FC2ブログ

ブラックシープ・キーパー 著者 柿本みづほ

ブラックシープ・キーパー
著者 柿本みづほ


新たな知識を求めてこの本と出逢う
場所は北海道、話のなかみはみえない。
さてさて、どのような物語が作られていくのであろうか?
物語は未来、しかも進化した未来での話。
空想かもしれない、でもこの想像が文明を発展させるのである。
だからこそ、新しい未来が生まれるのである。
そして、輝かしい未来が生まれるのである。
そして問題が生じる、いくら文明が進化しても使う側の人間が付いて来なければ問題が生じるのである。
物語は2025年、進化した人類にはでの物語。
斗一桐也の前に現れた1人の子供。
この子供がどのようなつながりを見せるのかが楽しみでありお姉さんとのつながりがどのようなつながりだったのかが興味深いものである。
そしてお姉さんにとどめを刺したとは?
子供はヨウと名付けられたが、男でもなく女でもなく両性とは?
そのヨウがなんとなく姉に似ている。
これは未来を想い描くような物語になってきている。
これを題材にして未来に導く人が出てくるのかもしれない。
大切な事は発想する人がおり、それを実行する人がいることである。
新たなイノベーションをすることにより、私たちはより良い社会、より住みやすい文明を築くことができるのである。
だからこそイノベーションと言うものは大切にしなければならない。
小説の世界でも1つのイノベーションになるものである。
だからこそ本を読むことが大切であり、本を買うことが大切であり、本に投資することが大切であると言うことにつながっていく。
何を言っても大切ではあるが、どのような考え方も大切ではあるが、自分の信念を貫き通した方が良い。
やはり自分自身の考え方を持って主張しなければならない。
そのためには自分自身の努力がどうしても必要になってくる。
努力なくして成功はありえない、だからこそ人は努力をするのである。
そして人は努力をすることにより自信をつけるのである。
そして人はそこに信念を持つのである。
だからこそ私たちは新しい時代へ向けて成長していくのである。
だからこそ私たちは新しい時代へ向けて学んでいくのである。
1つの小説を読むことによりいろいろな考え方を持つことになると思う。
そこに人としての成長が生じれば、それは読書をしたかいがあるのではないでしょうか?
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


異能力を持つ元警察官の桐也は、2年前に姉が精神を病んでいく姿に耐えられず、
自らの手で姉を撃ったトラウマに囚われていた。
そんな自己嫌悪と孤独に苛まれる日常の中で、無垢なある少女に出会う。
この日から、桐也は、生きるための小さな光を見つけていく。
映画『レオン』と『ブレードランナー』へのオマージュを込めた、
近未来の札幌を舞台に描く希望と再生の物語。
選考委員が温かく応援!
今野敏氏絶賛の第11回角川春樹小説賞受賞作。

ブラックシープ・キーパー

新品価格
¥1,540から
(2019/11/16 20:10時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村







スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

ホロコサン

Author:ホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

カテゴリ

フリーエリア

本