と言う友達関係や恋愛関係などもこの物語には絡んでくる。

人間とは人それぞれ違う生き物でありそれぞれ違う考え方をするし、人それぞれ捉え方も違う。

だからこそ1つの言葉1つの行動により共感を生むこともあれば誤解をうむこともある。

そういう状況の中自分の価値観に合う人との縁を大切にして生きていかなければならないと再認識する。

だから楽しいのかもしれない。

少女 (双葉文庫)

新品価格
¥669から
(2016/4/6 19:30時点)



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

少女 (双葉文庫) [ 湊かなえ ]

価格:668円
(2018/4/30 07:06時点)
感想(2件)






スポンサーサイト

往復書簡

往復書簡

著者 湊かなえ

読書2


高校教師の敦史は、小学校時代の恩師の依頼で、彼女のかつての教え子六人に会いに行く。六人と先生は二十年前の不幸な事故で繋がっていた。それぞれの空白を手紙で報告する敦史だったが、六人目となかなか会う事ができない(「二十年後の宿題」)。過去の「事件」の真相が、手紙のやりとりで明かされる。感動と驚きに満ちた、書簡形式の連作ミステリ。

寒い、とにかく寒い、今年は暖冬ではと思いながら何か面白そうな本はないかと探したが、特に興味を持たず。

そんな中、湊かなえの特集?

色々な本が置いてあったため、その中で往復書簡を選んだ。

手紙のやり取りで進むストーリーであるが、何故か吸い込まれる。

湊かなえ先生の創り上げる物語、世界には何か言葉だけでは表せない何かが存在する。

私達はその創り上げた世界に連れて行って貰い、自らが体験しない世界を体験させて貰える事に感謝しなければならない。

その感謝と共に、湊かなえ氏の話は奥が深いと感心してしまう。

真実は闇の中にある、ではありませんが後から出てくる真実に心臓がドドドと波打ってくる。

そうか、そうだったのかとまるで、謎が解けたような感覚である。

だから私は湊かなえ氏の創る世界、創り上げる世界に入り込んでしまう。

そして、デジタルでネット社会の中、手紙って。

アナログで表現する世界観が実に面白いし、素晴らしい。

古き良き時代の象徴である、手紙

メールと違い訂正が難しい。

だからこそ、真剣に内容を考え、相手の事を思い、時間を費やす。

そして手紙だとメールでは使わない言葉が出てくるのが不思議である。

メールだとこのような言い方このような言葉は絶対無いのに、手紙だと恥ずかしいことも恥ずかしくなくなってしまう。

何度も読み返されると言うこともあるし、文字だけで気持ちを伝えなければいけないと言うこともある。

そんな思いの中一生懸命手紙を描く姿に人は共感を生むのである。

そしてその手紙のやりとりを下に小説を書く湊かなえ氏の世界に没頭してしまう私はもしかしたら手紙のやり取りに憧れているのかもしれない。

ふと自分自身の分析を思った。

それは心が満たされてないんのであろうか?

はたまた他人がやってることを羨ましがってるだけなのだろうか?

人は話せば話すほどボロ出してしまう。

だからこそ言葉を選んで考えて話をしなければならない。

そうなると話すことよりも手紙のほうがより良い言葉を選定できるのではないかと思われる。

人間はいつしか言葉を簡略化してきた。

それがメールでありラインである。

言葉と言うよりはスタンプで会話をしている。

会話と言うものを再度考えさせられる小説ではないか。

久々に、手紙を書いてみるか、って誰に?

なんて思い、書く相手がいない事に・・。

手紙って・・・。

なんて思いの中今日も私は生きていく。

本という娯楽に囲まれながら。

小説のこれからの発展祈り


往復書簡 (幻冬舎文庫)

新品価格
¥648から
(2016/2/1 21:14時点)




往復書簡 [ 湊かなえ ]

価格:648円
(2016/2/1 21:15時点)
感想(98件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

望郷

望郷
著者 湊かなえ
読書2
日本推理作家協会賞受賞! 心に刺さる連作短編集
島に生まれ育った私たちが抱える故郷への愛と憎しみ…屈折した心が生む六つの事件。推協賞短編部門受賞作「海の星」ほか傑作全六編。
今私は、バスに乗っている。
バスの中から、読書しながら景色を時折眺めている。
生活感あふれる光景を見ながら私は世の中を実感する。
今年は暖冬と言われているが寒い。
寒いものは寒い。
年配者が寒そうにきこんでいる。
年配者の経験は侮れない。
その経験を尊重して、私もたくさん着込んでいる。
バスの中はポカポカとした温度で睡魔に襲われながら、湊かなえ先生の物語に入っていく。
最初の話はみかんの花。
島を捨てた姉と、島に残った妹。
妹の知っていることは真実なのか?
真実とは何か?
自分の知っていることだけが真実ではないと、教えてくれる、いや思い出させてくれた話、ストーリーである。
世の中、自分が知っていることが全てだと思っている人は多い。
人1人が知っていることなんて、たかが知れている。たいしたことないことばかりである。
だから、向上心を持って学ばなければいけない。
そう、教えてくれる話。
人間は弱い生き物だから、ついつい自分中心に考えて守りに入ってしまう。
人間は小さい生き物だし、学ぶ生き物だ。
どれだけ学ぶ力を持って生きていけるかで、蓄えられた知識は変わるのではないかと思う。
というか、そう信じている私。
次の話は海の星である。
小さい頃に抱いたイメージとかけ離れていることは多くの人が経験していることだろう。
特に話すことが苦手な大の男なら・・・。
会話とは難しいもんで、すれ違いがたくさん生じる。
こちらの思いと、あちらの思いは違うのである。
理解して欲しいと、自分勝手な思いを抱いている人は沢山いる。
そんな人達に思いは簡単には伝わらないよって教えてくれる物語が、ここにある。
海の星湊かなえ先生の小説は人生の教科書にもできると実感する私。
そんな思い描きながら、バスの中はコトコトと揺れていて、ポカポカとした陽射しが舞い込んでくる。
のんびりとした平和な時間の中、私は読書という時間を頂いている。
次は夢の国という世界に連れて行かれた。
島のそれなりの家に生まれたが自由がない生活。
いつの時代なの?
いつの時代でこの家は時計が止まったの?
そんな話である。
現実に時代が止まってしまった人達は多い。
時計を止めてしまい、今という時間を過ごすことができない。
そして、昔は良かった、昔は良かったの繰り返し。
私はそんな人生は送りたくない。
今という時間を生きたいと改めて感じさせてもらった物語。
常に時代を感じ、常に時代と共に生きたい。
だって、時代と共に生活しているから。
だからスマホは手放せない。
だって、スマホなき人生は今の時代、適してない。
スマホがなくてもいきていけると、言われる人もいるけど、それはスマホを使いこなせてないだけ。
スマホを使いこなせればもっと便利な生活が待っている。
食わず嫌いせずチャレンジしよう、そうここに秘め私はバスに揺れてながら、この文字を刻んでいる。
夫婦の幸せそうな会話が横から聞こえながら。
コトコトと揺れるバスが私を眠りに導いている?
次は雲の糸という世界である。
小さな島出身の人間のストーリーには変わりないが、今回は母親が犯罪者という物語。
当然いじめにあう。
その為、島から出て見返すと男の凱旋に纏わる話。
この話も湊かなえ先生の本質はどこにあるの?
ということを考えさせられる物語になっている。
何故、母親が犯罪者になったのか?
本当の意味はどこにあるのか?
深く考えさせられる。
読んでいて、胸が痛くなることがあるが、それは物語にドップリ浸かっているからだと思う。
母親の息子に対する愛。
じ~んと感じながら、私はまだバスに揺れている。
見える景色は住宅街。
幸せそうな家族が遊んでいる。
小さな子供が走り回り、父親と思われる男性が笑顔で追いかけている。
日本って平和だなぁと思いつつ、ぼんやり景色を眺める私。
陽射しが暖かく、バスの車内があったかくなってきた。
いや、むしろ暑いかも。
学校でのいじめ、いつの時代もなくならないことである。
最近では暴力ではなく、言葉による暴力が増えているらしい。
言葉がナイフとなる。
さりげない会話かもしれない、人によっては、だけど人によっては傷つく言葉かも知れない。
言葉とは難しいものである。
そんな思いにさせてくれたこの小説に感謝しながら私はバスにコトコト揺れている。
1人、また1人バスを降車していく。
バスの中の満員度は解消されたようだ。
何故、日本はこんなに人を詰め込むの?
先進国なのに、悲しい現実。
日本は日本人が思ってるほど豊かではない。
そんな思いにさせられる、バスの中では。
最後の話、光の航路。
これはいじめに対する考え方や、対応策を問題提起してくれる話である。
進水式では誰もが拍手で見送られるが、大海に出たら誰もが拍手をする事はない。
人間も生まれてきたときは祝福されるが、外の世界に放り出されたら1人で生きていかないといけない。
そんな時でも、捨てる神あれば拾う神あり。
皆が皆、敵対するものではないし、皆が皆、味方してくれるものでもない。
だからと言って、皆が皆、見て見ぬふりをするわけでもない。
自分を信じて、自分に自信を持って生きていく。
争いのない世の中に、他人を尊重できる世の中になってくれれば日本という国はもっともっと笑顔の絶えない国になるのではないかと思いつつ、バスに揺れている。
バスがあるから移動が安価に効率よくできるのである為、バスに感謝をしなければいけない。
バスに感謝、小説に感謝。
あなたは今日は何に感謝しましたか?








望郷 (文春文庫)


新品価格
¥594から
(2016/1/16 15:48時点)












望郷 [ 湊かなえ ]


価格:594円
(2016/1/16 15:49時点)
感想(3件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

境遇

境遇

著者 湊かなえ

読書2

デビュー作の絵本『あおぞらリボン』がベストセラーとなった陽子と、新聞記者の晴美は親友同士。
共に幼いころ親に捨てられ児童養護施設で育った過去を持つ。
ある日、「真実を公表しなければ、息子の命はない」という脅迫状とともに、陽子の息子が誘拐された。
「真実」とは一体何なのか。そして犯人は……。巻末に絵本『あおぞらリボン』(文・みなとかなえ 絵・すやまゆうか)を収録。

これは境遇の感想だ。

不思議なもんである。

本屋でふっと眼を向けたらそこに湊かなえの本がある。

何故か気になり手にとってしまう。

(そうか!湊かなえの本が好きなのか)

告白を読んでから、湊かなえが描く小説の展開にドキドキしてしまう。

だからどうしても湊かなえの本をとってしまうのである。

そんな中今回は境遇と言う本が出てきた。

やっぱり手に取ってしまった。

この小説の物語は子供を誘拐されるということである。

そしてその子供が誘拐された理由が何なのかこれが1番のポイントとなる。

主人公は政治家の端である。

政治の裏の疑惑と匂わせといて、実は主人公の生い立ちに秘密がある。

では主人公は誰か?

2人の女性である。

陽子と晴美、この2人である。

この2人の出生の秘密がこの小説の物語となる。

つまりこの小説に関しては、人間関係とは何か、人付き合いとは何か、人と人との関わり方とはどういうことなのかを問いかけてくる小説であった。

身近にいる人間がすべて信用できる人間とは限らないし、身近にいる人間が思っている以上に信用できる人間だとも思える。

人間とははかないものであり単純な生き物である。

何のために生きて、何のために死んでいくのか改めて考えさせてくれた1冊だった。










境遇 (双葉文庫)


新品価格
¥680から
(2015/12/12 19:15時点)












境遇 [ 湊かなえ ]


価格:680円
(2015/12/12 19:18時点)
感想(5件)





にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

母性

母性

著者 湊かなえ

読書2

女子高生が自宅の庭で倒れているのが発見された。母親は言葉を詰まらせる。「愛能う限り、大切に育ててきた娘がこんなことになるなんて」。世間は騒ぐ。これは事故か、自殺か。……遡ること十一年前の台風の日、彼女たちを包んだ幸福は、突如奪い去られていた。母の手記と娘の回想が入り混じり、浮かび上がる真相。これは事故か、それとも――。圧倒的に新しい、「母と娘」を巡る物語。

母親と娘の関係を小説として描いている。

母親は娘に与え、娘は娘にどのようなことを与えることができるのだろうか?

まるで人間関係の難しいさを著者ならではの視点で描いている。

娘は母親の目を気にして母親の思いの通りの人生を送ろうと努力した。

2人のうち1人を助けるとしたら、自分が産んだ子?

自分を産んでくれた人?

あなたにとって自分の子供とはどういう存在なのであろうか?

そして自分はどのような存在なのだろうか?

じぶんの生きる価値に悩む事は大抵の人間が一度は通る道ではなかろうか?

無い人もいると思うけど・・・。

なんのために生まれてきて、なんのために生きていくのか?

難しい問題だよね。

死ぬときにこの人生楽しかったと言えるような人生を送りたいもんだ。

自分の人生の意義を考えた時に私達は回答できるのだろう?

愛能う限り・・・・。










母性 (新潮文庫)


新品価格
¥637から
(2015/11/21 07:47時点)












母性 [ 湊かなえ ]


価格:637円
(2015/11/21 07:49時点)
感想(7件)





にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

サファイア

サファイア

湊かなえ

読書2

綺麗な宝石に秘められた
深い謎と人々の切なる想い。
人間の内なる闇と祈りを描き切る、珠玉の物語。

あなたの「恩」は、一度も忘れたことがなかったーー
「二十歳の誕生日プレゼントには、指輪が欲しいな」わたしは恋人に
人生初のおねだりをした……(「サファイア」より)。
林田万砂子(五十歳・主婦)は子ども用歯磨き粉の「ムーンラビットイチゴ味」が
いかに素晴らしいかを、わたしに得々と話し始めたが……(「真珠」より)。
人間の摩訶不思議で切ない出逢いと別れを、己の罪悪と愛と夢を描いた傑作短篇集。
(装画・清川あさみ 解説・児玉憲宗)

普通のおばさんが連続放火事件を起こす。

犯罪の動機は何だったのだろうか?

これが犯罪者と話を聞くものの空想を加えて物語が進んでいく。

その事件の背景には、過去がある。

過去に何が起きたのか?

小さい思い出。

人は過去の思い出と共に歩いて行く。

どのような過去を持ちどのような思いでお待ちどのように保管しているのか?

またそれも人それぞれである。

昔の殺人事件と裏にいる老人ホームがリンクをする。

そこには心が温まるストーリーがあり、悲しい現実が残っている。

大富豪とは…どのような人生を送り、どのような結末を迎えるか?

婚約者との人生は?

思い通りにいくのか?

はたまた、騙されているのか?

知りすぎた女は殺される。

そんな物語もある。

知る事は良い、ただ言い触らしたら終わりである。

猫のように生きるのか?

猫のようにのんびりして暮らす。

そこにあるのは援助交際であり、リストラであり、万引き主婦である。

そして話は家庭内暴力に移っていく。

子供の頃に受けた恩は忘れない。

特に青春時代の思い出は、大人になって恩返し。

無口な私が心を開いた。

それは貴方だから。

貴方だからなの。

こんな経験ありますか?

と問われたら私はないとしか言えない。

ないのである。

ないのである。

羨ましいと感じる。

忘れられない思い出。

忘れるために誰かのせいにしようとする。

それは、故人にとって良いことなのだろうか?

そしてそれを引きずる女はどこまで思い出と共に生きていくのだろうか?

そして人生とはどこかでつながるものである。

繋がったときにそれが良い思い出となるのか悪い思い出となるのかわからない。

だから人生は面白い‼︎









サファイア (ハルキ文庫)


中古価格
¥179から
(2015/11/7 08:48時点)












サファイア [ 湊かなえ ]


価格:680円
(2015/11/7 08:49時点)
感想(7件)





にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

Nのために  著者 湊かなえ 

Nのために 

著者 湊かなえ 

読書2


超高層マンションの一室で、そこに住む野口夫妻の変死体が発見された。
現場に居合わせたのは20代の4人の男女。
それぞれの証言は驚くべき真実を明らかにしていく。著者初の純愛ミステリー。

誰もがあこがれるような生活してる夫婦。

その夫婦に何が?なぜこうなったのか?

疑問とスリルで始まる。

いい生活送ってるから幸せとはかぎらない。

そこにあるのは男と女である。

たとえお金があろうとなかろうと。

そこにあるのは男と女である。

男と女の争いは、裏切りでもあり、暴力でもある。

愛しき人を守るためにどのような選択をするか?

との様に守り通すのか?

そして真実は如何に。

自分のためにしか使え誰のために才能を生かすかである。文学的 な小説になっている。

意外な感想いただきながら前に進もう。

人は 本音と建て前で生きている。

嘘と真実は紙一重。

それを見抜くのが大変である それが人間である。

我々人間は 何を目指して生きているのだ?

何のために生きているのだろうか?

本当の狙いはなんなのか?

隠された真実はなんなのか?

我々は求める。

それが人間だからである。

nのために。

誰かのために頑張る。

素敵なことである。

人間誰しも自分が一番可愛い生き物である。

誰かのためにと思うことは素晴らしい、誰もがそんな相手に出会えるわけではない。

そんな出会いのきせきをもとめて 人は生きていく。

どのような人間に出会い、どのような人間を愛するのか、どのような愛で証言するのか、そして 表現するのか?

愛とは何か?

nのために。

nとは誰か?

読者の想像によって変わる。

読者の受け取り方によって変わる。

Nのために (双葉文庫)

新品価格
¥680から
(2015/9/2 20:04時点)





Nのために [ 湊かなえ ]

価格:680円
(2015/9/2 20:05時点)
感想(0件)




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

白ゆき姫殺人事件 湊かなえ 読書感想

白ゆき姫殺人事件

著者 湊かなえ

読書2


化粧品会社の美人社員が黒こげの遺体で発見された。ひょんなことから事件の糸口を掴んだ週刊誌のフリー記者、赤星は独自に調査を始める。人人への聞き込みの結果、浮かび上がってきたのは行方不明になった被害者の同僚。ネット上では憶測が飛び交い、週刊誌報道は過熱する一方、匿名という名の皮をかぶった悪意と集団心理。噂話の矛先は一体誰に刃を向けるのか。傑作長編ミステリー。

新聞も含め、リアリティのある作品である。

人間とは、弱い生き物だと再確認出来る一冊である。

世の中で自分の知らないところで、色々な事件が起きている。

想像つくものもあれば、想像がつかない事件もある。

そんな中、誰もが平和を祈り、笑顔を獲得するために努力している。

だからこそ事件は・・・・・

悲しい

小説は面白いけどね。



白ゆき姫殺人事件 (集英社文庫)

新品価格
¥648から
(2015/6/21 10:14時点)




白ゆき姫殺人事件 [ 湊かなえ ]

価格:648円
(2015/6/21 10:17時点)
感想(58件)








忍者AdMax

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

山女日記

山女日記

著者 湊かなえ

読書2


こんなはずでなかった結婚。捨て去れない華やいだ過去。拭いきれない姉への劣等感。夫から切り出された別離。いつの間にか心が離れた恋人。……真面目に、正直に、懸命に生きてきた。なのに、なぜ? 誰にも言えない思いを抱え、山を登る彼女たちは、やがて自分なりの小さな光を見いだしていく。新しい景色が背中を押してくれる、感動の連作長篇。

新たな知識を求めてこの本と出逢う。

山ガールと流行りがやってきた。

◯◯ガールと呼ばれる人々がいる中、山ガールである。

その上、湊かなえ氏の物語、読んでなかったこの作品との事で手に取り、早速、読書。

湊かなえ氏の作品は何故か惹かれてしまう。

で、早速物語ですが、悩みを抱えた人々が山を登る事で悩みと向き合う短編集です。

結婚を考えているが、イマイチ踏み切れないOLや、上司と不倫して上司の親が入っている施設に顔出さなければならないOL

しかも、この短編集では、微かに各物語が繋がりが見えてくるのです。

そんな、悩みを抱えている人々が山を登る事で悩みと向き合う事で、一歩踏み出して生きます。

湊かなえ氏らしい、話でOL中心の物語ばかり。

悩みとどう向き合うかを考えさせてくれるのではないでしょうか?

趣味をお持ちの方は、趣味に没頭して悩みと向き合えばよいし、趣味がない方こそ、この登山を一つのアイデアにして悩みと向き合う事も一つの方法論だと思います。

世の中、色々な趣味があると思います。

どんな趣味でも良いところもあれば、悪いところもあります。

現在の自分と向き合い、いかに現在の自分にあっているかを考える必要があるかもしれません。

この登山と言う趣味は、最初に登山道具さえ揃えてしまえば、あとは移動費だけと言う考え方も出来ます。

山を登ると言う一つの目的、さらには汗をながすと言うスポーツ的役割、更には、自然と向き合うという贅沢さまでも揃えています。

自然が嫌いな方もいると思いますが、自然と人間の地球での生活同居は、変えれないテーマなのです。

この本を読んで学べることは、たくさんの人々が色々な悩みを抱えているということなのです。

という言葉が今、当たり前になってきています。

決して良い事ではありません。

私はになった事がありませんから、というものがどんなものかはわかりません。

おそらく、その人その人に各それぞれの悩みがあるのでしょう。

それを批判する権利はありません。

そんな方々と共存出来る社会が必要だと思います。

ただ、悩みは誰もが抱えて、向き合っているのです。

でもじゃなくても。

どんな方々でも、笑顔で送れる時間作りを1人1人が少しでも良いので心がけた社会になれば、より住みやすい社会になるのではないでしょうか?

あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?




にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

少女

往復書簡

望郷

境遇

母性

サファイア

Nのために 

白ゆき姫殺人事件

忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

広告

広告

amazon

日本ブログ村

楽天

amazon おまかせ

amazon ベストセラー

カテゴリ

フリーエリア

本

タグ

マンション 企業 東京 ワンルームマンション ローン 新築 スキル メリット プロ 中古 ワンルーム 家賃 フルローン 失敗 ルール TPP 米国 融資 貯蓄 キャピタルゲイン 知恵 アパート キャッシュフロー 情報 テーマ ドイツ ファーストクラス インカムゲイン 整理整頓 学び 経営 信用 デメリット 天才 読む リーダーシップ 貧富 カフェ 区分マンション 方法 エリート 原田陽平 クレジットカード 福島香織 休息 最強 負債 ロスチャイルド 常識 経費 領収書 貯まる センス 大切 藤田勉 管理 減価償却 上念司  個人事業主 基本 宗教 村上尚己 効果 値段 競争 人口 友達 内閣総理大臣 伊坂幸太郎 キーワード 新築マンション 性善説 趣味 事業 不動産会社 上杉謙信 習慣 人を動かす 内藤誼人 ハゲタカ 性悪説 感謝 金融緩和 不動産投資家 生活 自分 貧困 埼玉 為替 木暮太一 本田静六 樋口有介 新堂冬樹 蓮見清一 オンライン 期間工 山口真由 顰蹙 出る杭は打たれる 脱税 竹中 山崎元 村中豊 インデックスファンド 外国株式 新しい未来 新宿 アキバ 篠原美季 駅近 オタク 帝王 新しい社会 新しい人生 東大 東京圏 家庭 築地俊彦 井堀利宏 失われた20年 朝吹真理子 パート 小泉 郵政民営化 、会社四季報オンライン 不審 坪田聡 朝シャワー 伊藤雅俊 ロバートアレン ロバートキヨサキ ご飯 旅行 ユダヤ人 矢吹紘子 実業家 新築ワンルーム投資 髙田晋一 柳井正 堀井塚  アベノミスク 債券 小口幸伸 井上真花 松村武宏 レイ・クロック マーク・ザッカーバーグ ビルゲイツ 浅野里沙子 ミラクル 給与明細 国富 朝井リョウ 船瀬俊介 住宅ローン 変死体 矢嶋智彦 桟見れいな 溝端淳平 板谷夕夏 渡辺いっぺい 勝地涼 上甲宣之 兵庫県警 中村文則 財形貯蓄 控除 丸山晴美   アメリカFBI科捜研 宮大元 坂下仁 田丸雅智 芦田愛菜 細川護熙 金融 浅暮三文 資格 小山竜央 商品 クオリティー 角田和将 ネットバンキング 足立眞一 96% 蓄える 法則 長期株式投資 外資系企業 インタービジョン21 貿易黒字 和田芳治 ユーロ 唐鎌大輔 貪欲 ノーコスト エコ 現金 一色さゆり 食費 サイフ 一週間 稼ぐ人 仕事術 佐々木薫 アロマテラピー 雑談クラブ 森村誠一 殺人倶楽部 精油 税理士 100の言葉 長坂嘉昭 出光佐三 アインシュタイン 変える 孤独 思考法 池本克之 休日 栗林篤 1000万円 北岡秀紀 出世 長生き 工夫 安月給 一棟アパート 槙孝子 ふくらはぎ ファーストフード 結果 価値尺度 300万円 貯蔵 東京支社 元総理大臣 心配 継続的 特性 88 行動 セールスパーソン 売れる 吉原毅 小泉純一郎 豊臣秀頼 山口敏太郎 天草四郎 松尾芭蕉 伊達友美 吉田英樹 1億円 原発ゼロ 山㟢一也 原発反対 小売お宝株 坂本彰 貨幣価値 預金の金利 大相場 はる 平成 ウクライナ 通帳 風水 確定 孫正義 残業 ビル・ゲイツ 公的年金 拠出 掛越直樹 倒産 ドル建て 量的緩和 投資入門 前野達志 杉浦和也 円安政策 ギリギリ   背中  動けない 祇場駿矢 関わらない 岡崎琢磨 ぬるい毒 珈琲店タレーランの事件簿3 石堂一徹 翔る合戦屋 北沢秋 本谷有希子 日本株スーパーサイクル投資 金融市場を操られる絶望国家・日本 調査 ラム・チャラン これからの経営は「南」から学べ 宮田直彦 KOUICHI HAJI はじめての人のたちの3000円投資生活 小説家 蒼井紬希 〜僕はきみに何度でもめぐり逢う〜 あやかし恋古書店 植物図鑑 笑えるほどたちが悪い韓国の話 戸建て 日本経済の呪縛 森田正光 「役に立たない」と思う本こそ買え 竹田恒泰 「踏み絵」迫る米国「逆切れ」する韓国 鈴置高史 高杉良 トレーダーの発想術 アサヒビーを再生させた男 小説・樋口廣太郎 ダ・ヴィンチ編集部 最強の経営者 ロイ・W・ロングストリート やりたくないことはやらずに働き続ける武器の作り方 名言 ソフトバンク 世界の名言100 サンフレッチェ広島 サンフレッチェ広島のサッカー育成メソッド 本をめぐる物語 浅井輝智郎 わけありの方 歓迎します サムスン 渡邉哲也 売国経済 宇佐見秋伸 Aランクの仕事術 水野学 月10万円ラクに稼げる「ネットせどり」入門 センスは知識からはじまる 大塚製薬 日野征 手取り20万円台でもガマンしないで100万円貯める! REIT エントリー 株で1億円!このエントリーチャンスを狙い撃て‼︎ 杉井光 すべての愛がゆるされる島 神様 決断 尾崎式史 グロース株 伊東秀廣 アパルトヘイト 大底からのサバイバル投資術 アナリストからの警告 世界同時超暴落 夜の桃 悪魔 低所得者 ベーシックインカム ロンドン EU離脱 野島伸司 2017暴走するマネー 恐慌化する世界 破壊 創造 ダリア 人気 大竹愼一 チャイナリスク 中国食品工場のブラックホール パフォーマンスアップツール 走れば脳は強くなる ランニング ウォーキング 時代の幕開け 重森健太 ダンス・ウィズ・ドラゴン 個人年金 ETF 今泉正顕 「男の強さ」が身につく92の言葉 希望 貧乏生活 国債破綻 年収1000万円でも破産します 小屋洋一 30歳サラリーマンは いわゆる「当たり前の幸せ」を愚直に追い求めてしまう 国民年金 ベネチア マスカレード・イブ リスクテイカーリスクを取らないリスク 堀古英司 金融機関 石井貴士 1分間時間術 不景気 2017長谷川慶太郎の大局を読む 姫野カオルコ ウブド 桜井亜美 木村友祐 白洲次郎 プリンシプル バリ島 成田空港 株式会社 中村一 糸井俊博 本郷陽二 インドネシア 牧山圭男 中丸薫 竹森俊平 一棟マンション イタリア 深志美由紀 ドナルドトランプ フランス 臼井由妃 セルジオ越後 添田子萩 原田武夫 不動産投資会社 大村友貴美 衆議院 参議院 吸収 血管 根来秀行 過疎化 有栖川有栖 平賀正彦 ヤフオク 加野厚志 信長 カリスマ性 ネットオークション 楽天 某国のイージス 1日 片山恭一 読者 亀田潤一郎 折口良乃 板垣英憲 イングランド 岡崎慎司 助けない 教えない 円高 江守哲 ハングリー精神 安倍晋三 バラク・フセイン・オバマ 堀口博行 犯罪者書館アレクサンドリア 貯金ゼロ・安月給でも年収2000万円稼げる手法 節約  小山田浩子 八重野統摩 資産防衛 ニュースで伝えられない日本の真相 3億円つかってわかった資産のつくり方 植頭隆道 鉄壁の資産防衛ポートフォリオ ヘッジファンド 大原省吾 計画感染 鶴野充茂 お金が貯まる人が捨てた37のこと 世界のエリートはなぜ次々とチャンスをつかむのか? 夕凪 スタバ株は1月に買え! MONSTERZ 渡辺雄介 死ぬまでお金に困る人 中嶋よしふみ 一生お金に困らない人 マイナス金利でも、お金はちゃんと増やせます。 キレイなお札から使いなさい! 鬼頭宏昌 ポスト・アベノミクス時代の新しいお金の増やし方 室町 足利義輝 雨木秀介 アーサー・ラッファー ニュート・ギングリッチ 松永久秀 原因 ヒロシマ 広島テレビ放送 広島 短編集 中田永一 ジョージ・パパンドレウ ポール・クルーグマン 人生の旅人 喜多川泰 ライフトラベラー 中尾ゆうすけ 上に行く人が早くから徹底している仕事の習慣 ビジョン ミッション 畑喜美夫 勇気 まんがでみるボトムアップ理論 ボトムアップ ベクトル 骨董品 虚ろな十字架 TODOリスト すごい効率化 山下けい 中華屋アルバイトのけいくんが年収1億円を稼ぐ1日1分 東芝 世界が食いつくす日本経済なぜ東芝はアメリカに嵌めら 最小の時間と労力で最大限の成果を出すための14日間 金川顕教 四角大輔 朝のコーヒー、夜のビールが良い仕事をつくる 本田直之 モバイルボヘミアン スマートフォン 儲かりたいならパート社員を武器にしなさい 高橋健太郎 山口朋子 おトクな制度をやってみた 忙しい主婦でもできる!スマホで月8万円を得る方法 曽根圭介 黒い波紋 藤原久敏 呪い殺しの村 木村俊治 言葉を「武器」にする技術ローマの賢者キケローが教え 1分間決算書 その後のふたり 小嶋正樹 馬渕知子 経済成長という呪い フェイスブック 荻原浩 宿野かほる 畑野知美 泉正人 レス・ギブリン 梶本修身 伊藤元重が警告する日本の未来 誘拐 スタイル 別冊宝島編集部 又吉直樹 伊藤元重 鎌田實 チェンジ 人材不足 生産性向上だけを考えれば日本経済は大復活するシンギ 小林雄樹 副収入が毎月10万円稼げるしくみまだやってなかった? ダニエル・コーエン 和僑 楡周平 古処誠二 北川賢一 ストーリ 佐藤智恵 妄想 暴落を買え!年収300万円から始める資本家入門 D・カーネギー 免疫力を、上げる一生モノの「食べ物・食べ方」 田中愛子 本田晃一 日本一の大投資家から教わった人生でもっとも大切なこ 明日ドカンと上がる株の見つけ方 熊谷亮 株で勝つ!相場格言400 自分を成長させる最強の学び方 スノーデン日本への警告 エドワード・スノーデン 監視 財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済 伊能美和子 中卒、借金300万でも年収1億円 福岡県出身 ゆっくり健康法 小林弘幸 自律神経を整える 山田詠美 熱帯安楽椅子 起源 2025年の世界予測 ベストフレンズ 永嶋恵美 小幡績 世界最大の機関投資家 ポートフォリオ 生涯投資家 村上世彰 ガーデン  坂本慎太郎 朝9時10分までにしっかり儲ける板読み投資術 ロバート・H・フランク プロのディーラー  あなたの隣にいる孤独 プライベートカンパニー 今すぐプライベートカンパニーを作りなさい!サラリー 前橋 群馬 川越 成功する人は偶然を味方にする運と成功の経済学  一流マネジャーの仕事の哲学 西岡郁夫 松本幸夫 体はその場でラクにする 1分間読むだけで、仕事の疲れが取れる本心はこまめに SEOに効く!Webサイトの文章作成術 ふくだたみこ 吊ら男 シェイクスピア 毎月10分のチェックで、1000万増やす!庶民のためのズ 藤原和博 藤原和博の必ず食える1%の人になる方法 小食 神林長平 2022年 星野リゾート 東京都内 所得税 築古マンション 不労収入 トップクラス 取締役 投資マンション リズム株式会社 資本主義社会 増税 国債価格 スキルアップ 風邪 約束 物件 財産 利子規 費用対効果 契約 福利厚生費 大富豪 マスク 朝食 無能 個人資産 東京五倫 ロックフェラー 政府 相続税 防衛省 宅地建物取引士 ニーズ 個性 海外 セミナー 減価償却費 キャッシュレス ハワイ 正社員 報道 ターゲット 田舎 古いマンション せどり 自衛官 サブリース エネルギー バブル崩壊 コンビニ アパート投資 都市 認識 便利 効率 オーナー 公務員 松原清植 価格 池井戸潤 多喜祐介 ソニー 曽我ゆみこ 渡正行 批判 ロボット 進化 正しい 実体験 方法論 茂木俊輔 ビートたけし テロ 子供 中東 革命 西野亮廣 愛人 別居 宮下奈都 宇佐美まこと 近野貴行 寺尾恵介 吉野源三郎 久賀谷亮 瞑想 事実 小早川秀秋 上場企業 非上場企業 ワンルーム投資 明智光秀 今川義元 不動産収入 ワンルーム投資マンション 起業  武田信玄 ワンルームマンション投資 富裕 業務 田路カズヤ 自動化 改革 働き方 ミッキー 全国 林秀行 建物 空想 楽しみ 池袋 加藤出 日銀、「出口」なし! 独学 実践投資法 日経会社情報 石川温 世界最強 パソコン活用術 堀哲也 信用残高 辨野義己  レモン+アーモンド 寿命 白鳥早奈英 能率 資産を考えたと時に読むべき本  イニシエーション 日記 市川拓司 もうひとつの物語 ラブ 乾くるみ ガラ 幸田真音 地球 一冊 大人 スッキリ 善玉菌 MEMORY 本多孝好 貧乏人が激怒するブラック日本の真実 その他大勢から抜け出し、超一流になるために知ってお 姉妹 メール 伝わらない 東大卒ポーカー確率 2050年衝撃の未来予想 プロが絶対買わない金融商品 木原直哉 王者が教える勝つための確率思考 絶対 クラウドガール タクスズキ スイートルーム 池田里香子 敬意 伝統 悪玉菌 非常識な休日 人生を決める 副業ブログ 稼げる 検索 50の逆転の時間術 結果を出す人がやっている 恋愛寫眞 起こす 結論 夢中 悪い報告 完璧 悲しい物語 増田剛己 ステージ 生涯所得 強く生きる 一生懸命 松岡修造 トライ トランプノミクス ニュース カッコウの卵は誰のもの チョコレート ロマン 頭の回転 米山公啓 3分 昭和 貯まる生活 大家 ダイイング・アイ 林あつむ マネジメント術 家計 実力 質がよくなる100  うたえる きみの 久世浩司 根拠なき自信 佐藤泰志 超一流の謝り方 101の方法 ジョン・ゴードン 奇跡を起こす ぬるま湯 謝罪 一流になる人 なぜ 毎日 500円玉 ズボラな人 荻野善之 コツ すごい方法 市居愛 1% 金利の魔法 知っている だけ お金運用術 永野良佑 現地からの緊急警告、いま中国で起きている大破局の真 瀧羽麻子 森美樹 深沢潮 木原音瀬 白い結婚 中島京子 大統領 トランプ大統領 シリコンバレー式 よい休息 早見和真 神さまたちのいた街で 一気にわかる!池上彰の世界情勢2017トランプ政権誕生 黒い結婚 木暮桂子 川上弘美 石平 赤いゾンビ、青いゾンビ東京日記5 宮内悠介 あとは野となれ大和撫子 思考は現実化する ナポレオン・ヒル スーツ ビジネスという勝負の場は一瞬、しかも服で決まる 川上高司・石澤靖治 トランプ後の世界秩序激変する軍事・外交・経済 信じる アレックス・スジョン ファイアースターター捜査一課殺人班イルマ 2014ー2015 日本経済逆転のシナリオ しっかり稼ぐ割安株入門ガイド 朝倉真弓 池谷敏郎 ネットで「やりたいこと」を「お金」に変える方法 今井きよし お金の悪魔フェおばさんの経済学レクチャー 「オトナの恋」は罪ですか? 亀山早苗 山本恵一 睡眠満足度があなたの年収を変える H・M・エンツェンスベルガー 「血管を鍛える」と超健康になる! 今野清志 あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない! 深野康彦 安藤俊介 叱り方の教科書 結城充孝 バーチャル カタストロフ・マニア 血流 たった1分目がよくなって心も体も超スッキリ! 桑原晃弥 お金を引き寄せる世界一の投資家バフェットの成功習慣 島田雅彦 安生正 Tの衝撃 芦田川 今井絵美子 理想郷 秘密基地 姥捨て山繁盛記 太田俊明 福山 トランプ後の世界 血縁  木村太郎 日本、アメリカ、そして世界2017 第2幕最新情勢 認知症 加藤秀行 月3万円稼ぐ アフリエイト実践教室 元手ゼロから始める 知識ゼロ 邱海涛 矢野朋義 密本花桜 チョイス キャピタル 2014年日経平均9000円割れ相場が始まる! 家と庭 2014-2015世界のマネーは米国に向かう 匂い リクルート社 福原裕一 戸塚隆将 メモ 石田悟司 一流になる男 大岩俊之 最強の武器 寺地はるな ハチミツ 今日のハチミツ、あしたの私 投資生活 株式 永松茂久 徳川家康 税金恐怖政治が資産家層を追い詰める 学び続ける理由  どうすれば、売れるのか?世界一かんたんな『売れるコ コンセプト 99の金言と考えるベンガク論 戸田智弘 創業者 豊臣秀吉 東京23区 篠田尚子 本当にお金が増える投資信託は、この10本です。 今村暁