FC2ブログ

東大生を待ち受ける不愉快な現実とそれを乗り越えるために必要なこと 著者 中村拓也

東大生を待ち受ける不愉快な現実とそれを乗り越えるために必要なこと
著者 中村拓也



新たな知識を求めてこの本と出逢う
東大生も、必ず稼げるとは限りません。
稼ぐために必要なことを考えなければなりません。
そのためにもサラリーマンとして生きるのか、不動産投資家として生きるのか、はたまた別の職業としていけるのかがポイントとなってきます。
東大卒であろうともサラリーマンとしての人生であれば10,000,000を超える人たちはごくわずかだと言われています。
ごくわずかでも所詮10,000,000円です。
世の中には何億人稼ぐ人たちもいます。
自分がどのような人生を送りたいのかを改めて考えて、行動を起こさなければなりません。
そしてあなたのやるべきことが決まったのであればまた新しい考え方が生まれてくるのでしょう。
考え方はいろいろあります。
価値観もいろいろあります
価値観を押し付ける事はいけません。
しかし学ぶことが大切です。
そのためにも本を読むことが大切なこととなってきます。
さらには体力をつけることも大切となってきます。
そうしてあなたはまた新しい人生を歩むかもしれませんし、新しい人生を切り開くことができないかもしれません。
選ぶのはあなたです。
あくまでもチョイスするのはあなたです。
まずはいろいろな選択肢を持つことが大切なことです。
だからこそ本を呼びいろいろな価値観に出会い、いろいろな考え方を触れ、自分なりの考え方にたどり着くのです。
そこが大切なことです。
私たちはその中で新しい人生を模索するんです。
正しいかどうかは、いや正しかったかどうかは知るときに決まります。
むしろ死ぬまでわかりません。
それが人生なのです。
この本でも書かれています。
区分ワンルーム投資マンションはすべきではないと言うことです。
そして利回りの良い一棟ものを購入すべきと言うことです。
ただこれは東大出身であり、ある程度貯金、予算があった人の考え方であります。
全く貯金ができずに予算がない人たちはどうすれば良いのでしょうか?
この本が悪いわけではありません。
自分の置かれている立場を比較することが大切です。
このような貯金を貯めれるような立場でいるのであればこの本を参考にすべきです。
しかし貯金を貯めれるような立場でなければまた違う方法論を考えなければなりません。
大切な事は自分に合った環境、自分に合ったやり方を見つけることなのです。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


東大卒で現在は不動投資家として成功している著者が、
東大生に向けて社会に出てから待ち受けているであろう現実とそれを乗り越えていくための
方法をまとめています。
人がお金を稼ぐには3つの方法しかありません。
1.自分が動く
2.人を動かす
3.お金を動かす
まず、1で組織に入って自分で動きます。そして成果を出し、能力を認められて
2のステップに行きます。2では組織を作って、人を動かし、
より大きなビジネスチャンスを掴みます。
東大生の中にも人間関係をうまく築くことができる人は組織で出世していくことができるかもしれません。
3は投資などです。3つの中では一番お金を稼ぐことができるはずです。
本書では、1の自分で動く段階からの投資をすすめています。
そして、その中でも組織で働きながら投資するのに最適なのが不動産投資なのです。

中村 拓也(なかむら たくや)
神奈川県生まれ。
神奈川県立湘南高等学校卒業。
東京大学理科Ⅰ類入学、工学部産業機械工学科卒業。
東証一部上場企業に入社し、33年間勤務後、2017年に定年退職する。

30代より不動産投資をはじめ、サラリーマン時代は10億円超の投資を行う。
退社してからも不動産投資家として主に東京都内の案件を中心に投資を展開し、
家賃収入年間2億円超のメガ投資家として現在も活躍中。
家族 妻・子ども一男一女
好きなもの ジョギング・人のあげ足をとること・ポイントを貯めること
嫌いなもの 群れること・バカな上司

東大生を待ち受ける不愉快な現実とそれを乗り越えるために必要なこと

新品価格
¥1,650から
(2020/1/27 20:05時点)









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村








スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

趣味読書のホロコサン

Author:趣味読書のホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

カテゴリ

フリーエリア

本