FC2ブログ

アマゾンのように考える 仕事を無敵にする思考と行動50のアイデア 著者 ジョン・ロスマン

アマゾンのように考える 仕事を無敵にする思考と行動50のアイデア
著者 ジョン・ロスマン


新たな知識を求めてこの本と出逢う
アマゾンから学ぶことは大いにある。
以前「アマゾンのすごい問題解決」を読ませて貰った。
短期で結果を出そうとするな。
あなたが属する業界や企業における長期的なリスクは何かを考えよう。
あなたにとってビーイングデジタルとはどういう意味なのか考えましょう。
ビーイングデジタルの定義について会社の幹部も同意し、戦略を推進するために用いられているかどうかを考えましょう。
アマゾンにおけるリーダーシップの原則とは?
カスタマーオブセッション
オーナーシップ
創造し単純化する
多くの場合正しいことをする
学び、好奇心を持つ
最高の人材を確保して育てる
常に高い目標を掲げる
大きく考える
まずは行動する
倹約
信頼を得る
深く考える
気概を持つ、反対意見を表明し決まったら全力を尽くす
結果を出す
これがリーダーシップにとってとても大切なことである。
それを受け止めるかどうかはあなた次第である。
動機は金か使命感か?
考えるべき問題としてはあなたのビジネスのこだわりは何か?
そのこだわりを明確化して絶えず人に伝えているか
組織に志を持つメンバーがたくさんいるか?
顧客へのオブセッションとは?
考える問題としては顧客への執着を組織で共有できたら、どのような変化を生じるのであろうか?
たとえ数値化が難しい事業でも顧客体験を評価するメトリックスがあるだろうか?
調査、競合外車のデータ等顧客体験の間接的な情報に頼りすぎてはないであろうか?
強調するために同調しないこれが大切である。
あなたの会社では正しくあることや透明性を伝えることが、どのくらい優先されているのであろうか?
あなたの会社では毎日激しい議論や率直な意見表明が許されているのであろうか?
周りと強調することが正しくあることよりも重要な事であろうか?
改めて考えなければならない。
責任はリーダーが持つことこれが大切である。
あなたのチームは定期的に確かな結果を出しているのであろうか?
あなたのチームは結果が出ない時他人を非難するのであろうか?
あなたは成功する確率を高めるために率直な言動で周りの人を動かしているのであろうか?
全員がオーナーである必要性がある。
報酬は会社の業績によって最適化されるのであろうか?
目標と報酬によって最適化が部分的になっていないのであろうか?
全員が企業の価値を高めると言う共通の認識を持っているのであろうか?
カントリークラブ思考を排除する必要性がある。
成功してもハングリーでいなければならない。
過去の成功、特に株価の上昇で上級幹部や役員の間にリスクを回避しようとする態度が生まれていないか?
組織が安全策をとっているように思えるのであろうか?
会社にカントリークラブ的な雰囲気を感じる面があるのであろうか?
リーダーこそ手を動かす必要性がある。
誤解される覚悟を持つことが大切である。
嫌いな人は何をしても嫌いである。
倹約には他の全ての美徳が含まれる。
倹約はイノベーションを生むのである。
実験、失敗、中止を繰り返す必要性がある。
読書をしてあなた自身の足跡を残す」ことがあなた自身の成長や、あなた自身の成功を促すと私は考えます。
あなたにはどんな1行が届き、どんな言葉が残りましたか?


●Amazonマーケットプレイスを立ち上た元アマゾン幹部によるビジネス成功のための50のヒント
ジェフ・ベゾスとアマゾンが持つ、成長・成功の秘密を明らかにしていく1冊。内部にいた著者だからこそかけるアマゾンのユニークな考え方、内部の仕組みなどをエピソードを交えながら紹介。FAQの作り方、6枚分の書類の作り方など身近ですぐできる方法も紹介され、日々の業務にも役立つ1冊。



序章: ジェフならどうするだろうか?
第1部:誰もがイノベーティブになれる15のアイデア【企業文化】
1. 時計をリセットせよ
あなたの旅は遠く、道は曲がりくねっている
2. 欲得ずくかそれとも使命感か?
自分の思い入れに戦略的で、正直であれ、そして勝つことに執着せよ
3. デイ・ワンに戻るために前進せよ
現状の企業文化を変化させよ
4. 取り憑かれているのとは違う
顧客への思い入れという企業文化を創造せよ
5. 仲良くやっていくために相手の言うことに従ってはいけない
社会的一体性というリスクには厳しい結果が待っている
6. 結果を出す
「依存心」をマネジメントせよ
7. 一人ひとりが責任感を持つ
企業最適化のための報酬戦略
8. カントリークラブ的文化をつくるな
成功の最中にあってもハングリーであれ
9. ゾウにダンスを踊らせる
ポートフォリオ戦略とイノベーションのためのガバナンス
10. あなたは最高製品責任者である
製作者のための新経営科学
11. あなたは誤解されたいか?
アマゾンで最大のイノベーションからの教訓
12. 門番を味方につける
財務、税金、法務、人事 … 全員が「できる」ために動くために
13. 組織図をぶっとばせ
組織構造や役職名に進歩の邪魔をさせるな
14. イノベーションのためのゲーム
たのしい方法で創造力を促進する
15. 企業文化のためのドアデスク賞
なぜ「ドア」に「脚」をつけた「デスク」がアマゾンの象徴なのか

第2部:デジタルで本当に役立つイノベーションを生む15のアイデア【戦略】
16. ミッション・インポッシブル
「デジタルである」とはどういうことか
17. 実験、失敗、洗い流し、繰り返し
デジタルで成功するためには実験を計画し、実行せよ
18. プラットフォーム・カンパニーになりたい?
他の人たちのためのプラットフォーム戦略
19. あなたの会社はテクノロジーの会社
デジタルで成功するためにはやり方を分散すること
20. 全員にピザを!
小規模で自主的なチームの魔法
21. 決して諦めてはいけない
過去の栄光の罠にハマるな
22. リレントレス・ドットコム
次世代の優れた業務遂行力
23. OPW
他者の仕事の戦略
24. 強制機能の魔法
正しく行えばあなたのチームは飛躍する
25. あなたのはずみ車は何?
戦略的開発におけるシステム思考
26. なぜこれはそんなに難しいのか?
摩擦を減らしてイノベーションを起こせ
27. 顧客にスーパーパワーを授ける
夢のあるビジネスと永続性のあるニーズ
28. 人と違う考え方をする
現状打破のために疑問を持て
29. 着手して学べ
アマゾン流の事業拡大とイノベーション
30. オペレーティングシステムを手放すな
パートナー、ベンダー、戦略

第3部:テクノロジーに使われず、テクノロジーを使う11のアイデア【ビジネスとテクノロジー】
31. 嘘、嘘 そして指標
会議は指標で。何を指標にするかが大事
32. プロセスVS官僚主義
拡大・縮小のできるプロセスを構築せよ
33. 計算する
自動化とAIへの道は数式で始まる
34. 体験からどんな感情と行動が生まれるか
勝つために顧客満足体験を設計し評価する
35. あなたの「アマゾン・ゴー」的テクノロジーとは?
モノのインターネットは新たな顧客満足体験をどのようにつくるだろう
36. 情報セキュリティは死ななければならない
37. OP1
計画を練る際の骨の折れるプロセス
38. 戦略的人員計画
従業員の配分により事業拡大とイノベーションを起こす
39. 基本設計概念はビジネス戦略である
テクノロジーと基本設計概念で勝ち抜け
40. あなたが訊くべき質問
CIO(最高情報責任者)にこれらの質問をせよ――全員の利益のために
41. 人工の、人工知能の終焉
機械学習の未来に備えよ

第4部:仕事をアマゾン化する9のアイデア【アプローチ&実行】
42. 一方通行の扉か、もしくは双方向の扉か?
良い意思決定を速く下す
43. ハードルを上げる
雇用に関しての大きな失敗を回避せよ
44. ナラティブについてのナラティブ
パワーポイントは使うな
45. 未来のプレスリリース
未来を定義してチームを参画させる
46. 「よくある質問」を先回りせよ
自分の利益のために他者の質問に答える
47. つくりはじめる前にユーザーマニュアルを書く
顧客の視点からスタートし、バックワードアプローチを行う
48. あなたはあなたの食べたものでできている
幹部チームの読書リストを通じて変化を起こせ
49. 愚者のための財政学
フリーキャッシュフロー、会計学、そして修正
50. 自分の仕事をアマゾン化するために、さて何からはじめるか
結論

50 1/2:行動指針はポスターではない
スピード、機敏さ、デジタル・リーダーシップの追求



アマゾンのように考える 仕事を無敵にする思考と行動50のアイデア [ John Rossman ]

価格:2,035円
(2020/2/8 15:04時点)
感想(1件)




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村








スポンサーサイト



忍者AdMax

忍者AdMax 忍者AdMax

検索フォーム

プロフィール

趣味読書のホロコサン

Author:趣味読書のホロコサン
FC2ブログへようこそ!

広告

日本ブログ村

amazon おまかせ

免責事項

当サイトの情報によって、損害、不利益等が生じましても、当サイトは一切の責任を負いません。ご自身の責任の下でご利用ください。また、リンク先サイト様などが提供するページに関しては、当サイトに帰属しておらず、その内容には一切関知できません。また、何ら責任を負うものではありません。

カテゴリ

フリーエリア

本