FC2ブログ

時空旅行者の砂時計 著者 方丈貴恵

時空旅行者の砂時計
著者 方丈貴恵


新たな知識を求めてこの本と出逢う
読書は人を成長させる。
竜泉家の呪い、呪われた一族。
このキーワードは、どう繋がるのか、楽しみである。
そして、時空旅行者とは?
いったい何がどう繋がるのか?
竜泉家の血を引く、加茂伶奈、さらに賀茂伶奈を愛してる加茂冬馬、加茂冬馬をタイムトラベルに連れて行くマイスター・ホラ!
マイスター・ホラは時空旅行者の案内人である。
その関係者たちが、竜泉家を巻き込み竜泉家の呪いを解いていく。
まさにミステリー、だからこそ飲み込まれる。
飲み込まれるからこそ、新しい世界に触れることが出来る。
しかしこのような物語、このようなストーリーが好きな人もいれば嫌いな人もいる。
私はあまり好きな方ではない。
でもこれが好きな人も当然いるのである。
だからこそそれを否定してはいけない。
人の価値観て言う人それぞれであるからである。
それでも注目しなければならないことが1つある。
タイムトラベルである。
文明は進化している。
だからこそ新しい科学は生まれている。
だからこそタイムトラベルと言うのは、決して幻の話ではないと言う風な感覚が出てくる。
今は無理である。
しかし将来はどうなるかわからない。
将来生まれるかもしれない。
むしろ将来生むような科学の発展をさせなければならないし、科学に投資をしなければならない。
そのために人はお金を稼いで、お金を使うのである。
お金を稼ぐことも大切だがお金の使い方も大切である。
自分が好きなものにお金を使うのは当然である。
そしてもう一つのお金の使い方が自分が発展してほしいと言う業界に、世界にお金を使うことである。
その使われたお金がまた1つ新しいコンテンツを生み出すのである。
だからこそお金を使うことが大切である。
そしてお金を使うことを否定してはいけないのである。
この本に投資をするように、出版業界にお金を落とすことが決して悪いことでは無い。
本を購入することにより、また新しい本を生み出すチャンスを作っているのである。
そのようにして本を購入することが大切であるし、本を読むことが大切であると言うことを学ぶ必要が今の社会にはあると考える。
本を読む事はとても良いことである。
単純であるがこれが全てかもしれない。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


呪われた一族 惨劇の館 見立て連続殺人
妻の危機を救う為時を越えて向かった先は1960年
一気読み必至、タイムトラベル×本格ミステリ
第29回鮎川哲也賞受賞作

瀕死の妻のために謎の声に従い、2018年から1960年にタイムトラベルした主人公・加茂。妻の祖先・竜泉家の人々が殺害され、後に起こった土砂崩れで一族のほとんどが亡くなった「死野の惨劇」の真相を解明することが、彼女の命を救うことに繋がるという。タイムリミットは、土砂崩れがすべてを呑み込むまでの四日間。閉ざされた館の中で起こる不可能犯罪の真犯人を暴き、加茂は2018年に戻ることができるのか!?
“令和のアルフレッド・ベスター"による、SF設定を本格ミステリに盛り込んだ、第29回鮎川哲也賞受賞作。

選考委員絶賛
・何が飛び出すかわからないびっくり箱的な魅力が、この方にはある(加納朋子)
・こういう頭の働きは、まさに本格の魅力に繋がる(北村薫)
・ロジカルな謎の解明と、理外の理のドラマ設定を両立させたSFミステリ(辻真先)

時空旅行者の砂時計

新品価格
¥1,870から
(2019/11/4 17:25時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村







スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本